ネットビジネスで効率良く売上を上げる

目安時間:約 3分


↑↑クリックしてね↑↑


効率良く売上を上げるためには、見込み客
の反応を高める必要があります。


例えば、

・セールスレターの成約率
・メルマガのクリック率や開封率
・ダイレクトメールからの問い合わせ
・広告に対するレスポンス


このように見込み客の反応を高めることが
できれば、効率良く収益を増やすことがで
きます。


単純に計算してもセールスレターの成約率
が2倍になれば、売上は2倍になります。


厳密に計算すると、2倍以上になりますが...


ですが、反応率を高めれば必ずしも売上が
上がるのかというとそうではありません。


なぜなら、反応率が上がっても、売上が下が
ってしまうケースがあるからです。


例えば、


1000人を集客して、1万円の商品を成約率
1%で販売したとします。


この場合、10人が購入し、10万円の売上が
上がる計算になります。


では、1万円の商品を3万円にして、成約率
が0.7%になった場合はどうでしょうか。


この場合、7人が購入し、21万円の売上が上
がる計算になります。


成約率が30%ダウンしても後者の方が売上が
上がっているということが分かると思います。


このことからも単純に


成約率アップ = 売上アップ


ではないことが分かると思います。


では、成約率の他に何を意識すればいいの
でしょうか。


それは、ビジターバリューです。


ビジターバリューとは、1アクセス当たりの
売上のことです。


先ほどの例で前者の場合。


1000人集客して、10万円の売上の場合。


10万 ÷ 1000人 = 100円(ビジターバリュー)


となります。


つまり、1人訪問するごとに100円の利益が
上がる計算になります。


次に後者の場合。


1000人集客して、21万円の売上の場合。


ビジターバリューは210円となります。


前者と比較すると、2.1倍のビジターバリュ
ーになります。


いくらセールスレターの反応率が上がって
もビジターバリューが下がっては最終的な
利益が減ってしまいます。


そのため、反応率を上げることだけではな
く、常にビジターバリューを基準に考える
ことが大切です。


反応率が下がってもビジターバリューが
高い方を選択するというのは、最終利益を
増やすために大切な考え方です。


PR

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ