稼ぐ為の心理テクニック

目安時間:約 5分


↑応援クリックお願いします↑


ご存知のとおり、ビジネスを
やる上で、心理的なテクニック
を学ぶことはとても重要です。


あえて言うまでもありませんが、
意図的に使うことで、ビジネスを
有利に進めることができるからです。


もちろん、ビジネス以外にも
使えますが...


例えば、


一番、よく目にするもので
希少性というものがあります。


これは商品の数が残りわずかと
聞くと、手に入れておかなけれ
ばいけないような気になる。


というものです。


この心理があるからこそ、数量
や価格を限定したり、限定で特典
を付けたりするわけです。


このような心理は他にもいろいろ
なものあります。


今日はその中でも強力な“理由”と
いう心理を紹介します。


使い方は非常にシンプルで、
理由を述べるというものです。


コピーライティングでも、
Reason whyというものがあり
ますが、これもこの心理から
来ています。


Reason whyとは、前にも紹介
しましたが、主張したあとに、
主張を裏付ける理由をつける。


というものです。


では、なぜ、理由をつけるの
が心理的にいいのでしょうか。


それは、“理由”には、人間の
防衛本能を取り除く効果があ
るからです。


基本的に人は常に様々なリスク
を考えながら生活しています。


例えば、金銭的、感情的、肉体的...


このようにいろいろなリスクを
考えて生活しているわけです。


そして、それと同時にこのような
リスクを取りたくない。


つまり、損しなくないと思っています。


なので、相手にリスクがないこと
を伝えることが重要になってくる
わけです。


そして、手っ取り早くその防衛
本能を取り除くのが“理由”となる
わけです。


有名な実験があるので、紹介すると、


それは、コピー機の順番を待って
いる人が、先にコピーをとらせて
もらいたいときに、どういう言葉
を使うと譲ってもらえるのか、


という実験です。


1、先にコピーをとらせてもらえませんか。

2、急いでいるので、先にコピーをとらせて
  もらえませんか。

3、コピーをとらなければいけないので、
  先にコピーをとらせてもらえませんか。


この3つを試したところ、


1は60%、2は94%、3は93%と
いう承認率の結果になったそうです。


1が少なく2と3の承認率が高いのは、
“ので”という言葉が入っているから
です。


つまり、“○○なので”というのが、
その行動をとる理由になっている
わけです。


ですが、ここで、本当に注目して
いただきたいのは、3番です。


なぜなら、


“コピーをとらなければいけないので”


というのは、相手も同じことで、
それを承諾する正当な理由になって
いないからです。


それにも関わらず承認率が高い...


なぜでしょうか。


それは、“ので”がつくことで、
人は自動的に相手の要望を受け
入れてしまうからです。


つまり、“ので”という言葉を
使うことで、その理由に関係
なく行動してもらいやすくな
るということです。


私が、“なので”という言葉を
よく使うのはこのせいです。


相手に行動してもらいたいとき
は、理由を述べる。


そして、“ので...”という言葉を
使う。


かなり強力な方法なので、ぜひ、
活用してみてください。


信頼と信用で年収は何十倍も変わる

目安時間:約 5分


↑ここをクリックしてね↑

信用残高についてお伝えします


信頼残高とは、なんとなく想像
がつくと思いますが、信頼の貯金
のようなものです。


つまり、信頼は貯金されていき、
増えれば増えるほど、売上につな
がるということです。


ご存知のとおり、ビジネスとは
信頼の上に成り立っています。


例えば、


同じ商品を同じ価格で取り扱っ
ているお店があったとします。


どちらの店も隣同士に並んで
いるのですが、A店はあなたの
親しい友人がやっているお店。


B店は全く知らないお店。


あなたならどちらのお店から
商品を買いますか?


もちろん、あなたの親しい友人
がやっているA店ですよね。


なぜでしょうか。


それは、信頼があるからです。


もちろん、損しなくないという
気持ちもあると思います。


つまり、同じ商品を買うので
あれば、信頼できる人から買い
たいということです。


当たり前と言えば、当たり前の
ことだと思います。


とくにアフィリエイトなどの
ビジネスでは、この傾向が顕著
に現れます。


なぜなら、同じ商品を同じよう
に紹介して売っているからです。


よく独自特典をつけると売れる
と言ったりもしますが、これは
あくまでもテクニック的なことで、


突き詰めたらキリがないことです。


例えば、


Aさんも同じような特典を3つ。
Bさんも同じような特典を3つ。
あなたも同じような特典を3つ。


このようにどこまで言っても、
キリがないわけです。


つまり、自問自答しなければ
いけないのは、


・他の人から買うことができるのに、
 自分から買う理由はなにか

・他の人から買った方が得なのに、
 自分から買う理由はなにか


この2つなわけです。


そして、この答えを見つけない
限り、長期的な成功は難しいとい
うことです。


そこで、重要になるのが、
冒頭でもお伝えした信頼残高と
いう概念になるわけです。


先ほどの例でも分かるとおり、
信頼は購入決定の大きな要因に
なりますので...


では、どうやって信頼残高を
増やせばいいのでしょうか。


それには、信頼残高の8つの
特徴を理解することが近道です。


その8つの特徴とは、


1、信頼残高が増えれば増えるほど、
  売りやすくなる

2、何かしらの価値を提供すると、
  信頼残高は増える

3、無価値なものや、不必要に時間を
  相手から奪うと、信頼残高は減る

4、何もせずに時間が経過すると、
  信頼残高は減る

5、薦めた商品が悪いものだった場合、
  信頼残高は一気に減る

6、何かを売ったときに、買わなかった
  人の信頼残高は減る

7、相手を煽る(あおる)と信頼残高は
  一気に減る

8、いい商品を紹介すると、買った人の
  信頼残高は増える


この8つです。


大切なのは、この8つを意識して、
信頼残高を減らさないようにする。


減ったとしても、増やすことです。


信頼残高が減ったままの状態だと、
いくら、あなたがいい商品を紹介し
ても買ってくれません。


そして、これはビジネス全般に
言えることです。


信頼というのは、購入決定を
するときの大きな決め手になり、
強力な差別化のポイントになる
ものです。


ぜひ、この8つの特徴を意識して
信頼残高を増やしていただければ
と思います。




稼ぐ為の正しい差別化

目安時間:約 7分


↑ここをクリックしてね↑


どんなビジネスもそうですが、差別化ができなければ、
長期的に成功することは難しいです。


なぜなら、あなたから買うメリットが明確になければ、
お客さんがあなたから買い続けてくれることはないからです。


つまり、なぜ、あなたから買うべきなのかを常に考え
なければいけないわけです。


ですが、大半の人は、差別化の意味を勘違いしています。


例えば、


無料オファーアフィリエイトであれば、


・スピード感をもって、誰よりも早く紹介する
・メールを送る時間を他の人と変えてみる
・他の人とは違う切り口を使って、紹介する


もっと分かりやすい例は、ネットショップです。


・当店はどこよりも安く商品を提供します
・当店はどこよりも配送のスピードが早いです
・当店はどこよりも品揃えが豊富です
・当店はどこよりも親切丁寧な対応をします


このような形で、差別化というものを表面的に捉えて
いる人が多いです。


つまり、みんな口を揃えて、同じことを言っています。


そして、それを差別化だと思っているわけです。


ですが、本当はそんな表面的なことでなく、もっと
根本になるものを差別化しなけばいけません。


無料オファーの例であれば、


スピードが他の人よりも遅くても、他の人とメール
を送る時間が重なっても、他の人と似たような切り口
になってしまっても、あなたから登録する理由。


ネットショップの例であれば、


他店よりも価格が高くても、配送スピードが遅くても、
品揃えが豊富でなくても、あなたから買う理由。


つまり、自問自答しなければいけないのは、


・他でも買えるのに、なぜ、あなたから買うべきなのか
・他の方が安いとしても、あなたから買うべきなのか
・他の商品ではなく、なぜ、あなたの商品を買うべきなのか


ということになるわけです。


そして、この答えが見つけられない限り、長期的な成功は
難しいわけです。


では、どうすればいいのでしょうか。


それには、2つのことをやる必要があります。


1、他の人が提供できない価値、つまりは、盲点を見つ
  け出し、あたなだけが提供できる価値を見つけ出す

2、あなたのキャラクター、ストーリー、コンセプトを
  お客さんと共感できる形で打ち出す


この2つです。


それぞれ、詳しく解説させていただくと、


1、他人が提供できない盲点について


これは、同じ業界で実際に稼いでいる人や成功している
人をベンチマークして、その人たちが提供できていない。


そして、お客さんが不満に思っていることを見つけ出し、
あなたがそれを解決することができないかを探す作業です。


実際、月に数千万、数百万稼いでいる人は、お客さんの
隠れた不満や欲求を見逃しているケースが多いです。


なぜなら、どうしても個別よりも全体としての満足を
与えなければいけないため、個人が直面している問題を
考慮に入れられる余地がないからです。


つまり、ここに盲点、分かりやすく言うと、あなたが
入り込める隙のようなものがあるわけです。


まずは、今、稼いでいる人や成功している人、さらには、
ライバルに当たる人を徹底的に分析して、自分が埋められ
る領域を見つけ出すことが大切です。



2、キャラクター、ストーリー、コンセプトについて


次は盲点とあなたが埋められる価値を見つけ出したら、
それを表現していく必要があります。


そこで、重要になるのが、冒頭にもある3つの要素です。


それぞれを簡単に説明すると、


キャラクターとは、あなたの独特な生き方や在り方で、
客観的に見たイメージ、主観的に見たイメージを作って
いくということです。


ストーリーとは、そのキャラクターの過去、現在における
物語や成長、進化していく物語を作るということです。


コンセプトとは、あなたのビジョンやお客さんに対する
約束や宣言のことです。


深いところまで、お話するとそれ以外にも様々な要素が
ありますが、基本的にそういうことです。


それと、ここで重要なのは、お客さんが共感できるように
表現していくということです。


・私たちってそっくりですね。
・私たちって似たもの同士ですね。
・私と同じことで悩んでたんですね。


このように、お客さんに共感してもらえなければ、
お客さんを吸引することができませんので。


話をまとめると、


1、長期的に成功するためには、他の人と表面的な差別化
  を図るのではなく、根本から差別化する必要がある。

2、差別化するためには、他の人が提供できない盲点を
  見つけ出し、自分が穴埋めできる価値を考える

3、実際にキャラクター、ストーリー、コンセプトを明確
  に打ち出し、それを表現していく。


ということです。


この3つがクリアできると、あなたに共感したお客さんが
どんどん吸引されて集まってきます。


そして、あなただけの絶対領域を作ることができます。


表面的なテクニックや方法論は、根本から問題を解決する
ものではありません。


いきなりやるのは大変かもしれませんが、一度、時間
をとって、考えてみることが大切です。


この3つをやっていただくことで、長期的に大きな結果
を生み出すことができます。


ぜひ、参考にしてみてください。




稼ぐためのセールスレターの書き方

目安時間:約 5分


↑ここをクリックしてね↑


ご存じのとおり、ビジネスでお金
を稼ぐためには、商品やサービス
をセールスする必要があります。


それは、自分の商品であっても、
他人の商品であっても同じことが
言えます。


そして、商品やサービスをセールス
するためには、セールスレターが
必要になります。


ちなみにセールスレターというのは、
セールスする手紙ということなので、
単に縦長のページというわけでは
ありません。


なので、メルマガやブログでセールス
する場合もセールスレターとなります。


そして、このセールスレターについて
大半の人が間違った解釈しています。


実際、セールスレターに関しては、
私のところにもいろいろな質問が
きます。


その大半は、


・セールスレターは長い方がいいのか、
 あるいは、短い方がいいのか。


・写真やイラストが合ったほうがいい
 のか、ないほうがいいのか。


・デザインを入れた方がいいのか、
 シンプルな方がいいのか。


 ・
 ・
 ・


という内容ばかりです。


そして、そういう質問に対して、私は
いつも、あまり関係ないと答えています。


なぜなら、私たちが思う以上に読み手
はそんなことを気にしてないからです。


つまり、大切なのは、読み手の関心を
惹きつけることができるかどうかという
ことで、それ以外のことは二の次という
ことです。


分かりやすくいうと、読み手の関心を
惹きつけることができれば、ページ数が
何ページでも読むし、見栄えが悪くても
読む、ということです。


なので、一番、重要なのは、ヘッドライン
(キャッチコピー)になるわけです。


実際、これは新聞や雑誌を読むことの
ことを想像すると分かりやすいと思います。


おそらく自分が興味がある記事だけを
見ていることが分かると思います。


ダイエットに興味がある人は、それに
関連した記事を読むでしょうし、逆に
興味がない人は読まない。


また、経済に興味がある人は、経済に
関する記事は読むが、それ以外は読まない。


このように自分が興味がある見出し
の記事を見て、誰もすべての記事に
目を通そうとしないのです。


これはセールスレター、さらには
メルマガやブログも同じことが言えます。


つまり、デザインや見栄え、長さを
気にする前に、読み手の関心を惹き
つけられるかを考えることが優先と
いうことです。


そして、惹きつけることができたら、
次は内容...となっていくわけです。


そして、内容に関しても勘違いして
いる人が多いです。


内容に関しては、必要な情報を省か
ずすべて盛り込むことが鉄則です。


よくレターを短くするために内容を
カットする人がいますが、これは
かなりナンセンスです。


関心を持った人は先ほども言った
とおり、何ページでも読みます。


なので、魅力的な話や興味深い事実。


強力な検証や保証、あるいはその他、
具体的な情報は絶対に削ってはいけません。


つまり、内容をまとめると、


・セールスレターで一番、重要なのは、
 読み手の関心を惹きつけること

・読み手は関心のあることについては、
 いくら長くても文章を読む

・一度、惹きつけることができたら、
 内容を削らずにすべてを語る


ということです。


これは、セールスする上でとても
大切な考え方です。


一番、大切なのは、読み手の関心を
惹きつけるということです。


そして、それ以外のことは二の次と
いうことです。


ぜひ、参考にしてみてください。



顧客を教育する方法

目安時間:約 5分


↑ここをクリックしてね↑


今日は、顧客を教育する方法についてです。


というのも、読者さんからコメント
欄にいただいたものですが、重要な
ものなので、シェアしたいと思います。


まず、教育とはDRMという手法
の中にある一つの概念のことです。


DRMとはダイレクトレスポンス
マーケティングの略で、少ない
予算で大きな成果を出すための
手法のことです。


実際、DRMを使うと、1万円の
広告で2万円の売上だったものに
対し、その売上が7万円に...


こういうことが起きます。


そして、DRMでは具体的に3つの
ステップを行なっていきます。


その3つとは、


1、見込み客を集める
2、見込み客を教育する
3、見込み客にセールスする


になります。


もしかしたら、あなたにとって、
この話は耳にタコかもしれませんね。


分かりやすくいうと、


いきなり見込み客に商品を販売する
のではなく、段階的にステップを踏む
ことで、最後の販売を大きなものにする。


ということです。


そして、この中で重要な役割を果
たすのが、教育過程です。


個人的に教育という言葉は好きで
ないのですが、便宜上、そう呼び
ますが...


教育とは、信頼、理解、共感して
もらうということです。


そして、それと同時に信頼、理解、
共感してくれない人を排除する作業
でもあります。


この3つの要素が重要であるという
のは、言う前でもないと思います。


実際、親しい友人からの勧めで商品
を買ってしまうのは、この3つの要素
があるためです。


では、具体的にどのように見込み客
を教育していけばいいのでしょうか。


具体的なステップは4つです。


1、最終目的を明確にする
2、コンセプトを決める
3、ターゲットを明確にする
4、ストーリーで共感、信頼を得る


これだけだと分かりづらいと思い
ますので、具体的な例を挙げると...


----------------------------------------


最終目的がメインメルマガへ入る前の
信頼、価値観の共有。


コンセプトがネットビジネスで稼げる
ようになる方法を教えて、稼げるように
なってもらう。


ターゲットは、これからネットビジネス
をやろうと考えている人、あるいは自分
より稼げてない人。


そして、ストーリーはこんな感じです。


1、私はもともと普通のサラリーマンだった

2、あるとき、時間や場所、人間関係に縛られず
  自由なライフスタイルを送っている人がいる
  ことを知った

3、詳しく彼らを調べてみると、ネットビジネス
  をやっていることが分かった。

4、彼らが住む世界は自分の世界とは別世界で、
  心底、その世界に行きたいと思った。

5、そして、自分なりに頑張ってみて、
  徐々に稼げるようになってきた。

6、ただ、自分が通った道は、今、振り返ると
  かなり遠回りだったと思う

7、そして、今はあなたにもこの世界に来てほしい
  と思っている。

8、だから私はあなたがこの世界にすぐに来れる
  ように道を作った。
  
9、あなたも一緒にこの世界に来ませんか?


----------------------------------------


いかがでしょうか。


かなりざっくりですが、基本的にこう
いう感じの流れです。


分かりやすくいうと、ターゲットと
なる見込み客が共感できるような物語
を作って、その物語に引きこむ。


そして、自分の価値観やコンセプトを
理解してもらうということです。


1、最終目的を明確にする
2、コンセプトを決める
3、ターゲットを明確にする
4、ストーリーを作る


この4つのステップをやることで、
反応のいい見込み客だけを残すこと
ができます。


それと、先ほども言いましたが、
教育の真髄は、理解、共感、信頼
してくれる人とそうでない人を分類
する作業でもあります。


なので、その点を踏まえて、きちん
と分類できるような流れを考えること
も大切です。


ぜひ、参考にしてみてください。


セールスレター売れる為の大原則

目安時間:約 3分


↑ここをクリックしてね↑


最初にお伝えすると、この大原則
はとても重要です。


なぜなら、この原則を理解すれば、
間違った文章、つまりは売れない
文章を書くことがなくなるからです。


つまり、大半の人はこの原則を理解
してないがために得られたはずの利益
を逃してしまっているということです。


では、それほどまで大切な大原則と
は何なのでしょうか。


その大原則とは、


セールスレター = セールスマン


という原則です。


つまり、セールスレターとは、
セールスマンを活字にしただけ
で、すべてはセールスマンの視点
で考えなければいけない。


ということです。


唯一、セールスマンとの違いと
いえば、活躍する規模と対面しな
いということくらいです。


そして、すべてはセールスマンに
置き換えて答えることができます。


例えば、


セールスレターの長さは長い方が
いいのか、短い方がいいのか?


対面販売で限られた言葉で見込み客
を説得し、商品を買ってもらうことが
いかに難しいのかが分かると思います。


それ以外にも、


奇抜なデザインや飾り立てをしたほう
が個性があっていいのでは...


成功しているセールスマンは自分の
顧客と自分の商品のことを理解して
いる飾り気のない誠実な人です。


なので、過度な飾り立てが禁止という
ことが分かると思います。


さらには、


大きな文字で注目を引いた方がいい
のでは...


優秀なセールスマンは大声で話を
したり、煽ったりして、商品を販売
することはありません。


時にはいいかもしれませんが、あまり
重要視することではないことが分かる
と思います。


このように、疑問に思ったことは、
すべて、セールスマンに置き換え
て答えることができます。


この原則に則って、考えることで、
大きな間違いをしなくても済むよう
になります。


そして、細かいテクニックを気にし
なくても、反応の高いセールスレター
を書くことができるようになります。


大切なのは、セールスレターを
一人のセールスマンとして考える。


そして、対面販売した場合において、
この文章で売れるのかどうかを考える。


ということです。


文章を書くときには、常にこのこと
を念頭において書くようにしていた
だければと思います。




稼げない人に足りない3つの要素

目安時間:約 4分


↑ここをクリックしてね↑


これは私が一貫してずっと言っている
ことですが、とても大切な概念です。


そして、


この3つができなければ、稼げない。


逆にこれができれば、稼ぐことができる。


というものです。


もちろん、ご存じのとおり、成功する
ためには、いろいろな要因が関係します。


ビジョンも必要でしょうし、目標を
持つことも大切です。


この3つの要素はその中でも大きな
要因の一つになります。


なので、思い当たる節がある方はぜひ、
意識していただければと思います。


そして、その3つの要素とは、


1、捨てる
2、やめる
3、フォーカスする


この3つです。


まず、ビジネスで成功するためには、
自分が持っている資源を1点に集中
させる必要があります。


自分が持っている資源とは、単に
お金ということではなく、やる気や
集中力、知識、情報...などすべてです。


そして、稼げてない人の大半は自分
の資源を集中できてない人たちです。


中には例外があるかもしれませんが、
私の知る限りそういう人は成功してません。


つまり、一つのことに集中しなければ、
結果を出すことが難しいということです。


分かりやすくいうと、一つのことに
集中できないようでは、他のことを
やっても同じような結果しか生まれない。


ということです。


実際、資源の集中というのが、成功
のカギを握ると言っても言い過ぎでは
ないくらいです。


そして、資源を集中させるためには、
捨てる、やめるという決断をしなけれ
ばなりません。


その名のとおり、決めて断つという
ことです。


ですが、実際のところ、そのことを
頭では理解していても行動に移せない
人がほとんどです。


では、どうすればいいのでしょうか。


それには、基本的に3つのことをやる
必要があります。


それは、


1、あなたがやらなければいけないこと
  をすべて書き出す

2、あなたが今、やっているビジネスや
  これからやろうとしているビジネスの
  アイデアをすべて書き出す

3、結果につながりやすい作業、利益が
  出やすいビジネスから順番に片付けていく


この3つです。


これをやることで、何に集中すれば、
一番、早く結果を出せるのかが明確に
なります。


成功している人もそうでない人も
誰もが時間は平等です。


ですが、その同じ時間を費やしても、
結果が出る人とそうでない人がいる
のです。


そして、その違いは単に集中できて
いるかそうでないかの違いだけです。


光がなければ、影がないように。


失敗がなければ、成功がないように。


やめる、捨てることができなければ
集中することはできません。


そして、集中できなければ、結果を
出すことは難しいでしょう。


まずは、この3つを意識した上で、
やるべきことを整理する。


そして、一番、結果につながりやす
いものを選択して集中して行なっていく。


とても重要なことなので、ぜひ、
意識してみてください。



簡単に成約率を高められる方法

目安時間:約 4分


↑クリックをお願いしますね↑


ご存知のとおり、成約率を高める
ことができれば、少ないコストや
労力で売上を上げることができます。


そして、成約率の違いは計り知れ
ないほどの影響を及ぼします。


1万円の広告で、売上が3万円しか
上がらなかったのに対し、成約率が
2倍になれば6万円に...


もちろん、これもその通りですが、
このような単純な話ではありません。


例えば、


10万円の広告で1日当り100アクセス。


成約率が1%で、単価1万円の商品が
1本売れるとします。


1ヶ月を30日とすると、30万円の
売上が上がる計算になります。


そして、その中から10万円の広告
を出して、20万円が手元に残る。


これを3ヶ月続ければ、


20万円+20万円+30万円で70万円
の売上が手元に残る計算になります。


※最後の月は10万円の広告を
払わないので、30万円残ります。


これが成約率が2倍になると、
どうなるのかと言うと、


1ヶ月目は、60万円。


条件を整えるために、20万円
を手元に残して、それ以外を広告
に回すとして、


2ヶ月目は、1日当り400アクセス
で、8本の成約、つまり、8万円の
売上が上がり、月に240万の売上。


3ヶ月目も同じように20万円を
残して、220万円を広告に回すので、


1日当り2200アクセスで、44本の
成約、つまり、44万の売上が上がり、
月に1320万円の売上。


これで最後に残る利益は、


20万円+20万円+1320万円で、
1360万円となります。


この場合、19倍の売上になって
いることが分かると思います。


つまり、単純に成約率が2倍になる
と売上が2倍になるのではないとい
うことです。


そして、成約率は誰でも簡単に
アップさせることができるのです。


では、具体的にどうすれば成約率を
高めることができるのでしょうか。


例えば、


・キャッチコピーを強力にする
・魅了的なオファーを出す
・独自のウリや強みを明確にする
・紹介マーケティングを使う
・欲しいタイミングで販売する
・返金保証や品質保証をする
・社会的証明を使う


考えられる要素はいろいろとある
と思います。


もちろん、どれも正解です。


ですが、そんなことをやらなくても
簡単に成約率を高めることができます。


その方法とは...


まさに、興味のある人に売る


ということです。


つまり、興味がない人に対して
商品を販売したり薦めたりするのは、
とても効率が悪いということです。


これは、女性に対して、ひげ剃り
の商品をすすめても買う人はいない
のと一緒です。


大切なのは、興味や関心をもった
人たちにセールスするということです。


例えば、メルマガの場合。


○○に興味がある人はこちらに登録
してください。


といった具合に興味のある人たちを
最初に集める。


そして、セールスすることで、簡単
に成約率を高めることができます。


全員に向けてセールスするのではなく、
ターゲットを絞ってセールスをする。


当たり前のことですが、できてない
人が多いです。


かなり強力な方法なので、ぜひ、
参考にしてみてください。




タグ: 

カテゴリ:成約率  [コメント:0]

メルマガで稼ぐ極意について

目安時間:約 8分


↑ここをクリックしてね↑


今日の話はメルマガで稼ぐ上で
かなり重要なものになります。


ゆっくり読み進めていただければ
と思います。


まず、メルマガをやっている理由
は、満場一致で売上につなげるため
というのは言うまでもないと思います。


趣味でやっている人は例外として、
基本的にそうだと思います。


そのために、


1、読者さんを集める(集客)
2、価値を提供して信頼を築く(教育)
3、セールスをする(販売)


この3つのことをやっていきます。


これが、DRMの基本なのであなたも
十分、理解していることだと思います。


DRMとはダイレクトレスポンス
マーケティングのことです。


ですが、この3つを正しく理解して
ない人がほとんどです。


そして、間違って理解していると
実践することも間違ってしまいます。


その結果、稼げないという現象に
なってしまうわけです。


結論から言うと、正しくは、こうです。


1、集客は、広く人を集めるということ
2、教育は、関心のある人を増やし、絞ること
3、販売は、絞った人にセールスすること


つまり、DRMの真髄は、


今、買う人たちだけを集めるのでは
なく、そのうち買う人たちもまとめて
集めることで、集客コストを下げる。


次に理解、信頼、関心を高め、今、
買う人たちを増やす。


そして、最後にそれ以外の人たちを
排除して、セールスをする。


その結果、少ない予算で最大の結果を
だすことができる。


ということです。


では、これをメルマガに当てはめる
とどうなるでしょうか。


-----------------------------------
1、集客:広く人を集めるということ
-----------------------------------


これは、ターゲットを細かく絞って
はいけないことを意味します。


なぜなら、ターゲットを細かく絞って
しまうと、今、興味がある人たちしか
集めることができないからです。


そのため、一つ上のテーマで読者を
集める必要があります。


つまり、


Twitterで稼ぐ方法というテーマで
集めているのであれば、その一つ上
のネットビジネスで稼ぐ方法で集め
るということです。


そうすることで、顕在化している
見込み客も潜在的な見込み客も一緒
に集めることができます。


顕在化している見込み客とは、今、
興味がある人たちのこと。


潜在的な見込み客とは、今は興味が
ないけど、大きなテーマでは興味が
ある人たちのことになります。


分かりやすく言うと、


ネットビジネスで稼ぐことに興味が
ある人が1000人。


そして、その中でTwitterで稼ぐ方法
に興味がある人が100人いたとします。


それであれば、Twitterで稼ぐことに
興味のある人を含めた1000人が興味
を持つテーマで集めた方が効率がいい
ということです。


-----------------------------------
2、教育:関心のある人を増やし、絞ること
-----------------------------------


これは興味ある人を増やしながら、
それ以外の人を排除するということです。


なので、メルマガに例えると、


興味深いオファーを出して、より
多くの人に興味を持たせて、その人
たちを抽出する作業になります。


先ほどの例で言うと、


1番のステップでネットビジネスで
稼ぐというテーマで1000人の読者を
集めたとします。


そして、その中で、Twitterで稼ぐ
方法に興味のある人が100人います。


普通にTwitterに興味がある人!!


といっても、100人しか集まりません。


そこで、残りの900人に対して、
Twitterで稼ぐメリットや魅力的な
オファーを出して、興味のある人を
増やします。


すると、900人の中から、最初は
興味がなかったのに、教育される
ことで、興味を持つ人が出てきます。


そうして、1000人の中から興味が
ある人が100人以上、抽出されます。


-----------------------------------
3、販売:絞った人にセールスすること
-----------------------------------


そして、抽出された人たちに対して、
それに関連する商品を売り込みます。


ちなみにここを1番として、またここ
から2番、3番の過程を経て、セールス
を大きくする場合もあります。


-----------------------------------


以上が3つのステップになります。


つまり、メルマガで稼ぐ極意は...


メインメルマガはターゲットを絞り
過ぎず、守備範囲を広くする。


そして、できるだけ多くの人が共感
できるような記事を書き、多くの人の
信頼を勝ち取る。


セールスをかける場合は、メインの
メルマガで教育をして、興味のある人
をより多く抽出する。


そして、抽出された人たちに対して
セールスを仕掛けていく。


という感じになります。


無料オファーや低額商品を販売する
場合は、そこまでやる必要はないのでは...


そう思うかもしれませんが、予め属性
分けしておくことで、成約率を何倍にも
することができます。


ちなみに私が使っているエキスパート
メールでは、リンクをクリックしたとき
に任意のキーワードを残すことができます。


エキスパートでは、初心者向けに
安くしている「クラウド版」というものが
ありますので、是非、お試しください。

クラウド版はこちらです。


つまり、


リンク先がコピーライティング関連
であれば、コピーライティング。


リンク先がツール関連であれば、ツール。


このように設定しておけば、リンクを
クリックしてもらうだけで、属性分け
することができるわけです。


そして、その属性ごとにメールを
送ることができます。


毎回のセールスで興味がある人は
こちらに登録!とはできませんので、
こういうツールを使うと便利です。


実際、この方法はメルマガで月に数百万
と稼いでいる人たちは当たり前のように
やっている方法です。


ぜひ、活用していただければと思います。




限られた時間で収入を増やす

目安時間:約 4分


↑ここをクリックしてね↑


結論から言うと、優先して
やらなければいけないことは2つです。


その2つとは、


1、レポートをたくさん作る
2、メルマガを毎日、発行する


この2つです。


まず、メルマガで稼ぐ場合。


やらなければいけないことは大きく
分けて4つあります。


その4つとは、


1、メルマガの読者を集める
2、価値を提供して、関係を築く
3、商品やサービスをセールスする
4、読者にリピートしてもらう


この4つになります。


そして、これ以外の作業は最終的
にこの4つを達成するための作業と
なります。


例えば、


・ブログの更新は、新しいメルマガの
 読者を集めるため。

・無料レポートを作成するのは、読者
 を集めるのと、価値を提供するため

・Twitterをやるのは、新しいメルマガ
 の読者を集めるため。


このように最終的には先ほどの4つを
クリアするためのものになるわけです。


そして、この4つの作業を順番に
やっていく必要があります。


なぜなら、


1番の読者を集めることができなけ
れば、関係を築くことはできませんし、


2番ができてなければ、いくら商品
やサービスを紹介しても成果には繋
がらないからです。


当たり前と言えば当たり前のことだ
と思います。


では、なぜ、この2つから始めなけ
ればいけないのでしょうか。


それには2つの理由があります。


その2つの理由とは、


1、メルマガを配信しなければ信頼
  残高が少なくなり、メールが読ま
  れなくなってしまう


2、レポートは新しい読者を集める
  ことと読者に提供することを同時
  に行うことができる


ということです。


ちなみに信頼残高とは、信頼の貯金
のようなもので、信頼残高が増えれば、
セールスしやすくなるというものです。


実際、読者さんの数が1000人未満
の場合、テクニック的なことを気に
しても正しくデータが取れませんし、


無料オファーなどのアフィリエイト
をやっても登録してくれる読者さん
も限られてしまいます。


なので、どうしても時間が取れない
のであれば、


1、レポートをたくさん作る
2、メルマガを毎日、発行する


まずはこの2つから始めていただく
ことをおすすめします。


一見、ブログの更新やTwitterなど
たくさんのことをやらないといけな
いように思えます。


ですが、最終的には、先ほどの4つの
ためにやる作業になります。


なので、作業をやるときは、何のため
の作業なのか。


そして、それは一番、効率がいいこと
なのかを常に考えることが大切です。


ぜひ、参考にしてみてください。




プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

ネットビジネスで稼ぐために必要なこと
稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ