メルマガの反応を高める方法

目安時間:約 5分

メルマガでアフィリエイトを始めているが
成果が上がらない人が多い。

そんなあなたにお伝えします。

まず、メルマガの反応が悪い原因は
大きく分けて2つあります。


1、集めている読者の質が悪い
2、メルマガのコンテンツが悪い


このどちらか、もしくは両方です。


この2つを改善すれば、反応率を
高めることができます。


それでは解説していきましょう。


------------------------------
1、集めている読者の質が悪い
------------------------------


まず、集めている読者の質が悪いと
当然、反応は悪くなります。


とくにライバルが多いところや
差別化が難しいところから集めて
くると反応は薄くなります。


無料レポートスタンドがいい例です。


一番、反応がいいのは、地道ですが、
自分独自のメディアで集める方法です。


例えば、ツイッターやフェイスブック、
ブログなどです。


これは自分を知ってる、かつメルマガ
に興味を持った人が集まるからです。


実際に無料レポートスタンドで集めた
読者とブログで集めた読者の反応率は
10倍くらい違います。


なので、無料レポートスタンドと並行
して自分のメディアを育てることが
大切です。


一番、簡単なのはツイッターなので、
そこから読者を集めてもらえればと
思います。


フォロワーの質にもよりますが、
フォロワーが1万人くらいになれば、
メルマガの読者を毎日15人くらい
集めることができます。


ツイッターは1日、2日でフォロワー
を増やせないので、今のうちからコツコツ
増やしておくことが大切です。



------------------------------
2、メルマガのコンテンツが悪い
------------------------------


次にメルマガのコンテンツについてです。


これはいくら質の高い読者を集めて
きてもコンテンツが悪ければ次第に
反応は薄くなっていきます。


まずは、アフィリエイトは広告ビジネス
ですから、広告ビジネスの基本をきちん
と押さえておくことが大切です。


広告ビジネスは3つの要素によって
成り立っています。


1、媒体
2、コンテンツ
3、広告


この3つです。


例えば、テレビの場合。


媒体がテレビ、コンテンツは番組、
CMが広告になるわけです。


考え方はメルマガもテレビも一緒です。


つまらないテレビ番組は見る人が
少なくなり、視聴率は落ち、いずれ
なくなります。


また、コンテンツである番組が少なく、
CMばかりでも見る気がしません。


大切なのは、コンテンツと広告の
バランスです。


コンテンツが少なかったり、広告が
多かったりすると反応は落ちていきます。


反応が悪くなってきたら、


1、一旦、広告を入れるのをやめる
2、コンテンツの質を高める


この2つをやってみてください。


それと、読者の方が求めていない
情報を一方的に送っても反応は薄く
なります。


なので、読者の方がどんな情報を
欲しがっているのかを聞いてみる
ことも大切です。


定期的にアンケートを取ってみると
いいと思います。


アンケートにはSurveyMonkeyという
ツールがおすすめです。

https://jp.surveymonkey.com/


メルマガでの反応が悪くなってきた
ときは集めている媒体を見直す。


そして、コンテンツの見直す。


これでほとんどの場合、改善できます
ので、ぜひ、実践してみてください。



知らないと損をするSEO

目安時間:約 4分

この商品をどうやって売ったらいいのか
教えてください、という感じの相談が
ほとんどです。


商品を売るには、まずはじめに誰より
も商品について詳しくなることが
大切です。


まともに商品のことを知らないのに、
売ることなんてできないですからね。


おかげでいろんな業界に詳しくなった
ので感謝です。



さて、今日は少し集客についてお話
したいと思います。


ビジネスを自分でやったことがある人
であればよく分かると思いますが、
ビジネスをやる上で一番、大変なのは
集客です。


これは私も繰り返し言ってきている
ことなので、分かっていただいている
と思います。


いい商品があっても、いいブログが
あっても、いいメルマガがあっても、
そこに人が見に来なければ何にも
なりません。


砂漠の真ん中にあるお店と一緒です。


ですが、闇雲に人を集めようとしても
簡単に集まるものではありません。


ほとんどの人はどうやって集客するか
を必死に考えています。


例えば、集客するのに、

・フェイスブックを使おう
・SEO対策をやってみよう
・ブログをやってみよう
・ジョイントベンチャーをやってみよう

いろんな方法を考えます。


もちろん、方法としては正しいのですが、
しっかりとしたフックがなければ集客は
成功しません。


何をフックにすれば、興味をもって
もらえるのか。


ここを考えないといけないわけです。


これなら、100人中100人が興味
を持つだろうと言えるようなフックを
考えないといけません。


最速で10億を稼ぐことで有名な
起業家のエブン・ペーガンの言葉で、

------------------------------

1番自信のある商品こそ無料で配布しよう

------------------------------


というものがありますが、そこまで
やるからこそ最強のフックが出来上がる
わけです。


何のフックもなしに集客をしようとすると、
お金と時間が無駄になる可能性が高いので、
注意が必要です。


フックを用意したら、あとは人を集めて
リスト化するだけです。


方法はいろいろありますが、安定的に
人を集めるには、SEOが効果的です。


SEOと言うと難しそうに聞こえますが、
ある法則にしたがって対策するだけで
アクセスを増やすことができます。


どんなシーンでも使える方法なので、
勉強しておいて損はないと思います。


無料で学べるものを紹介しますので、
下記のリンクから学んでくださいね。

SEO1
SEO2


確実に、知っておくべき内容です。


タグ:

カテゴリ:SEO  [コメント:0]

稼ぐためには集客から始める

目安時間:約 4分

この商品をどうやって売ったらいいのか
教えてください、という感じの相談が
ほとんどです。


商品を売るには、まずはじめに誰より
も商品について詳しくなることが
大切です。


まともに商品のことを知らないのに、
売ることなんてできないですからね。


おかげでいろんな業界に詳しくなった
ので感謝です。



さて、今日は少し集客についてお話
したいと思います。


ビジネスを自分でやったことがある人
であればよく分かると思いますが、
ビジネスをやる上で一番、大変なのは
集客です。


これは私も繰り返し言ってきている
ことなので、分かっていただいている
と思います。


いい商品があっても、いいブログが
あっても、いいメルマガがあっても、
そこに人が見に来なければ何にも
なりません。


砂漠の真ん中にあるお店と一緒です。


ですが、闇雲に人を集めようとしても
簡単に集まるものではありません。


ほとんどの人はどうやって集客するか
を必死に考えています。


例えば、集客するのに、

・フェイスブックを使おう
・SEO対策をやってみよう
・ブログをやってみよう
・ジョイントベンチャーをやってみよう

いろんな方法を考えます。


もちろん、方法としては正しいのですが、
しっかりとしたフックがなければ集客は
成功しません。


何をフックにすれば、興味をもって
もらえるのか。


ここを考えないといけないわけです。


これなら、100人中100人が興味
を持つだろうと言えるようなフックを
考えないといけません。


最速で10億を稼ぐことで有名な
起業家のエブン・ペーガンの言葉で、

------------------------------

1番自信のある商品こそ無料で配布しよう

------------------------------


というものがありますが、そこまで
やるからこそ最強のフックが出来上がる
わけです。


何のフックもなしに集客をしようとすると、
お金と時間が無駄になる可能性が高いので、
注意が必要です。


フックを用意したら、あとは人を集めて
リスト化するだけです。


方法はいろいろありますが、安定的に
人を集めるには、SEOが効果的です。


SEOと言うと難しそうに聞こえますが、
ある法則にしたがって対策するだけで
アクセスを増やすことができます。


どんなシーンでも使える方法なので、
勉強しておいて損はないと思います。


無料で学べるものを紹介しますので、
下記のリンクから学んでくださいね。


SEO対策とウェブマスターツール入門


団塊世代の応援! 超初心者でも検索上位



確実に、知っておくべき内容です。


タグ:

カテゴリ:集客  [コメント:0]

プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ



お名前

メールアドレス


最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ