紹介文の書き方次第で収入が10倍に・・・

現在、ブログは何位かな?



あなたは、紹介文をどのように
書いていますか?

紹介文の書き方を間違えると
絶対的に稼ぐことはできません。

稼ぐことができない人は、
いったいどのよな書き方をしているか

「初心者でも」「簡単に」「すぐに」
「月収100万円」

こんな言葉を並べて、
買わせようとしています。

実際に稼いでいる人が言っているなら
説得力があるが、稼いでない人が
それを言ってはいけませんよね。

じゃあ、自分はその方法で稼いで
いるのかといったら、稼いでいない。

中には、稼いでいると偽りをしているが
実際に証拠が無い。

これでは、信用は全くない。

自分の利益ばかりを考えて紹介文を
書いているならすぐにやめてください。

稼ぐことができたとしても、
一時的に過ぎません。

長期的に稼ぐには、信用、信頼は絶対に
欠かすことができません。

それを、偽りで売っても未来はありません。

しっかり自分で実践して、良いものを紹介
していきましょう。

あなたが実際に実践したことを
正直に書きましょう。

そして、稼いでいるなら
必ず証拠を見せましょう。

この証拠を見せる、見せないでは
大きな差があります。

特に、有名でない場合は絶対に必要です。

お客様が喜んでお金を払ってくれる用に
日々、考えてください。

これができようになれば、
あなたの収入はこの先ずっと
膨れ上がります。


この書き方、考え方については
下記をご覧ください。

⇒ http://cs-x.net/sk/c/02716.html

これを見れば、今までの考えが
いかに間違っていたか気が付きます。

そして、明るい未来が見えてきます。


あなたの成功を願っております。


ライティングで伝える力をアップさせる方法

文章は書けるが、商品の宣伝、商品の販売などの
文章を書くことはできないという人が多い。

実際に私も最初のころは、ほとんどコピペで
商品の宣伝、商品の販売などしていましたが
全く売れません。

「何故」「何故」「何故」の毎日でした。

そこで文章を書くということは
簡単そうで実は、かなり難しいことを知りました。

じゃあどうやって上手くなるか

もうこれは色んな人の文章を見て
書いて書いて書きまくるしかないですね

あとは教材とか

結構このライティングについては
ブログでも書いていますのでこちらもご覧ください。

★★★ライティングリンク集★★★

ライティングは中々
一朝一夕で上達するものでもないですよね。

ネットビジネスをする以上
必ず付いて回るライティング。

もうすぐにでも始めた方がいいですよ

ここで1ポイントアドバイス

自分が話すのと同じ感覚で書くのが良いですよ

少々ぶっきらぼうでもね

意外とその方が伝わったりしますから

まぁ色んな人の書き方見て勉強してください

見る事で色々気づきが得られますから

一生使える技が身につきますよ

ただ、色んな人書き方を見るだけでは
意味がないので、色んな人の書き方を見るポイントを
お伝えします。

自分が読んで、商品や教材がほしいと思ってしまう
文章を徹底的に解析するのです。

どの言葉、表なのでほしいと思ってしまったのか?

ポイントを抜き出しながら読んでいくことにより
無料でライティング力は付いていきます。

ポイントを抜き出すことができたら、
今度は、あなたが学んだポイントを使って
文章を書いていけばいいのです。

このようにすれば、ほしいと思ってしまう
文章が出来上がるのです。

このように、無料でしかもすぐに実施できることを
『できない』『難しい』などと言ってやらない人が多い。

『できない』と思うなら、どのようにしたらできるかを考える
必要があります。

『できない』からやめるでは、稼ぐことはできませんよ。

考えるということを、面倒臭いと思わずに考えてください。

今まで、難しくて文章が書けなかったあなたも
これなら今すぐ実施し、学べるので
是非、実施してください。


最後に、もう一つポイントを紹介します。

・町ちを歩く
・流行っているところに行く

「町を歩けば、広告に当たる」と言っていいほど
広告が溢れています。

いつもは気にもしないと思うので周りを見てください。

面白いものや、気になるものを写メなどに撮り、
まくりましょう。

「流行っているところに行く」ことは、
何故、流行っているのか生の情報を手に入れることができる。

それをネットで宣伝や販売すれば収入に繋がっていくのです。

今後、出歩く時はこのことを意識することで
あなたの中の知識レベルは格段にアップしますので
実施して見てください。


コピーライティングスキルで1億円を稼ぐ

私は成功者の自伝が大好きで、
会社の通勤の往復4時間を利用して
読んでいます。

以前は、本も読まず何もしない時は、
片道2時間はとても長く、座るとすぐに寝てしまう
そんな通勤でしたが、大好きな本を読んでいると
座っても寝ないし、「もう着いた」に変わっています。

文章に引き込まれ、集中して読んでしまっているらしい。
最寄の駅に着くことにアラームを設定しておかないと
乗り過ごすほどです。

「引き込まれる」とは、
まさにこのことをいうのだな、と思います。


その頃から、
「文章」というものに強い興味持ち始めました。


そして、為になる名言的なものは、ラインマーカーで
印をつけて、後でノートにまとめるということをしていました。

そして、
今は、その「文章」という道具を用いて、
「人を惹き付ける」という仕事もしている。


コピーライティングが面白いと思うようになった原点は、
自伝にあったのかもしれません。


■ここに、1つのコピーがあります。


1行目を紹介します。


「セックスのことは相談しづらい。」


これを読んで、
どう思いましたか??


”え?それで?”
と思ったかもしれません。


では、2行目です。


「性病のことは相談しづらい。」


”うーん、なんなんだろう?”
”次はどうなるの?”
と思ってしまいますよね。


では、残りのコピーです。


「食べて、吐いてしまうことは相談しづらい。

 夜、眠れないことは相談しづらい。

 カラダのコンプレックスのことは相談しづらい。

 周りから嫌われていることは相談しづらい。

 大人だってそうだもの、子供だったら、なおさらです。」

ここまで読んでも、
まだ「なにをいいたいのか?」と思わせられますよね。


そして、これが最後です。

「今こそ、「学校医」をもっと、役立ててください。日本医師会」


ここまで読むと、
ああ、日本医師会が、子供向けに書いた広告だ、
とわかります。


これはコピーライターの前田知己氏が、
2006年に書いたコピーです。


コピーライターの老舗鈴木康之さんは、
「名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方」のなかで、
コピーを書くときの大原則をこう記しています。


 『1行目は2行目、2行目は3行目』


コピーを書くときは、
1行目がもっとも重要だと言われています。


では、その1行目はどういうコピーを書いたらいいのか??


それは、「2行目を読みたくなるように書く」こと。


そして、
2行目も同じで、
「3行目を読みたくなるように書く」


これは、
アメリカのコピーライターとして著名な
ジョセフ・シュガーマンも
まったく同じことを言っています。


つまり、

「優れたコピーとは、
 次を読みたくなる文章の連続である」

ということですね。

原則は単純。

ですが、
これを実践するのはなかなか簡単ではありません。


「広告とはセールスマンだ」
という言葉がありますが、
まさに、一度読んだら、最後まで読まずにはいられない、
そんなコピーは究極のセールスマンですね。


そんなコピーが書けたら、
私たちのもとにどんどんお客さんが集まってきます。


では、
コピーライティングのスキルを上達させるために
なにをしていけばいいのでしょう?


まずは、
「文章」そのものへの感度を高めることが重要です。


わたしたちの周りは、
「文章」であふれています。


街中、電車の中、携帯やネットの中と、
おびただしいコピーに囲まれているわけです。


まずは、そこに書かれている「コピー」に
注目してみるといいでしょう。


わたしは電車のなかでは、
中刷り広告ばかり見て、

「あ、このコピーうまいな」
とか、
「ここをもっとこう書いたらいいのに」
とか、
「内容はいいけど、
 語呂がいまいっぽだな」

と、頭のなかでぶつぶつ言って楽しんでいます。

かなりの学習になりますので、是非行ってください。


脅威の魔法コピーライティング術

コピーライティングを学ぶ為には、
読み手の気持ちを考えることです。

「読み手の気持ち」が分からなければ、
どんなにテクニックを駆使したところで、
まったく響かないセールスレターになるからです。


「読み手の気持ち」をどこまでも考え尽くされた文章が、
相手にもっとも伝わる文章となります。


露骨なセールスレターであっても、
ドキドキしながら読んでしまうのは、
実は、「読み手の心情」について研究したうえで、
計算されている文章になっているからなんですね。


書き手は、
どういうコピーを書けば、
読み手が、怒りを感じ、
ドキドキし、昂奮するのか、
手に取るようにわかりながら、
書いているのです。


多くのセミナー告知文やセールスレターを読んでいて感じることは、
「相手の心理」を前提に書かれているものが、
圧倒的に少ないということです。


多くの書き手は、「自分の商品をどうアピールしようか」
ばかり考えているように感じます。


どんなに優れた技術や商品を持っていたとしても、
これでは、
「相手の気持ちが分からないイケメン」と同じように、
相手に見向きもされないひとになってしまいます(>_<)


そうです。

コピーライティングの上達の秘訣は、
非常にシンプルなんです。


それは、

「読み手の心理」について誰よりも深く考え、想像すること
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なんです。


ヘッドコピーでこの言葉を置くと、
読み手はどういう気持ちになるか・・・

次にサブキャッチでどういう言葉を続けると、
その先を読み進めたくなるか・・・

商品のメリットを強調したとき、
読み手はこのことを素直に信じてくれるかどうか?

もし疑いを持つとしたら、
どんな疑いを持つだろうか?

信じてもらうために、どんな「証拠」を
見せる必要があるだろうか?


こうした、
実際には見えない読み手に対して、
あなたの言葉に対してどのように思うか、
又は行動を起こすかを想像、想定して、
次につづく言葉を生み出していく。

その言葉に、読み手がどう反応し、
どういう感情になるかまた予測し、
次の言葉をつなげる・・・


この連続作業こそが、
コピーライティングの本質なんですね。



そういう意味でいえば、
コピーライティングの腕を上げていくための方法として、
共感力を鍛えていくことがとても有効です。


普段書くメール1通でも、
自分の書いた文章が相手にどういう気持ちを起こさせるか、
意識しながら書いていくだけでいいトレーニングになると思います。


「言葉」によって、集客ががらりと変わる
このコピーライティングというのは、ほんとうに奥が深く、
学ぶべきものが沢山あります。

メルマガでちょこちょこ「コピーライティング」について
語っていますので読んでみてください。

 メルマガ登録
 ⇒ http://cs-x.net/sk/c/02357.html



売れるセールスレターの書き方

売れるセールスレターの書き方について多くの方が悩んでおります。

その悩みを解決するためにどうすればいいのか?

ここに解決方法がありますので、じっくり読んで学んでください。


私も最初のころはどうやって書けばいいのか全くわかりませんでした。

よく、私には書けません!
という事を耳にします。


はじめから書ける人なんていないんです。


完璧なものを書こうとするから書けないのであって、
下手でもいいからとにかく書いてみる。

そして、そのレターで売れるかどうかをテストしてみるということが
大切です。


完璧を目指さない!というのは重要です。


完璧なんてありませんし、その完璧かどうか!売れるレターかどうか?
反応があるかどうかは、自分が決めるのではなく、お客さんが決めると
いうこと。


だからテストが必要だということ。


もう、書けない!という言葉は今後一切使わないようにしてください。

“どうやったら書けるのか?”
“どうすれば書けるのか?”

そして、考えるよりも書いてみる!


すごく重要です。


考えても書けるはずがなく、書いていると書けるようになってくるのです。


理屈じゃないんです!。


今からセールスレターを書く順番をお伝えしていきます。


なので、次のような順番でセールスレターを書きあげてください。


まずは、セールスレターの順番をステップに分けてお伝えします。

ステップ1.キャッチコピー
ステップ2.物語
ステップ3.商品(サービス)の魅力
ステップ4.メリット(ブレット)
ステップ5.行動をさせる(申し込み)
ステップ6.追伸

という順番で書きあげてみてください。


上記のステップ以外にも、“特典”“お客様の声”“返金保証”など
成約率を高めるためにひつようなステップはありますが、
それは後から考えましょう。


今やるべきステップは、6 つのステップです。


まずは、6つのステップを確実に取り組んでみましょう。


この流れである程度、作れるようになれば?!


次はいよいよホームページの作成です。


ホームページの作成は、後10分後にお届けします。


質問、疑問、お悩み等ありましたら遠慮なく問い合わせください
 ⇒ http://cs-x.net/sk/c/02214.html




億を稼ぐコピーライティングスキル

稼ぐことに欠かすことができない、

コピーライティングスキルのお話です。


売れる文章が書ける。

たったそれだけのことが出来るだけで、貴方の人生を

変えることができます。


売れる文章が書ける。


たったそれだけのことで、

億という額を稼ぐことが出来るのです。


売れる文章がかける。


たったそれだけのことで、ビジネスを

良い方向へ向かわせることが出来るのです。


売れる文章が書ける。


たったそれだけのことで、モテるようになります。


この言葉、信じられるでしょうか。


しっかりした良い文章が書けるというスキル

文章構成から文章の流れまで考えて書けるスキル

これを身につけることで、あらゆることがうまくいく事でしょう。


ネットビジネスをやる以上、

文はなくてはならないものであり、

コピーライティングは欠かすことのできないスキルでもあります。


今、下記のページで無料プレゼントしているのが

稼ぐことに重点を置いたビジネスとしての

コピーライティングスキルです。


そんな方法を、今回無料で公開しています。

⇒ http://cs-x.net/sk/c/02025.html


コピーライティングマニュアル(PDF71ページ)の

ダウンロードリンクが送られてきますので

それを見て、今日はコピーライティング というものについて

勉強してみてください。


この連休中に、億を稼ぐコピーライティングスキルを

習得してください。


今回は、高額の書籍並みの優良プレゼントです。


8 / 8« 先頭...45678
 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ