「顧客視点」を忘れてはいませんか?

目安時間:約 3分

こんな言葉を知っていますか?

「敵を知り己れを知らば、百戦して危うからず」


この言葉は有名な「孫子」の言葉です。


私たちの広告・販促の現場に用いるなら

「お客様の視点に立ってマーケティングを考えれば、

広告・販促の目的は達成することができるだろう」

という言葉になるのではないでしょうか?


昔は「敵との戦」でしたが、

現在は「顧客とのコミュニケーション」だと思います。



「顧客視点」はこれからも最も大切な

キーワードになります。



企業側視点(マーケティング4P)とは?

経営する上で欠かせないのがマーケティングです。

その中でも、マーケティング要素を大きく

4つに分けたものを4Pといいます。

ご存知の方も多いかと思いますが、

1961年にアメリカのマーケティング学者、

ジェローム・マッカーシーが提唱したもので、

最も代表的なマーケティング・ミックスの分類です。


マーケティング戦略を考える上で、

まず押さえておきたい要素であることは確かです。


ですが、このマーケティング4Pを考えるにあたって、

注意しなければならない点があります。


それは、あくまでも企業側の視点であり、

売り手側の視点だということです。


なので顧客の視点に立つためには、

この企業側の視点を「顧客視点」に

変える必要があるのです。




顧客側視点(マーケティング4C)とは?

マーケティング4Pを別の視点である顧客視点、

買い手の視点に置き換えた考え方が

マーケティング4Cとなります。


マーケティング4Pから、マーケティング4Cへ

それぞれ視点を変えると、

どのように捉え方が違ってくるのかを比較し

わかりやすくした図がありますので

こちらから受け取ってください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://form.os7.biz/f/37215c8f/




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ



お名前

メールアドレス


最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ