この人は『信用できる』と思わせる方法

自分では一生懸命、メルマガやFacebook、Twitterなので
伝えているのになぜか相手からの反応が無い

そんなことはないでしょうか?

「あー・・・信用されていないのかな??」って思ってしまいますよね。

信用されるか、信用されないかで、あなたの立場は大きく変わります。


お客様から、
・あなたからの情報を待ってました
・あなたからの情報なら信用します
・あなたからの情報なら購入します。


このように、信用を得ることができれば
言い方が悪いが、あなたの思い通りにする
ことが出来るのです。


それでは、人に信用される伝え方をお伝えします。


女性、男性を口説くときにも使えますよ。


人に自分の思いを伝える方法は
いろいろな方法があります。


代表的なのは、コピーライティングです。



コピーライティングには、色々なテクニックが
ありますが、基本的な部分をお伝えします。


テクニックをお伝えしてもいいのですが
テクニックと言うものは、基本が出来ないと
テクニックは有効的に使えません。



まずは、下記をクリックして
基本をしっかり身につけてください。
http://wp.me/p72lAW-r9




コピーライティングで10倍売上を上げる10ポイント その2

1〜5はこちら
http://wp.me/p72lAW-r9


6.具体的に書く

基本的に、「10万人に売れた掃除機」よりも、
「9万8241人が買った掃除機」と言った方が具体的で説得力がある。
前者のような大雑把な数字を使っているコピーが多いのは、
単純に、正確なデータを取っていないからだ。

読み手の視点で見ると、
前者の数字は売るための誇大表現と見られ、
後者の数字は商品の品質や価値が確かなことの
証拠として受け止められる傾向がある。

このようにちょっとした見せ方の努力の違いが、
読み手の印象を左右する。

7.競合の得になる表現は避ける

これは、化粧品や食品などの消費材のセールスコピーで良く見られる。
例えば、空気清浄機を売るためのレターで、
いかに外の空気がホコリやバイ菌にまみれているかを伝えたとしよう。
すると、自分のところの製品だけでなく、
競合の製品まで購入対象になってしまう。

それでは競合他社の製品のアシストをしているようなものだ。
それにも関わらず、この間違いをしている企業は、
大手や中小を問わず非常に多い。

空気清浄機を売るためのセールスコピーを書くなら、
まだ空気清浄機に興味のない人より、
既に空気清浄機を必要としているターゲットに対して、
なぜ、あなたの会社の空気清浄機を選ぶべきなのかを伝える方が楽だ。

8.小手先の表現は避ける

 明らかに意味のない小手先の表現は避けよう。例えば、キャンディを売る時に、「みんなのお口に」というような表現をしたところで、全く効果はないし明らかに嘘だ。そのキャンディをみんなが食べているのではないということはすぐに分かる。

うまい表現で、読み手やクライアントを関心させようというライターほど、このような小手先の表現に走りやすい。結果、彼らは売上を上げるコピーを書くことはできない。コピーライターは、常に売上という結果を出すために書く。

売上に直結しないお利口な表現にこだわるコピーライターは二流以下ということだ。

9.必要なものを全て説明する

 セールスコピーを書く時は、読み手は一回しか読んでくれないと仮定して書こう。一人の見込み顧客と接触するチャンスは一回しかないのだ。

その一回の接触で、少しでも多くの人に、お金を出してあなたの商品を手に入れてもらうために、必要な情報をすべて伝えなければ行けない。一度きりの出会いを無駄にしないためにも、購入につながるセールスポイントを余すところなく伝えよう。

もちろん、必要なものだけを伝えるのであって、必要以上を伝えようとしてはいけない。その見極めができるようになると、もう初心者の域を抜け出していると言える。

10.行動を強く促す

 コピーライティングの最後は、必ず、お申し込みや注文を強く促すようにしよう。

せっかくキャッチコピーで読み手の注意を引き、ボディコピーで欲しい気持ちになっているのに、最後の最後で押しが弱いと、読み手は、「また今度買おう」と、決断を先送りにしてしまい、二度と戻ってこない。

最後まで読んでくれた人には、今すぐに何をすべきかをしっかりと伝えよう。

『成約率を5倍にしてくれたクロージング手法』でお伝えしているクロージングのテクニックを参考にして、成約率を高める工夫をしよう。

最後に

 ここでお伝えした内容をあらためて読み返してみると、基本的なものばかりだということが分かる。しかし、様々な広告やセールスレターを見ていると、それすら守れていないものが非常に多い。

あなたが、コピーを書く時は上の内容を忘れないように注意しよう。

そして、一つ一つの小さなことの積み重ねで、結果に大きな差が生まれることを覚えておこう。


1〜5はこちら
http://wp.me/p72lAW-r9



コピーライティングで10倍売上を上げる10ポイント

あなたが書く文章の反応率は、
ちょっとしたルールを知ることで簡単にUPさせることができる。

セールスレターもブログもメルマガも同じで、
細かい部分を意識するだけで、
コピーの反応率が5倍にも10倍にすることができる。

今回、お伝えするのは、どれもほんのちょっとした
コツのようなものだが、これらを守ってコピーを書くと
説得力は格段に向上します。

どのような文章を書く際にも参考になりますので
1〜10をしっかり読んでください。


1.読者目線で書く

特別な理由がない限り、コピーライティングは、
現在形で相手を主役にして書こう。

例えば、暖かいコートを販売するとしたら、
「このコートは、雨も風も寒さも防げます」ではなく、
「このコートを着れば、どれだけ寒い冬でも、ぬくぬくです。」と
書いた方が、読み手は自分のこととしてイメージしやすくなる。

良いコピーは、読者に「これは自分のことについて言われている」と
当事者に思ってもらう事によって、読者の感情を刺激します。

従って、徹底的に読者目線で書くようにすることが大切です。


2.小見出しをする

 小見出しにした方が良い理由は2つある。

①セールスレター全体をじっくりと読まずに、
パラパラと読まない人でも、内容を簡単に把握出来る
②小見出しがなければ、読み飛ばされてしまったかもしれない
文章も読ませる効果がある
わかりやすように、例題をお伝えします。

キャッチコピー:
素人が1週間で、100万円を売り上げるセールスレターを書く講座
小見出し①:
有名なコピーライターの○○氏が、どんな商品にも対応した
セールスレターの7つのテンプレートを提供
小見出し②:
7つのテンプレートをコピーするだけで
売れるセールスレターが書ける理由
小見出し③:
商品を購入せずにはいられなくなるさせる21の魔法の心理操作
小見出し④:
数十万、数百万の利益を得るための9800円を投資して下さい。
小見出しが、必要な情報を手短かに伝えているのと同時に、読み手の興味を注るように構成されている点に注目して欲しい。

3.分かりやすい言葉を使う

セールスレターの一番の目的は、
読み手の注目を商品に向けることでです。

その為、難しい言葉や、専門用語などは使わずに
小学生でも変わる言葉で説明する。

なぜなら、セールスレターの読者は読めない言葉や
意味の分からない言葉があるたびに、
そこで立ち止まってイライラしてしまう。
そして、そんなことが2回もあれば、
その人は、もう他のサイトへと移ってしまい、
2度と戻ってきてくれることはないのだ。

従って、考えなくても見た瞬間に意味が伝わる
簡単な言葉を使うように意識しましょう。

4.コピーライティングは美しい文書ではない

コピーライティングは、証拠や具体的な根拠に基づいて、
お金を払ってでも、あなたの提供する商品やサービスを欲しくなってもらい、
買ってもらうためのスキルだ。

つまり、小説のように美しい言葉を使ったり、
うまく表現しようとボキャブラリーを増やそうとする必要はない。
セールスレターの読み手が、心を動かされるのは、
華やかな言葉を見るからでも、凝った表現を見るからでもない。

読み手の購買意欲を高め、お金を払って、
あなたの商品を買ってもらうために必要なことを
伝えることだけを考えよう。
文法の間違いなど二の次だ。

5.好奇心を刺激し続けること

良いコピーライティングは、読み手の好奇心を刺激し続ける。

初心者のコピーライターに良く見られるミスの一つに、
不必要に伝え過ぎるという点があります。
残念ながら、コピーの中で必要以上に伝えてしまうと、
読み手はそこで満足してしまい、決してお金を払ってはくれない。

例えば、推理小説を買おうとしているのに、
本の帯に犯人の名前がズバリ書いていたら、
一気に買う気が失せ、本を買わなくなるだろう。

これをしてしまっているライターは非常に多い。

「トップセールスマンの営業方法」でセールスレターを書くとしたら、
その方法そのものを書いてはいけない。

肝心の中身は、商品を買うまでは決して分からないようにしておこう。


6から10までは、こちらです
http://wp.me/p72lAW-rb


最近読んだ本の中でおすすめの本です。
お客に困らないということは、ビジネスにおいて
どれほど重要なことなのかわかりますか?
『一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術』
http://cs-x.net/sk/c/04081.html



読まない!信じない!行動しない!を乗り越えろ

あなたは、ブログで情報発信をしていると思いますが、

誠に残念ながら

・読者はあなたが書いた文章を読みません!
・読者は書いてあることを信じません!
・読者は行動しようとしません!

厳しいですが、これが現実です。

この事を、3つのNotとも言われています。

つまり、あなたが情報発信をしていくうえで
1つ1つ、この3つのNotを乗り越えて行かなければ
まったく意味のない情報発信になる、ということです。

では、どうやってこの3つのNotを乗り越えていくのか?

今回は3つのNotの乗り越え方についてお伝えします。

まず、最初に。。

1.『読者はあなたの書いた文章を読みません』

驚かれるかもしれませんが。。
これが現実です。

例えば、Facebookで「いいね!」をもらっていたとしても
まともにその投稿を読んでいる人はほとんどいない、ということです。

ただ、「いいね!」しているだけと言ってもよいでしょう。

では、なぜそうなるかというと。

基本的に、書いている文章が

自分のことばかりを言っているからです。

自分が書きたいことを書く。
自分が言いたいことを投稿する。

こんなことをして、
読者が読みたいと思いますか!?

当然、読みたいと思わないですよね。

読者の立場に立っていないということです。

では、どのようなことを書けばいいのかと言うと、
どのようなことに悩んでいて、
どのような問題を抱えているのか、

そして、

どのような解決策をのぞんでいるのか、
どのような将来像を描いているのか、

ということをしっかりと理解したうえで
情報発信をしなければ読んでくれません。

さらに、読んでもらうには、読者の心を鷲掴みするよな
仕掛けが必要なります。

例えば、

興味を惹きつけるようなタイトルをつける。
記事の書き出しから引き込まれる。
ストーリー形式で読みながら引き込まれる展開にする。

などの工夫が必要になります。

特に大事なのはタイトルです。

タイトルがダメなら、絶対に1文字も本文を読んではくれません。

なので、惹きつけるようなタイトルを考えてください!

次に、読んでくれたとしても、
読者は書いてあることを信じようとはしません。

恐らくあなたも経験があるのではないでしょうか?

セールスレターやダイレクトメールなどを見たときに
嘘でしょ、これ。。と思ったこと。

まさにそれです。

あなたが思ったことは、当然、他の人も思うんです。

なので、記事を読んだときに、信じてもらうには
主張を裏付ける根拠やデータが必要です。

代表的なものは、お客さまの声。

実際に商品を購入した利用者の感想を提示することで
主張に対する客観的な裏付けをしていきます。

例えば、ダイエットで痩せたというのであれば、

痩せる前と痩せた後の写真を載せる。
健康診断の結果を見せる。
痩せて美しくなった現在の姿を見せる。

など根拠を示してください。

さらに、読者は行動しません。

典型的なのが、自己啓発書。

自己啓発書を読んで、やる気になっても
9割以上の人が行動しないのはまさにこれです。

人はとにかく行動しない!!

これを前提に対策を考える必要があります。

では、どうやったら行動してくれるようになるかというと。。

いくつか方法がありますが、

行動しやすいように、行動してもらう内容を具体化する。
行動しないことで起きる不利益を示す。
行動しろと連呼する!!!!

などの方法がありますが、

これは相手がどういうタイプの人なのかによって
効果が大きく変わってくるので

最低でも上記の3つの方法について全部試してください。

以上、3つのNotの対策についてお話しました。

3つのNotについては、
どんな人であっても乗り越えなければいけない
壁だと思ってください。

この本は3Notを乗り越える方法がさらに具体的に説明しています。
http://cs-x.net/sk/c/04086.html

当然、わたしも常にこの3つのNotについては意識しています。

普段、情報発信するときは
3つのNotをどうやって克服するかということを
意識しながら文章を書くとよいでしょう。

意識するのと、しないのでは、結果が大きく変わってきます。

意識して文章を書くと、相当文章力が鍛えられるので
ぜひ日々の情報発信をするときに意識してください!!



読まれるブログの書き方

今回は、ブログを開設したばかりの新米ブロガーが
ほぼ間違いなく失敗しちゃうブログの書き方についてお話します。

今回の記事を読んで、ちゃんと実践してもらえれば、
「最後まで読まれるブログ」を書くことができますので、
「ブログの書き方がわかんないっ!」とお悩みの方は最後まで読んでみてください!

本題に入る前に、ブログにおける厳しい現実を知っておいてください。

世の中にある全てのブログは大きく2つに分けられます。

読まれるブログ
読まれないブログ

この2つに分かれます。

当たり前と言えば当たり前ですが、読まれないブログは悲惨です。

私は、アクセス数もそれなりにあるので「読まれている」と
思っていませんか?

ここで大きな勘違いがあります
「読まれる」と「アクセスがある」ということは
全く違います。

その違いってわかりますよね?


いくらアクセスがあってブログに来てくれても、
入り口に入った瞬間に帰られちゃったら残念ですよね。

私たちはアクセス数のためにブログを書いているんじゃなくて、
伝えたいことがあって、読んでもらいたいから書いてるはずですよね?

そうしなければ、稼ぐことはできませんからね。

アクセス数1000件、10000件,100000件があっても
読まれなければ意味がない事を自覚してください。

というわけで、今日お伝えするのはアクセス数を増やすのではなくて、
「読まれるブログにするため方法」をお伝えします。


お伝えしたいことは、以下の4つになります。

1.読まれるブログにするための技術とは?
2.あなたはこんなことを考えたことがありませんか?
3.【具体例】”みんな”に向かって日記を書くと・・・
4.【具体例】”たった一人のあなた(お母さん)”に向かって日記を書くと・・・



【1.読まれるブログにするための技術とは?】
ブログを始めたばかりの頃って、特にアクセス数ばっかり気になるんですが、
100人にサラッと流し読みされるよりも、
たった3人でも真剣に読んでもらいたくないですか?

どうせ最初からたくさんアクセスが集まることはないので、
最初のうちから「読まれる文章」を書く練習をしておきましょう

ではでは、どうやったら読まれる文章になると思いますか?

これから具体的な方法をご説明します。

細かいことを言いだすと色々あるので詳しいところは
他の記事も読んでもらえると嬉しいのですが、
今回はブログ開設したばかりの初心者のぼぼ全員が
間違ってしまうポイントについてだけご紹介します。

ブロガー初心者が気を付けるべき、
読まれるブログにするためのポイントは
「みんなに向かって書かないでください!」
ということです。



【2.あなたはこんなことを考えたことがありませんか?】
ブログは世界に公開されるから、ヘタな事を書いたらクレームが来るかも・・・
多くの人に読んでもらうためにはどのようにしたらいいのだろう?
何を書いたらいいのだろう?
とりあえず書き出しは「読者のみなさん、こんにちは!」かなぁ・・・
う~ん。。

こんなことを考えている人には申し訳ないのですが、
「多くの人」がブログを読むことはありません。

たとえば、料理ブログを書いていたとしたら、
読むのは料理に興味のある人だけです。


もっと言うなら、「読者のみなさん」という人は存在しません。


誰もがそれぞれの人生を、「たった一人」で生きてるわけで、
電車の中でスマホをぼんやり眺めるのも「一人」、
家のパソコンでブログを読むときも「一人」。

それなのにブログを開いた瞬間に
「みなさん、お元気ですか?」
なんてことが書いてあったらどうでしょう?

「みなさんって誰!?!?!?」
ってなっちゃいますよね

だって、あなたに向かって
「みなさん、お元気ですか?」ですよ
変だとおもいませんか?

読者からすると、「みなさん」と言われた瞬間に自分事ではなくなり、
自分には関係ない「他人事」になってしまうのです。


たったの一言ですが、
読者さんに呼びかけるときの言葉を
「みなさん」から「あなた」に変えるだけで
そのブログの記事を”自分事”としてとらえてくれるんです。

他人事として読まれるか?
自分事としてよまれるか?

この違いは大きな差です。


で、ここで勘違いしてもらいたくないのは
「そっか!”みんな”じゃなくて”あなた”を使えばいいんだ!」
と、単純なテクニックととらえてほしくないのです。


大事なのは、細かい言葉遣いではなくて、
「”みんな”じゃなくて”たった一人”に語り掛ける」
ということが大切なのです。


では、具体例を使って説明を致します。

具体例はここからお伝えします
http://form.os7.biz/f/8e2e2c77/







10年後今の仕事で食べていけるか?

あなたの今のお仕事は何をしていますか?

今やグローバル化がどんどん進み
あなたのお仕事が海外へ移行し
あなたのお仕事がなくなるかもしれない。

そんな危機感を感じていないと思いますが
必ず、あなたの仕事が海外へ移行するときが
来ます。

その時あなたは、どうするか?

会社に行っていれば
お金がもらえる。

そんな、考えで仕事をしているなら
真っ先にあなたから首切りにあうことは
あなたも分かっていると思います。

それでは、ここでグローバル化が進むことで
無くなる職業とは一体そんな職業なのか?

・コールセンタースタッフ
・プログラマー
・メーカー開発者
・検査・組み立て工
・計算事務員
・農畜産作業員
・彫刻家
・建築家
・宇宙飛行士
・デザイナー
・プロスポーツ選手
・住宅営業
・人材紹介
・ケアマネージャー
・保険、証券のセールス
・レジ係
・電車の運転手
・通訳
などなど、この他にもあります

かなりの職業の人が職を失うことになるのです。

海外に取られる仕事や、自動化により仕事を失う人が
多くなります。

その時、あなたはどうするか?

どうすることも出来ないのです。

今から常に危機感を持ち、
あなたにしか出来ない仕事をする。

これしかないのです。

他の人多くの人でもできる仕事は
真っ先に無くなって行きますよ。


今、あなたは
「他の人には負けない」
何を持っていますでしょうか?

「無い」
そう思っているなら
今すぐに、これを始めて下さい。
http://cs-x.net/sk/c/04084.html

仕事とは、稼ぐことです。

あなた自身が稼ぐことが出来るようになれば
自分でも稼ぐことが出来るし、
会社に勤めていても会社側は
あなたを手放す事はありません。


そうなれば、仕事が無くなる心配はありません。

これは、どこにいても仕事ができるので
おすすめです。



コピーライティングの効果的な3つの勉強法

あなたは、コピーライティングの勉強はどの様にしていますか?
多分、書籍、教材、塾・・・・・。

こんな感じではないでしょうか?

その中で最も多いのが
書籍、教材です。

この書籍、教材でただ書いてあることを
読んで終わっていないだろうか?

これでは、全く稼ぐことが出来る文章を書くことが出来ません。

コピーライティングと言うものは、
文章を読んだ相手にあなたのさせたいことを
させるためのテクニックになるのです。

例えば、
・ものを購入してほしい
・サービスを使って欲しい
・資料請求をして欲しい
・メルマガに登録して欲しい
いろいろ目的は有ると思います。

その目的を実施させるために
コピーライティングという方法があるのです。

ということは、
勉強して書籍や、教材を勉強しただけでは
あなたの目的は達成できないことがわかりますよね?


では、どうすればいいのか?

そうです、
書籍、教材で勉強した事を実践するのです。


最初の頃は、
『何でこんなに勉強したのに
全然、反応が無いの????』っと
思うかもしれません。


でも、文章を書き続ける数を重ねることで
上達してきます。


この『数を重ねる』ってことができる人は
必ず上達しますが、
10や20で諦めてしまう人は
一生自分の目的は達成できない。


「でも〜、文章を書くと言ってもなんて書いたらよいのか〜」って
思うのは当然です。


そこで、簡単に文章の書を書く練習ができる方法を
お教えします。

それは、コンテンツのレビューです。

Facebook、Twitterなどで誰かのコメントに対して
コメントをすることです。

コメントすることで、第3者があなたのコメントについて
評価をしてくれるので今後何をしたら良いかが分かります。


つまり

「コピーライティング勉強の仕方【初心者に効果的な3つの手法】とは、
まず集中して1つのコンテンツを確認してあなたの言葉で
文章を書き、周りからのコメントを受け今度何をしたら良いかを考えること。」


始めの方は、この教材をお使い下さい
http://cs-x.net/sk/c/04083.html

私が、コピーライティングについて10個以上購入した中で
ズバ抜けて、わかりやすく効果が出た教材です。

それと、最も多くの人が購入し、成果を出している
これです
http://cs-x.net/sk/c/04062.html

この2つがあれば他には何もいらないです。

他のモノに惑わされずに、この2つだけを勉強して下さい。



あなたの商品やサービスが売れない理由

同じ商品やサービスなのに
何故、私は売れないに
他の人からは売れるのか?


この違いを明確に
説明できますか?

説明が出来る位に
徹底的に調べて下さい。


これを調べないで
あれや、これや自分の感で
行っていませんか?


だから、売れないのです。


売れている人がいる以上
売れない理由が必ずあります。


その違いを明確に知る必要があるのです。


この違いを知ることが出来ない以上
あなたからものを買われることはありません。



あなたが売れない理由を
レポートにまとめております。

近日、公開致しますので
見てみたいとお思いでしたら
下記にご連絡を下さい。
http://form.os7.biz/f/51c0c38e/

レポート作成完了しましたら
お送り致します。



良い商品でも伝わらなければ意味がない

どんな価値のある商品も、
どんな価値のあるサービスも、
どんな価値のあるお店も、

その価値が伝わらなかったら、それはお客さまにとって

「存在しない」

ということ。


あなたが感謝をしたいと思っていても、
その感謝の心を伝えなければ、
それは相手にとって存在しないと同じことです。


思っているだけではダメ

『伝える』
これが大切。


では、どのようなことを伝えれば良いのか?

・どういう体験が得られるのか?
・どういう新しい生活と出会えるのか?
・どんなライフスタイルを過ごすことができるのか?
・どういう意味をもっているのか?
・どんな問題解決をしてくれるのか?


お客様がものやサービスを購入したら
お客様にとってどのようなメリットがあるのかを
しっかりと伝えるのです。


これかが出来ていない人が多いのです

だから売れないのです、稼げないのです。

自分にメリット、価値が有ることが伝われば
必ず購入するのです。


逆に、価値が伝わらなければ
購入はしてくれません。


常にどのようにしたら
価値を伝えることが出来るのかを
しっかり考えることが重要なポイントです。


では、どのようにしたら
価値を伝えることが出来るのを
メルマガにてお伝えして行きます。
メルマガは下記をクリックしてください。
http://form.os7.biz/f/5e7de46b/


売れないものを売る

「売れないものなんて、売れないに決まっているだろ」

そう思っていませんか?


売れないものでも得る方法があるのです。


それは、気が付かせることです。

ある商品に対して何の興味もない人には売れない
でも、お客様にはこの商品が必要である事に
気が付かせることで、売れるようになるのです。

この方法は、欲しい人に、欲しいものを売るよりは
難しいが売ることは出来ます。

普段から、この練習をすることで
どのようにしたら売ることが出来るのかを
知ることができます。

このスキルを確実に身につけてしまったら
あなたは何でも売れるようになります。

「欲しい人に、欲しいものを売る」ことは
多くの方がやっていることなので
その中の、お客様を奪い合っていては
中々勝てない。

他の人とは違う方法で売るひはどうしたら良いのかを
考えて見て下さい。

売れないものを売るには、これが一番参考になります。
http://cs-x.net/sk/c/04062.html


 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ