行動心理学を使ってマーケティングに使える27のテクニック

目安時間:約 4分

企業や個人が商品サービスを紹介する時のアピールの方法は多くあります。


今回はそのアピール方法を全て噛み砕いてご説明したいと思う。


以下に掲載するのは、いわゆる「行動心理学」のテクニックです。


行動心理学とは、

人の行動を観察することにより、人の心理を研究していく学問です。

だから、この「行動心理学」を学ぶ事により、

人はどのようにすれば、どのような行動をすることが分かるのです。


こいうことであれば、あなたがお客様にして欲しい行動を

誘導出来るということになるのです。


それが、「行動心理」なのです。


これらは何も、WEBを利用したマーケティングに限らず、

日頃の説得活動であったり、営業成績を上げたい時であったり、

職場や家族の問題の解決であったり

多くの場面で使えるテクニックなので、

頭の隅っこにでも入れておいて欲しい。


では、実際にマーケティングの分野で活用されている

27の各種テクニックを詳しく説明していきます。



1.カクテルパーティー効果

パーティやコンサートのように音であふれかえっている場所でも、

自分の名前を聞き分けたり、自分の好きなメロディ部分だけを

ピックアップして音楽を堪能した経験は誰にでもあります。


このように、

「多くの情報の中から自分に都合の良い

(興味のある部分)だけを聞き分ける・見分ける」

という脳の働きを、カクテルパーティー効果と呼ぶ。


これは、取り扱う商品選別の時点である程度確定しておく必要がある。


例えば、
「50代男性、比較的経済的余裕のある人向けの商品」

「男女問わずシニア層向けの商品」

「ネットで稼ぎたい人向けの商品」

のように、具体的にターゲットを絞っておくのだ。


それにより、見出しや本文も書きやすくなる上に、

販売ポリシーのようなものが明確になる。


例えば、こんな感じです。

・朝、すっきりと目覚めたいあなたに―眠りの質を高くする●●を

・はつらつとした毎日のために、●●を高配合した商品をお届けします

・ネットビジネスで稼ぐ為に必要な●●って知っていますか?



その他、以下のものがあります。

2.テンション・リダクション効果
3.スノッブ効果
4.バンドワゴン効果
5.カリギュラ効果
6.ハロー効果
7.ザイオンス効果
8.ベビーフェイス効果
9.バーナム効果
10.ウィンザー効果
11.プラシーボ効果
12.ストループ効果
13.罰への欲求
14.コンコルド効果
15.松竹梅の法則
16.同調現象
17.吊橋効果
18.フォールス・コンセンサス
19.初頭効果
20.権威への服従原理
21.クレショフ効果
22.返報性の原理
23.決定回避の法則
24.プロスペクト理論
25.ヴェブレン効果
26.シャルパンティエ効果
27.マッチングリスク意識


これら、1〜27までを全てまとめたものがあります。

無料で取得出来るので是非、ご覧ください。


ここをクリックして取得できます。

もし、リンク等の不具合がありましたら
お問合せからご連絡ください




この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

ネットビジネスで稼ぐために必要なこと
稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ