まったく興味のない欲しくない商品を1分で『欲しい』と思わせてしまう方法

目安時間:約 5分

売れるためのセールスには、
・「前半」
・「後半」
が存在します。

前半とは、お客さんの現状や悩みについてです。

そして、後半はそれが改善された後の姿です。

セールストークにこの2つがしっかりと入っていると、まったく興味がない商品でも、「欲しい」と思ってしまうのです。


それでは具体例でお伝えします。

「ふとん専用掃除機」の販売を例に考えてみましょう。

あなたは、家電量販店に行きました。

そこで、売り場スタッフに布団専用掃除機をすすめられました。

しかしあなたは、布団専用掃除機は全く必要性を感じなかったのでう「いらない」と断りました。

すると、売場のスタッフがいこんな事を言いました。

「いま使っている布団に、どれだけのほこりやダニの死骸がいるか知っていますか?」

と言いながらデータを見せてきました。

このときあなたは、初めて布団には、こんなにほこりやダニの死骸がいることを知るのです。

そして、そんな布団で『寝たくない』という現状になります。

そしてこの布団専用掃除機を使うことにより、ほこりやダニの死骸がなくなることにより、体調が改善されたり、睡眠が深くなるというメリット(後半)も説明されました。

すると、どうでしょう。

最初は気もしていなかったものが「欲しい」という気持ちが、少しだけ芽生えてきていないでしょうか?

このように、お客さんに自身の前半(現状・悩み)に気づかせ、後半(理想の姿)になること伝えると、お客さんは「欲しい」と思ってしまいます。

あなたも、こんな経験をしたことはないですか?


今まで伝えたことで一番大切なことですが、「前半(現状・悩み)」あってこそ、この販売方法を発揮するのです。

ですから、しっかりお客さんの前半(現状・悩み)をしっかり理解することが大切なのです。

たとえば、
「体重を落としたい」という願望があれば、必ずいまの体重に不満がありますし、叶ったあとの理想的な状態もあります。

「成績を上げたい」という場合であれば、いまの成績に不満があるはずですし、どれくらい成績を上げたいという未来への願望もあるはずです。

「業績を改善したい」という場合でも、業績が悪い現実と目標があるでしょう。

そしてその答えは、お客さんによって違ってきます。

これらを聞き出し、私の商品であれば「あなたの前半(現状や悩み)が、後半(理想の姿)になる」と伝えられれば、あなたの契約率は、確実に上がってくるはずです。

セールスでは、こうした「ちょっとした工夫」を知っているかどうかで結果が大きく変わってきます。

今日から、ここでお伝えした工夫をすれば、あなたの成果は段違いに変わってくるはずです。


このような、『欲しい』と思わせてしまう方法を、メールでお伝えしています。

メールは下記のものになります。

『コピーライティングは稼ぐため絶対必要なスキル』を1日1通、6日間メールでお送りします。

無料なので是非、ご覧いただきお役に立てて頂ければと思います。

こちらから、メールでお届けいたします。
http://virtualinformer.com/af/cpskill





ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry


PR

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ