リストの集め方

目安時間:約 4分

今回は3部構成でお伝えします。

その3部とは、次のようになります。

1、ブログを使って楽してお金を稼ぐ
2、マーケティングの基本
3、リストの集め方

本日は、「リストの集め方」です。

それでは早速、お伝えします。


3.リストの集め方

※リストとは、メールアドレスのことを言います。

メルマガで稼ぐためにやることは3つです。
  1. 読者を集める
  2. コミュニケーションをとる
  3. 商品を販売する
これだけです。

それとこれは、メルマガに限らずどんなビジネスでも一緒です。

見込み客を集客して、信頼してもらって商品を買ってもらうってことですからね。

後はこれを繰り返しやっていけば、どんどん稼げるようになります。

とてもシンプルでしょ?

100人の読者がいて、1回のメールで2人が無料オファーに登録したとします。

1件登録されると500円の報酬だとすると、収入は1000円になりますよね。

1000人いれば、20件登録されるので、報酬は10000円。

5000人いれば、100件登録されるので、報酬は50000円。

実際はこんな単純ではありませんが、読者の数が大きくなれば大きくなるほどビジネスが大きくなっていくのは事実です。

では、どうやってリストを集めればいいのか。

多くの方が言っている、無料レポートスタンドで集める方法もその1つです。

それ以外にも、ブログやツイッター、フェイスブックを使って集めたり、お互いにメルマガをやっている人と紹介しあったり、いろんな方法があります。

後々、詳しくお話しますが、今回は一番簡単な方法をお伝えします。

それはTwitterを使って読者を集める方法です。

Twitterとはご存知かもしれませんが、140文字のつぶやきをしてユーザーとコミュニケーションをとるツールです。

いわゆるソーシャルメディアって言われるサービスです。

なんでTwitterがいいのかというと、一番、すぐに作れてアクセスを集められるからです。

その気になれば1ヶ月で1万人の媒体も作れたりします。

また、無料で何個でも作れますし、ビジネスも大丈夫なので理想的です。

私も、複数のTwitterを使って見込みのお客さんを集めています。

そこから、メルマガへの登録をしてもらい、より購入率の高いお客さんへとなってもらっています。

このようにすることで、そのお客さんが何に対して興味があるのか、又は、悩みがあるのかを分けて管理することが出来ます。

そして、その分けたお客さんに対して、興味があることや、悩みが解決できる情報を提供することで、あなたが紹介した商品を買ってもらえるのです。

他にもいろんな用途がありますので、まずはTwitterでいろいろなジャンルを作りフォロワー集めてください。

※フォロワーについて詳しくはこちらをクリックしてください

リスト(メールアドレス)でビジネスをするなら、この本を一度読むことをおすすめします。
リスト・ビジネスの教科書

 



ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓


【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry

PR

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ

メルマガはこちらです

『モノが買いたくなるキーワードを使い顧客購買心理を刺激する』をお配りしています。

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ