売れないメルマガの理由

目安時間:約 3分


↑ここをクリック↑


最近、メルマガを始めたけど、
なかなか売上が上がらないです...


そんな質問をよくいただきます。


ですが、これからお話すること
を意識することで、売上が上がる
ようになりますので、ぜひ、活用
していただければと思います。


まず、売れるメルマガの理由は
いろいろあります。


例えば、


・読者さんの視点に立っていない

・メールのレイアウトが読みづらい

・伝えるメッセージに信憑性がない

・書いている内容が難しすぎる

・結局、何が伝えたいのかが分からない


このように原因をあげれば、
キリがないほど出てきます。


ですが、それ以前に大切なこ
とを見落とししているケース
が多いです。


その大切なこととは、


広告とコンテンツのバランス


です。


もちろん、読者さんが求める
記事を書くことは前提ですが...


広告とコンテンツのバランス
とは、そのままの意味ですが、


メルマガはビジネスの種類で
分類すると、メディアビジネス
になります。


これはブログもそうですが、
分かりやすく言うと、テレビ
や雑誌と同じということです。


そして、メディアビジネスは、
3つの要素によって成り立って
います。


その3つとは、


1、媒体
2、広告
3、コンテンツ


この3つです。


つまり、テレビの場合。


媒体はテレビ、広告はCM、
コンテンツは番組になるわけ
です。


そして、これをメルマガに
当てはめると、



媒体はメルマガ、広告は自分
の商品や他人の商品、そして、
記事がコンテンツになります。


そこで重要になるのが、先ほ
どもお話した広告とコンテンツ
のバランスになります。


例えば、テレビを見ていて、


3分に1回、CMが入ったら、
どうでしょうか。


きっと、見る気がしないと
思います。


これはメルマガも一緒です。


つまり、CMばかりのテレビ
番組を見たくないのと一緒で、
広告だらけのメルマガもいずれ
読まれなくなるということです。


メルマガを送っても、読者さん
の反応がない。


あるいは、反応する読者さん
が少ない。


これは、広告とコンテンツの
バランスがとれてないケース
が多いです。


過去、配信したメールを振り
返ってみると新しい気づきが
あるかもしれません。


ぜひ、参考にしていただければ
と思います。



簡単に売上を上げる方法

目安時間:約 4分


↑ここをクリックしてね↑


簡単に売上を上げる方法と
いうと、なんか怪しそう...


そう思うかもしれませんが、
これをやるのとやらないので
は、大きな差が生まれます。


また、他にやっている人が
少ないので、かなり効果が
ある方法です。


ぜひ、ゆっくり読み進めて
いただければと思います。


で、その方法とは...


ウェルカムバスケット


という手法です。


また、横文字...


と思ってメールを読むのを
やめないでくださいね。


難しくありませんので。


ウェルカムバスケットとは、
その名のとおりですが、


・商品やサービスを買って
 くれてありがとう。


・メルマガを登録してくれて
 ありがとう。


というプレゼントのことです。


もともとはロバート・アレン
というアメリカのマーケター
が使った方法ですが、


具体的には、


・特別な無料レポート
・無料の文例集
・過去のバックナンバー
・何かのチェックリスト
・無料の招待券
・無料の本
・情報保管庫へのアクセス権利
・その他、考えられるもの


といった感じに福袋のような
ものをプレゼントします。


分かりやすくいうと、
メルマガに登録してくれた人
やサービスや商品を買ってく
れた人にお礼として、あれも、
これも、それも...


こんなにもらっていいの?


と思うようなプレゼントを
あげるということです。


例えば、


メールアドレスを登録した方
には無料レポートをプレゼント。


というオファーを出している
のであれば、登録した読者さん
が無料レポートを受け取れると
いうのは普通のことです。


ですが、そこにサプライズと
して、ウェルカムバスケット
をプレゼントする。


人は自分が想定してないよう
な良いことが起きると、感動
するものです。


ウェルカムバスケットを使う
ことで、


・バックエンドが売りやすくなる

・キャンセルが少なくなる

・リピートしやすくなる

・メールの反応が高まる


このようにいろいろなメリット
を得ることができます。


まずは、過去に作成した無料
レポートや音声や動画...



これらをひとまとめにして
ウェルカムバスケットにすると
いいと思います。


私もこの方法を使っています。
http://www.virtualinformer.com/mailmaga/af/index.html

こらからもっと、ウェルカムバスケットにします。










文章を読んでもらうテクニック

目安時間:約 3分


↑ここをクリック↑


メルマガやセールスレター、
ブログ、ホームページ、DM...


どんな場面でも、文章を読んで
もらえなければ、何も始まらない...


このことはあなたもよく
ご存知のことだと思います。


これまでいろいろな方法を
紹介してきましたが、今回の
方法はシンプルかつ強力です。


その方法とは、


読み手を否定しない


というものです。


そのままの意味ですが、


まず、人は否定されると、頭の
中が混乱してしまう生き物です。


例えば、あなたがメルマガで
稼ぐには、読者の数が重要と
思っていたとします。


そのとき、あなたは間違って
います。


読者の数は重要ではありません。


そう言われたらどう思いますか?


おそらく、なんで?なぜ、違うの?


と思うはずです。


このように自分が正しいと
思っていることを否定される
となぜ、否定されたのか?を
考えてしまうわけです。


そして、それと同時にその次
の話が頭に入りづらくなって
しまいます。


なぜ、そうなるのでしょうか。


それは誰しも自分が正しいと
思いたいからです。


なので、自分の主張を述べる
ときは、必ず相手を肯定して
からにする必要があります。


よくセールストークでは、
イエスバット法といったり、


NLP(神経言語プログラミング)
では、リフレーミングといった
りしますが、


分かりやすくいうと、


あなたが言っていることは
正しいですよ...でも、こうす
るともっといいんですよ...


という具合に一度、相手を
肯定してから、自分の主張に
つなげるということです。


先ほども言いましたが、
人は否定されるとその理由
を探して、読まなくなって
しまいます。


メルマガやブログ、セールス
レターにこの要素を盛り込むと
かなり強力です。


ぜひ、活用していただければ
と思います。




メルマガの反応を高める方法

目安時間:約 4分


↑ここをクリックしてね


メルマガをやっていますが反応率が悪いので
どうしたらいいのか悩んでいませんか?

その事についてお答えしたいと思います。


下記の方法で、読者を集めた人について
お答え致します。

『無料レポートスタンドに自分
のレポートを登録して集めた』



まず、無料レポートスタンドで
集めた読者さんは正直、あまり
質がよくありません。


それは、無料レポートを
ダウンロードするのに普段、
使っているアドレスを使わない
人が多いからです。


もちろん、中には普段、使っ
ているアドレスを登録する人も
いますが...


つまり、使われてないアドレス
が多く集まるということです。


では、そんな読者さんの反応を
上げるにはどうすればいいので
しょうか。


一番、簡単なのは、プレゼント
を送るということです。


そして、この方法は私もよく
使っている方法でもあります。


具体的には、そのままですが、


集まった読者さんが欲しがり
そうなコンテンツを用意して、
無料で提供する。


ということです。


例えば、


コピーライティングに興味が
ある人であれば、


穴埋めするだけでキャッチコピー
が作れるキャッチコピー集。


便利なツールに興味がある人
であれば、


便利なツールをまとめて解説した
使い方レポート。


こんな具合です。


では、なぜ、プレゼントをあげ
るのがいいのでしょうか。


それは、一度、読まなくなって
しまった読者さんを読んでもらう
ようにするには、何か特別なこと
をする必要があるからです。


普段、メールを読んでいない
読者さんでもメールボックスに、


特別なプレゼントのお届け...


という件名のメールがあったら、
どうでしょうか。


全員ではないですが、ひとまず、
見てみる人が多いです。


これが人間の心理です。


なので、反応が悪いのであれば、
何かプレゼントをあげる。


これが簡単かつ効果的な方法です。


ですが、ここで注意したいのは、


この方法で一度、メールを見ても
次のメールを読もうと思える内容
でなければ、また、同じことの繰り
返しということです。


1通目のメールは2通目を読ん
でもらうためのもの。


2通目のメールは3通目のメール
を読んでもらうもの。


このように繋がってますので。


もちろん、メールを継続的に
読んでもらうためには、読者さん
にとって価値がある情報を届ける。


これは大前提になりますので、
その上でプレゼントを活用して
いただければと思います。


私が無料で下記をプレゼントしています。
あなたからのプレゼントとして活用して頂ければと思います。

【爆発的に売り上げるメルマガアフィリエイトの仕組み】
【10日間、会社帰り1日2時間で、1000人を集客した凡人サラリーマン】
【隙間時間だけで稼ぐ事ができる、超せどり入門】
【キャッチコピーのテンプレート】
【ランディングページテンプレート】
【Twitterでお金を稼ぐ方法】
【やれば必ず稼げる副業】
【誰も教えてくれない大切なメルマガの11のルール】

【取得方法】
http://www.virtualinformer.com/course/index.html




すぐにできる3つの文章テクニック

目安時間:約 6分


↑ここをクリックしてね↑


この3つを意識すれば、簡単に
誰でも読みやすい文章や反応の
いい文章を書くことができます。


メルマガやブログ、ツイッター、
フェイスブック、セールスレター...


いろんなシーンで使うことが
できますので、ぜひ、活用して
いただければと思います。


まず、3つのテクニックとは、


1、難しい漢字、専門用語を使わない
2、短い一文にする
3、段落を小さくする


この3つです。


それでは、入っていきましょう。


------------------------------
1、難しい漢字、専門用語を使わない
------------------------------

これは、難しい漢字や略語、
専門用語、英語を使わないと
いう意味です。


例えば、こちらの文章。


リードを効率的に集めるためには、
まず、ランディングページを用意
し、PPC広告などで、トラフィック
を集めます。


そして、最低でもコンバージョン
を1%を保つように改善しなければ
いけません。


いかがでしょうか。


こう言われて、なるほど!と
すぐに理解できる人はなかなか
いないと思います。



多くの人が、


・リードって何?
・ランディングページ?
・PPC広告?
・トラフィック?
・コンバージョン?


このように「?」マークが浮か
ぶと思います。


専門用語を理解している人に
とってはいい話かもしれません。


ですが、それ以外の人にとって
は、難しすぎて読むのをやめて
しまいます。


また、なじみのない言葉は違和感
を覚えてしまうものです。


なので、先ほども言いましたが、


難しい漢字、略語、専門用語、
英語などを使わず、誰でも理解
できる言葉を使うことが大切です。


------------------------------
2、短い一文にする
------------------------------


次に一文を短くするということです。


これは長い文章になると、意味
が伝わりにくくなったり、読む気
をなくしてしまうからです。


これは普通の会話で例えると
分かりやすいと思います。


話が長くて、結局、何を言いたい
のかが分からない...


あなたもこういう経験があると
思います。


これは文章も一緒です。


一文に多くの意味を持たせてし
まうと、文章が長くなり、意味が
分からなくなります。


なので、一文は短くし、一つの
意味だけをもたせるようにする
ことが大切です。


例えば、


このダイエットサプリを飲み、1日
15分の運動をするだけで、本当に
14日間で4キロも痩せられるとは思い
ませんでしたし、さらには、この方法
を紹介した友人も私と同じように...


いかがでしょうか。


一文に複数の意味が込められて
いるので、読みづらいと思います。


この場合、文章を分けて短くします。


例えば、


このダイエットサプリはすごいです。


それは、サプリを飲んで1日15分
の運動をするだけで、痩せられる
からです。


実際、14日間で4キロ痩せられました。


また、同じく友人も...


こんな具合です。


文章を短くするだけで、先ほど
より読みやすくなったと思います。


大切なのは、一文を短くする。


ということです。


------------------------------
3、段落を小さくする
------------------------------


最後に段落です。


これは、文章の塊が多いと、
読み手は構えてしまいます。


なので、改行などを使い、
一つの段落を短くして、読み
やすくする必要があります。


先ほどの例でいうと、


このダイエットサプリを飲み、1日
15分の運動をするだけで、本当に
14日間で4キロも痩せられるとは思い
ませんでしたし、さらには、この方法
を紹介した友人も私と同じようにこの
サプリを試したのですが、なんと、
7日間で3.7キロ痩せられたそうです。


こんな感じです。


これが、7行の段落です。


この段落がいくつもあったら、
読みづらいと思いませんか?


一つの段落の目安は最大でも
5行程度に抑えるのがベストです。


------------------------------


いかがでしょうか。


1、難しい漢字、専門用語を使わない
2、短い一文にする
3、段落を小さくする


この3つはとても重要です。


記事の内容がいくら良くても、
文章が読みづらいだけで読まれ
なくなってしまう。


これが事実です。


読んでもらうチャンスを
小さなことで逃してしまう
のは、もったいないことです。


ぜひ、この3つを意識して
いただければと思います。



お客様の信頼を得る3つの方法

目安時間:約 6分


↑ここをクリックしてね↑


まず、ご存知のとおり、
ビジネスは信頼の上に成り
立っています。


これは商品を買うときを
想像してみると、分かりや
すいと思います。


見ず知らずの初対面の人から
商品を買う。


親しい友人の勧めで商品の買う。


商品が同じ場合、あなたは
どちらから商品を買いますか?


もちろん、親しい友人から
だと思います。


このように信頼があるのと、
ないのでは、雲泥の差があ
るわけです。


そして、商品を購入する
決め手になる大きな要素
でもあります。


Amazonなどのレビューが
重宝されるのはこのせいです。


では、どうやって信頼を得れ
ばいいのでしょうか。


一番の方法は読者さんとの
コミュニケーションをしっかり
とるということです。


具体的な方法はたくさんあり
ますが、3つの方法を紹介し
たいと思います。


その3つとは、


1、共通の敵を作る
2、会える機会を作る
3、対話できる場を作る


です。


それでは詳しく入っていきましょう。

------------------------------
1、共通の敵を作る
------------------------------

これは、自分と読者さんとで、
共通の敵を作るという意味です。


例えば、


詐欺のような教材を売る人を
共通の敵として、


私たちは味方同士ですよ。


だからお互い協力して、共通
の敵に立ち向かいましょう。


こんな感じのスタンスをとります。


これをやることで、読者さん
と一体感が生まれて、信頼して
もらうことができます。


また、私たちは...という言葉
を使うのも先ほどと同じ理由
で効果的です。


それ以外にも読者さんとの
共通点を見つけ出して、私と
あなたは似たもの同士ですね。


と思ってもらえるようにする
ことが大切です。

------------------------------
2、会える機会を作る
------------------------------


これは、少人数の勉強会や
セミナーなど、とにかく会える
機会を作るということです。


なぜかというと、信頼を築く
のに、対面に勝るものはない
からです。


これは普段の友人関係などを
イメージすると分かりやすい
と思います。


メールを送る、電話で話す、
実際に会って食事をする...


このようなことを当たり前の
ようにやっていると思います。


これは読者さんに対しても
同じです。


とくにインターネットでは、
相手に会うことなく、完結し
てしまうケースが多いです。


動画や音声などを使う方法も
ありますが、どうしても一方
通行になってしまいます。


なので、できる限り会える
機会を作ることが大切です。


------------------------------
3、対話できる場を作る
------------------------------


これはコミュニケーションが
簡単にとれる場所を作るという
ことです。


例えば、


ブログのコメント欄を使って、
専用のページを用意する。


フェイスブックのグループを
立ち上げてみる。


スカイプのグループ機能を使
ってみる。


方法はたくさんありますが、
大切なのは、気軽に交流できる
場を作るということです。


もっと分かりやすく言うと、
コミュニティのようなものを
作って対話するということです。


そもそもコミュニケーション
とは、双方向に行うものです。


メールだと一方通行になり
がちなので、こういう場を作る
ことが大切です。


------------------------------


いかかがでしょうか。


1、共通の敵を作る
2、会える機会を作る
3、対話できる場を作る


この3つは読者さんとの信頼
を得る上でとても重要な要素です。


それ以外にも、


・自己開示をする
・読者さんを褒める
・欠点や間違い、失敗を話す
・読者さんと議論する

 ・
 ・
 ・


いろいろな要素がありますが、
まずは、この3つを意識して
いただければと思います。


先ほども言いましたが、
ネットの世界では相手に会う
ことなく、ビジネスが完結して
しまうケースが多いです。


だからこそ、こういう配慮
をすることが大切です。


反応の取れるステップメールの書き方

目安時間:約 8分


↑クリックお願い致します↑

まず、ステップメールとは、
メルマガに登録した日を0日目
として、予め設定したメールを
自動で送る機能のことです。


例えば、


1日目にAというメール。
2日目にBというメール。
3日目にCというメール。


が設定してあった場合、登録
した順に自動でメールが送ら
れていきます。


つまり、誰がいつ登録しても、
設定した順番にメールが送られ
るということです。


普通のメルマガの場合。


2つのデメリットがあります。


一つ目は、


メールを送ったときに読者に
なっていない人はそのメール
を受け取ることはできないと
いうこと。


二つ目は、


古くからの読者さんと新しく
登録した読者さんとで、関係
にバラつきができてしまうこと。


この2つです。


そして、この2つの問題を
解決するためにステップメール
を使うわけです。


つまり、


メルマガに登録した人が、
いきなりメインのメルマガ
に入るのではなく、


何通かのステップメールを
送って、読者さんとの信頼を
構築する。


そして、メインメルマガに
入るという流れを作るわけです。


また、ステップメールを使う
ことで、セールスを自動化する
こともできます。


ご質問にもあった、自動で
お金を稼ぐというのは、


ステップメールでセールスを
自動化しているという意味に
なります。


では、どうやってステップメール
を書けばいいのでしょうか。


基本的なステップは、3つです。


1、ゴールを決める
2、ストーリーを決める
3、実際にステップメールを書く


この3つです。


それでは、入っていきましょう。

------------------------------
1、ゴールを決める
------------------------------

まず、始めにステップメール
の最終目的を明確にします。


例えば、


・何かの商品を販売する
・読者さんとの信頼を築く
・フォローアップを自動化する


このように最終ゴールを明確
にします。


また、1つのステップメール
でのゴールを1つにすること
も大切です。


これは、ステップメールに
多くの目的を持たせてしまうと、


結局、何が言いたいのかが
分からなくなってしまうからです。


なので、セールスレターで言う、


1、ワンマーケット
2、ワンメッセージ
3、ワンアウトカム


つまり、一つのターゲットに
一つのメッセージ。


そして、一つの出口(結論)
にするということが大切です。


------------------------------
1、ストーリーを決める
------------------------------

次にストーリーを決めます。


これは、シナリオといったりも
しますが、意味は一緒です。


例えば、


何か商品を販売するのであれば、


1、Attention(注意)なんか面白そう!
2、Interest(関心)興味があるからもっと教えて!
3、Desire(欲求)なんかよさそう、欲しい!
4、Action(行動)買いたい!


このような形でストーリーを
考えます。


これ以外にもQUESTやPASONA...


テンプレートはいろいろあり
ますが、基本的にはこの流れ
で大丈夫です。


具体的にお金を稼ぐ系の教材
を売りたいのであれば、


1、まずは、誰でもできる
  自己アフィリで稼いでみよう!

2、もっと稼ぎたいのであれば、
  しっかり勉強しないとね。

3、まずは最初はお金がないと
  思うから無料のもので勉強
  してみて!

4、実は無料で学べるものには、
  限界があるんだよ。

5、もっと稼いで、経済的にも
  時間的にも豊かになりたいよね。

6、だったら、これだけは勉強した
  方がいいよ!

7、たった●●円で人生が変わるなら、
  安いよね。私もきちんとサポート
  するからがんばろうよ!


だいぶ、ざっくりですが、
流れはこんなイメージです。


また、ストーリーの長さに
関してですが、読み手の意識
レベルによって、変わってきます。


先ほどの例で、


お金を稼ぐことに関心がない
人を対象にするのであれば、


・なぜ、稼がないといけないのか。
・なぜ、このままじゃダメなのか。


などを説明しなければいけません。


なので、自然とストーリーが
長くなるわけです。


まずは、読み手の意識レベル
をリサーチする。


そして、読み手の意識レベル
に合ったストーリーを考える
ことが大切です。


------------------------------
1、実際にステップメールを書く
------------------------------


最後に先ほどのストーリーを
メールに書き起こしていきます。


ここは普通にメルマガを書く
要領と一緒ですが、


必ず意識したいのは、


1、1つのメールに1つのメッセージ
  (目的)にするということ。

2、専門用語や難しい言葉を使わず
  に読みやすいようにすること。

3、メールを読み飛ばしても
  理解できるように、書き出し
  を配慮すること。


この3つです。


それ以外もありますが、
まずは、この3つを意識して
いただければと思います。


それ以外についてはこちら
を参考にしてみてください。


http://www.virtualinformer.com/course/index.html
【誰も教えてくれない大切なメルマガの11のルール】


そして、


文章をひと通り書き終えたら、
最後に全体の流れを確認します。


問題がなければ、メール配信
システムに設定し、完了です。


あとは、ステップメールの
反応を見ながら、


文章をつけ足したり、減らし
たりして、改善していきます。


------------------------------


少し駆け足になりましたが、

以上がステップメールの書き方
になります。


いかがでしょうか。


この3つのステップを実践
すれば、反応の高いステップ
メールを作ることができます。


一度、作ってしまえば、自動
でお金を稼ぐことも可能です。


もしかしたら、いきなり精度
の高いステップメールを作るの
は難しいのでは...


そう思うかもしれませんが...


まずは、テストだと思って、
実践していただければと思います。


長期的に売上を上げる方法

目安時間:約 5分


↑応援クリックお願いします↑

もし、あなたが長期的に安定
してお金を稼ぎたい...


一時の売上より長期的に成功
したい...


そう思っているのであれば、
今日のお話はとても重要です。


なぜなら、これからお話する
マインドがないと長期的に成功
することが難しいからです。


ご存知のとおり、会社の
生存率の統計データでは、


・設立1年で40%
・設立5年で15%
・設立10年で6%


と言われています。


つまり、1年以内に60%の
会社が倒産してしまうとい
うことです。


これは、アフィリエイト
などの個人のビジネスも同
じことが言えます。


アフィリエイトなどで5年
以上、稼いでいる人を想像
してみると分かりやすいです。


実際、数少ないことが分かる
と思います。


では、失敗してしまう人と
そうでない人の違いは何で
しょうか。


それには、いろいろな理由
があります。


ですが、多くの理由は集客に
失敗してしまうということです。


これは、どんなにいい情報や
商品があっても人を集めること
ができなければ、お金を稼ぐ
ことができないからです。


では、どうすればいいのでしょうか。


・PPC広告をマスターする
・SEOをマスターする
・メルマガをマスターする
・魅力的なオファーを作る
・ジョイントベンチャーする

 ・
 ・
 ・


どれも正解です。


ですが、それが短期的では
なく長期的に...


となると話は別です。


なぜなら、これらの方法は、
時間が経つにつれて、反応が
悪くなっていくからです。


例えば、


今、流行っている1件500円
のアフィリエイト報酬を支払
って、見込み客を集める方法...


これもこの1年で、集まる
見込み客の数はかなり少なく
なっています。


また、無料レポートスタンド
を使ってメルマガの読者を集
める方法...


これもだいぶ、質が悪くなっ
ています。


このように時間と共に反応
が悪くなっていくわけです。


つまり、


1、広告の反応が悪くなる
2、集まる見込み客が少なくなる
3、当然、売上が少なくなる


となるわけです。


では、どうすれば...


答えは簡単です。


お客さんに販売者になって
もらうということです。


あなたは、お客さんが
段階的に進化していくのは
ご存じでしょうか。


その段階には5つの段階が
あります。


その5つとは、


1、見込み客
2、顧客
3、常連客(反響や口コミに貢献)
4、支持者(良き提案者)
5、パートナー(共感するよきパートナー)


です。


分かりやすくいうと、


お客さんが求める価値を提供する。


そして、コミュニケーション
をとって、お客さんという枠
を超えて、パートナーになる。


ということです。


例えば、


メルマガの読者さんが100人
いたとします。


その100人があなたに共感し、
あなたの商品を紹介しだしたら
どうでしょうか。


100人の読者さんが100人の
販売者になったらどうでしょうか。


あなたの元には、自然と新しい
見込み客が訪れて、商品が売れ
ていくと思いませんか?


そして、これを実現するために、
あなたがやることはたった1つです。


それは、お金を払うことでも、
何か特別な企画をすることでも
ありません。


ただ、徹底してお客さんが
求める価値を提供することです。


そうすることで、お客さんが
あなたに共感し、支持者となり、
パートナーとなってくれます。


お客さんのことを単なる顧客
ではなく、パートナーとして考える。


これが大切です。


そして、長期的に成功して
いる人は例外なくこれを実現
しています。


長期的にビジネスを成功させ
るためにはとても重要なことです。


お役に立てば幸いです。


本物の成功法則を学べ

目安時間:約 3分


↑ここをクリック↑


今、話題になっている
リチャード・ブランソンの
成功法則を紹介したいと
思います。


かなり有名な成功法則なので、
もしかしたら、ご存知かもれ
ませんね。


リチャード・ブランソンを
ご存知ない方のために簡単に
紹介すると、


ヴァージン・グループの創設者
で、音楽レコード、航空事業、
鉄道、映画館、携帯電話...


などなど、様々なビジネスを
手がけている起業家です。


また、007 カジノ・ロワイヤル
という映画に出演したことでも
有名です。


で、その彼が言う、


成功法則とは、ブランソンの
5つの成功法則というものです。


その5つの法則とは、


1、失敗から学んでそれを正す。

2、リスクから逃げるのではなく、
  リスクを最小限に抑える工夫をする。

3、難しい決断を下すときには、時間を
  かけて冷静に、すべての選択肢を考える。

4、リスクを心配しすぎないで、成功の
  可能性を見つめる。

5、できない理由ばかりを言う人が多いが、
  多少の無理をするくらいでなければ、
  何事も前にすすまない。


というものです。


分かりやすく言うと、


ある程度のリスクをとって
前に進まないと成功できない。


というものです。


まさにそのとおりです。


何かを始めるとき、
必ずリスクが存在します。


それは、金銭的なリスクだけ
ではなく、


精神的リスク、情緒的リスク、
時間的リスク...


様々なリスクが存在します。


ですが、何事も始めなければ
何も変わりません。


まずは、多少のリスクを負って
もやってみる。


これがとても大切です。


なかなか行動に移せない...
そんなときにこの法則を思い
だすといいかもしれません。



読み手を引き込むテクニック

目安時間:約 6分


↑クリックお願いします↑


まず、ビジネスは文章で支配
されています。


これは私も繰り返し言って
いることなので、ご存知のこと
だと思います。


少し大げさですが、


文章を制するものは、ビジネス
を制する。


と言ってもいいくらいです。


そして、売れる文章を書く
ためには、3つの壁をクリア
する必要があります。


あなたもご存知のとおり、


1、読まない
2、信じない
3、行動しない


この3つです。


その中でも一番、大切なのは、
読まないの壁をクリアすると
いうことです。


なぜなら、読んでもらえなけ
れば何も始まらないからです。


では、どうすれば、文章を
読んでもらえるのでしょうか。


それには、読み手を文章に
引き込む必要があります。


つまり、


読まないの壁 = 引き込む


となるわけです。


では、どうやって引き込めば
いいのでしょうか。


引き込む方法は、たくさん
ありますが、


今日はその中でも一番、強力な
物語で引きこむ方法を紹介します。


まず、なぜ、物語で引きこむ
ことができるのかと言うと、


人は物語が大好きだからです。


実際のところ、


物語は大切だよ!


物語を見ないとダメだよ!


と、教えられて物語を見ている
人はいないと思います。


つまり、子供の頃から物語は
強要されなくても、教えられな
くてもなぜか、好きなわけです。


漫画やドラマ、小説、体験談...


すべては、物語になっています。


なので、物語を書けば、読み手
は自然と引きこまれるわけです。


もしかしたら、あなたは、


物語が重要なことは分かったけど、
いきなり興味深い物語と言っても...


そう思うかもしれませんね。


ですが、心配は入りません。


なぜなら、物語にはパターン
があるからです。


もちろん、私がブログに書いた
方法でも、簡単に物語を作ること
ができます。

その記事はこちら



ですが、パターンを理解すると、
さらに読み手を引き込む物語を
作ることができます。


そのパターンを3つ紹介すると、


1、意外な結末から、時間を
  さかのぼるパターン

2、人格、能力、立場などが低い
  主人公が成長していくパターン

3、日常を舞台に非日常的な事件や
  イベントが起きるパターン


といった感じです。


それぞれ例を挙げると、


一つ目のパターン。


嫁が救急車で運ばれました...

というのも3時間前のこと...

嫁が言い出したある一言が
事件の発端です...


という感じに、


事件や出来事の詳細を時間と
ともに紐解いていく物語。


二つ目のパターン。


毎朝、起きて今日も会社に
行きたくない...と言っていた私が...


あることをきっかけに、その
考えが180度変わり、楽しい
人生を送れるようになりました...


そんなマイナス思考の私の頭を
ハンマーで殴ったような衝撃を
与えた“あること”とは...


という具合に、


ダメだった主人公が何かを
きっかけに成長していく姿を
描いた物語。


三つ目のパターン。


平凡な毎日を送っていた私です
が、ある日、突然、親戚の女の
子が家に転がりこんできて...


そこから、私の平凡な人生が
エキサイティングな人生に変貌
しました。


というのも、彼女は...


といった感じに、


普段の平凡な日常をベースに
非日常なことを際立たせる物語。


これが3つのパターンになります。


もちろん、これ以外にもパターン
がありますが...


この3つが王道のパターンに
なります。


なので、これを意識するだけで、
読み手を引き込む物語を作る
ことができます。


長くなったので、まとめると、


1、読まないの壁を超えるには、
  読み手を引き込む必要がある

2、読み手を引き込む一番の方法は
  興味深い物語を語ること


そして、


物語にはパターンがあるので、
先ほどお伝えした、


1、意外な結末から、時間を
  さかのぼるパターン

2、人格、能力、立場などが低い
  主人公が成長していくパターン

3、日常を舞台に非日常的な事件や
  イベントが起きるパターン


この3つのパターンを参考に
して、物語を作る。


ということです。


先ほども言いましたが、物語は
読み手を引き込むのに、最も強力
な方法です。


ぜひ、参考にしてみてください。



タグ:

カテゴリ:集客  [コメント:1]

プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

ネットビジネスで稼ぐために必要なこと
稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ