数値化出来ないから稼げない

アクセス数
客数
新規客数
客単価
購買頻度
売上
などなど

何故数値化をしなければならないかというと
稼ぐことが出来ない時に
どこに原因があるかがわかります。


感や予想では無く
実際に数値化をし、原因を明確にするのです。


原因の明確化ができれば
後は、それを対策するだけです。

1つの対策が成功し、次に原因が発生しても
同じやり方で原因を対策していけば
最終的に稼げない事はない。


稼ぐことが出来ない人は、数値化をせずに
あっちこっちを感や気分で変更しているから
稼ぐことが出来ないのです。

手順を1つ1つ確実にやっていくことによって
稼ぐことができるのです。


面倒かもしれませんが、これが確実に
稼ぐことができる方法、手順です。


これは大切なことでしっかり覚えておいて下さい。



メルマガ限定の情報もありますので
ご興味があればご覧ください
ここをクリック
↓ ↓ ↓
https://beast-ex.jp/fx3924/2



お客様の気持ちを理解する

ある本で読んだのですが
人がものを買う時の
『心の流れ』
これがとても興味を引きました。

ものを紹介するときでも
人がものを購入する時のどの状態にあるかで
紹介方法は全然違って来ます。

この判断を間違えると、全く売れない。

もし、あなたがいくら宣伝しても売れないと
言うことなら、紹介している人とあなたの宣伝方法が
合っていないことが多いので確認して見て下さい。


私は、この事を知った時から
宣伝方法を変えて行ったところ
少しずつ売れるようになったのです。

宣伝している内容を、見たい時に
興味を持ってもらわなければ
いくら宣伝をしても、意味がありません。

これが、宣伝をしても売れない理由なのです。


売れる人って言うのは、この辺をよく理解して
宣伝をしています。

だから売れるのです。


ものを売る為には、色々な方法を見てきたと
思いますが、全てにおいて共通して言えることは
『お客様の気持ちを理解する』
これだけです。

お客様の気持ちが分からなければ
お客様のほしいものや、興味のあるものがわかりません。


『お客様の気持ちを理解する』
この事を常に意識する事を
忘れずにしてください。


細かい事は、メルマガでお伝えしていますので
興味があればご覧ください
https://beast-ex.jp/fx3924/2


マーケティングを知ったら売上が●●倍に

フィリップ・コトラーはご存知でしょうか?

マーケティングではとても有名な人です。

一度検索をしてどんな人かを調べてみてください。

さて、そのコトラーさんは、人がものを買う時の心理的な
プロセスを以下の様になると言っています。
問題認識
↓↓
情報探索
↓↓
代替製品の評価
↓↓
購買決定
↓↓
購買後の行動

という5段階の購買決定プロセス言っています。


どうでしょうか
あなたは、ものを購入するときは、
同じようなプロセスでしょうか?

一度よく考えてみてください。


この、プロセスが分かることで
どのようにセールスをすればいいのかが
分かるようになります。

これがとても大切なことなのです。


人の気持、心が読めることができれば
人をコントロールすることは簡単なことです。

だから、購買のプロセスを知ることが大切なのです。


一度こちらの本を読んで見て下さい。
http://directlink.jp/tracking/af/384633/52uBrf0t/

これからのあなたに絶対にプラスになります。


質問、疑問等があればこちらへご連絡ください。
https://beast-ex.jp/fx3924/16




顧客視点のマーケティング

マーケティングで4Pは有名ですが
4Cというものが有ることはご存知でしょうか?

4Pが知らないかもしれませんので
さらっと、お伝えします。

4Pとは、以下の頭文字のPを取って4Pです。
・Product(製品)
・Price(価格)
・Promotion(販売促進)
・Place(販売ルート)

詳しいことは、「4P」とかで検索をしてみれば出てきますので
検索をしてみてください。

今回の本題は「4C」です。

それでは4Cとは・・・
・Customer Value(顧客にとっての価値)
・Cost to the Customer(顧客の負担)
・Convenience(入手の容易性)
・Communication(コミュニケーション)

顧客の視点を重視したマーケティングの考え方である。

それでは、4Cの意味についてお伝えします。

Customer Value(顧客にとっての価値)
その製品・サービスが顧客にとってどんな価値をもたらすか
という視点で考えることが、最初のステップとなる。

Cost to the Customer(顧客の負担)
その価値を手に入れるのにどれだけのコストが
掛かるかである

Convenience(入手の容易性)
入手の容易性は、近くのどこの店にもあるものやネットで24時間
入手可能など、顧客の利便性に焦点を当てた考え方である

Communication(コミュニケーション)
コミュニケーションである


もっと、詳しく知りたい場合は、メルマガでお伝えしていますので
下記をクリックしてください。
https://beast-ex.jp/fx3924/4



 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ