ブログ、メルマガで売れるための文章の書き方

目安時間:約 4分

今回は、ブログ、メルマガで売れるために必要な文章の書き方についてお伝えします。


現在では、ネットが身近に使えるようになっているため、多くの人がネットを通じて情報発信するようになりました。

情報発信することで、自分だけの世界を作ることができるようになり個人でも多くの人へアピール出来るようになりました。

情報発信であなただけの世界を作ってそこに人が集まれば、あなたのファンが生れるようになります。

ファンが生まれるような文章を書くことが出来れば、ビジネスで結果を出し成功することは容易なことになります。


ここで『文章』と言ったときに、小説のような綺麗な文章と勘違いする人が多いのです。


私は綺麗な文章には全くこだわっていません。

私がこだわっている文章とは、読みやすく、わかりやすい文章です。

人は、読みずらい、わかりにくい文章を読んだときは、読む気を無くし、眠くなります。

結果的に、頭の中には何も残らす無意味な文章となってしまうのです。


だから、文章は綺麗に書く事にこだわるより、読みやすく、わかりやすい文章を書くことにこだわるべきなのです。


勘違いしている人が多いのですが、綺麗な文章を意識してい書いている人は商品を売ることは難しいのです。


あなただけの世界を作りファンを集めて、何らかのビジネスを展開していこうと思っているのであれば綺麗な文章にこだわる必要はない。


こだわらなければならないものは、あなただけの世界観です。

あなたの世界に入ることで、どれだけ「楽しいか」「役に立つか」「悩みを解消できるか」などを具体的に、わかりやすく書くことにこだわりをもってください。

綺麗な文章でなくても、ビジネスで結果が出る文章を書くことは出来ます。


そしてもう一つ、文章は深みと重みがないといけません。


深みと重みを出すために、文章は心の底から書かなければなりません。


軽い気持ちで表面的に綺麗な文章で、綺麗な言葉を使っていても、心の底から書かれていなければそれは相手に伝わらない文章になるのです。


そこで、いままでの事を踏まえて、文章を書く上で最も重要な3つをレポートにまとめましたのであなたにお渡し致します。


無料でお渡ししますので、少しでも興味があれば下記をクリックしてお受け取りください。
http://virtualinformer.com/af/bmcopy



ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓


【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry






人間心理で読み手の興味・関心を掴む文章の書き方〜コピーライティング〜

目安時間:約 5分

広告文において、何はともあれまず必要なことは、読み手の興味・関心をもってもらうことです。


あなたは、このブログ内にある記事を読んで興味・関心をもってもらうことが重要だと気づいたはずです。

どのような思いで記事を読んでいたのかは私にはわかりませんが、少なからず数十記事の内容は、私がお金を払って一流のコピーライターから学んだ手法を集約したものです。

また、現在も私が広告文やブログ記事等を書くときの手法そのものです。


そんなコピーライティングの手法を隠すことなく書かせていただきました。

また、多少簡略的に書いたところもありますが、その辺については私のメルマガ講座でレポートとして配布しております。


なぜ私がそんなことをしているのかと言いますと、その答えは一つだけです。

あなたに信用されたいから。

私がそこら辺の詐欺っぽい起業家やアフィリエイターとは違うということを。


そもそも、お金というものは人をダマしてまで得ようとしてはいけません。


「ビジネスは、相手からもらう金額以上のものを提供すること。それが需要と供給を成立させる唯一の手段である」

ということを何かの本で読んだことがありますが、私もアフィリエイトをしている傍ら(かたわら)本当にそう思います。


そして、私が使っているコピーライティングの手法は、まさにそのことを物語っていると感じてもらえると幸いです。


コピーライティングを学ぶにあたり、これまで私は数十万円使ってきましたが、決して後悔はしていません。


私としては、コピーランディングを使うことで信用を得る広告文が書けるようになることが大きなメリットだと思っていますから。




では、人間心理に基づいた読み手の興味・関心をもってもらうためのテクニックをお伝えします。


・読み手がコピーのページにアクセスした時、画面に映ったヘッドコピーの質を高める。

・そして興味を抱いた読み手が次にする行動は流し読み。

・その流し読み(スクロールするということ)の時に、おもわず読んでしまうような文章や見てしまうような画像を1〜2スクロールの中に入れていく。

・そこでさらに興味・関心を引くことができたならば、読み手はコピーの始めに戻って一字一句読み直す。

・ここまでが1つの区切り。

・しかし、せっかく興味・関心を引くことができたのに、コピーの内容がお粗末なものであると、読んでいる途中にでもそのコピーから離脱していく。

・コピーの内容も大切。(コピーの内容については、また別の記事で解説していきます。)


このように、コピーライティングを学ぶことで興味・関心がもたれなかった広告文が、興味・関心をもってもらえる広告文へと変わるのです。

そうなると、あなたが書いた広告文から今までがウソのようにものが売れ始めるのです。

人は、感情でものを買います。

この感情をコントロールすることができるテクニックが『コピーライティング』なのです。


コピーライティングを学ぶならこの2点がおすすめです。
★Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)
★コピーライティングの力2



ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry



文章に引き込まれなければ読まれない、読まれる為のコピーライティング

目安時間:約 8分

まず、一番に頭に入れてほしいのが「文章は読まれない」と思ってください。


文章は読まれると思って書く文章は、引き込まれません。


だから、最後まで読んでもらえないし、購入にもつながらないのです。


そこで、今回は読みやすい文章のポイントを紹介していきます。

ポイントは4つあります。

1.簡潔であること

2.語尾に気を配る

3.ひらがなを使う

4.ブラウザチェック


かなり基本的でライティング全般に精通している内容も多くありますが、どれも重要ですのでそれぞれの詳細についてお話ししていきます。



1.簡潔であること

長々と綴られた文章は読みにくいばかりか、読む気が失せてしまいます。

記事を見ようとしたけど読みにくそうだから読むのを止めた。

あなたもそんな経験が1度や2度はあるかと思います。


例えばこんな文章

『今回はコピーライティングについてですが、そもそもコピーライティングとは何なのかということから説明すると〜』


この文章は短めなので読めないということはないかと思いますが、

このような構成が続くような文章はものすごく読みにくいはずです。


読みやすくするためには、一文を1〜3行で区切ります。


さきほどの例文を簡潔にすると・・・

『今回はコピーライティングについてです。そもそもコピーライティングとは何なのか? コピーライティングとは〜』


こちらの方が読みやすくて内容も頭に入りやすいはずです。


また、区切りと合わせて改行を適度に入れることで、より読みやすい文章になります。


内容を理解してもらうには理解してもらえる文章を書く必要がありますので、簡潔であることはとても重要というわけです。



2.語尾に気を配る

読みやすい文章にするためには語尾にも気を配ります。


ちなみに印象が良いのは『ですます調』です。


「〜だろう」

「〜だ」

という言い切りは上から目線で嫌う人が多いので、特に目的がなければ『ですます調』で書くことをおすすめします。


そして、同じ語尾を続けないというのも読みやすい文章にするためのポイントです。


例えば、

今回はコピーライティングについてです。

コピーライティングはとても重要です。

ネットビジネスで必須スキルです。


このように、同じ語尾が続いてしまうと文章が単調になってしまい、リズミカルに読み進めてもらうことが出来ません。


「です」

「ます」

「でした」

「でしょう」

などを使うことで文章にメリハリが出て違和感のない文章になります。


ですので、文章を書いていてあまり同じ語尾が続くようでしたら、意識的に変えてみるといいです。



3.ひらがなを使う

漢字が多い文章はよみづらくて理解し難いです。


例えばこの一文

「文章に平仮名を使う事で読み易くなります」

漢字にできるところは全て漢字になっています。


短文ですが、おそらく読みにくいと感じるはずです。


ですので、あえて「ひらがな」を使います。


例「文章に平仮名を使う事で読み易くなります」

ひらがなを使う
⇒「文章にひらがなを使うことで読みやすくなります」

適度にひらがなを使った方が明らかに読みやすいはずです。


ひらがなの効果は読みやすくなるだけではありません。


ひらがなの字体には曲線が多く、やわらかい印象を与えます。


ですので、ひらがなを使うことで親しみやすい文章になるという効果もあります。


そして、これは言葉に関することなのですが、たまに難しい言葉を頻繁に使っている方を見かけます。


読み手に知的だと思ってもらいたいという理由で、あえて使っている場合がありますが、少なくともネットビジネスでは自分の知識をひけらかすために文章を書くわけではありません。


ネットビジネスで文章を書くのは何かを伝えることが目的なので、ストレス無く読み進めることのできる文章が絶対条件です。


ですので、難しい言葉を無駄に使わないということです。



4.ブラウザチェック

Web上にある記事はパソコンで読まれるだけではなく、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末で閲覧されます。


そして端末によって記事(文章)の見え方が違うので、主要端末やブラウザで自分の記事がどう見えるのかを確認する必要があります。


確認することは以下の3つです。

改行・・・読みやすい改行がされているか
文字化け・・・端末によって文字化けしていないか
型崩れ・・・端末によってサイトの構成が崩れていないか


端末でしたら、「パソコン」「タブレット」「スマートフォン」で確認。

特に最近はスマホユーザーがかなり多く、媒体によっては9割以上がスマホユーザーというケースも珍しくありません。

実際に僕が運営しているサイトの1つはスマホユーザーが95%ですので、スマートフォンでの確認は必須です。


そしてブラウザでしたら「IE(Internet Explorer)」「Google Chrome」「Firefox」「Safari」などの主要ブラウザを確認します。


ちなみに型崩れに関しては、端末に合わせて画面サイズが調整されるRWD(レスポンシブ・ウェブ・デザイン)を採用する必要があります。

ワードプレスであれば、RWDが採用されているテーマ(テンプレート)を選ぶことをおすすめします。

私のブログのテンプレートは、これを使っています


コピーライティングを学ぶならこれだ!!
★Catch the Writing(キャッチ・ザ・ライティング)
★コピーライティングの力2




ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry


プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ

メルマガはこちらです

『モノが買いたくなるキーワードを使い顧客購買心理を刺激する』をお配りしています。

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ