誰もやってないリスト集め方

目安時間:約 5分


↑ クリック ↑



質の高い読者さんを集める
ためには、2つの条件を満たす
必要があります。


その2つとは、


1、あなた自身に興味を持っている
2、あなたの情報に興味をもっている


になります。


そして、今回、紹介する方法は、
2番に当てはまる方法です。


まだ、やっている人が少ない方法
なので、ぜひ、活用していただけ
ればと思います。


それでは入っていきましょう。


そもそも興味や関心度が高い
読者を集めるには、その情報が
欲しいと思っている人がいる場所
にアプローチする必要があります。


それは、すでに興味や関心度が
高い人にアプローチした方が効率
がいいからです。


例えば、アフィリエイトで稼ぐ
系のメルマガをやっている人で
あれば...


お金を稼ぎたいと思っている
人が集まるようなコミュニティ
やフォーラムなどで無料レポート
を配布する。


つまり、ニーズがマッチするので、
興味や関心度が高い人が登録して
くれる確率が高くなるわけです。


ここで大切なのは、ニーズが
マッチすれば、簡単に読者さん
が集まるということです。


では、実際にどう集めればいい
のでしょうか。


それは無料レポートをヤフー
オークションで販売するという
方法です。


方法は簡単です。


ニーズがありそうなレポート
を作って、その人たちが集まる
ようなカテゴリに出品する。


というものです。


私がテストした方法を具体的
に紹介すると...


無料ゲームで有名なグリーの
有料コインを無料で集める方法
というレポートを作成し、1円で
オークションに出品します。


グリーとはご存知のとおり、
無料の携帯・スマホゲームです。


基本、無料でできるゲームですが、
自分のカードなどを強化するために
お金を払ってコインを購入する必要
があります。


やったことがある人であれば、
ご存知かと思います。



実際、グリーは禁止してますが、
ゲームで使うアイテムやレアな
カードが売買されていることから
コインのニーズが高いことが分か
ると思います。


つまり、コインを無料で手に
入れたいというニーズにマッチ
したレポートを作って出品した
わけです。



あとは落札されるのを待って、
落札されたら、取引ナビでレポート
送付先のメールアドレスを聞き、
ダウンロードリンクを送ります。


そして、その時にコインではなく
実際にお金を稼ぐ方法を届ける
メルマガに登録する旨も伝えます。


※一応、オークションのページに
も記載します。


実際、この方法を2週間、テスト
しましたが、私の場合、104人の
読者を獲得しました。


ちなみに、その後のクリック率も
およそ25%程度なので悪くないです。


ポイントをまとめると、


1、オークションでターゲットが
  いそうなカテゴリを探す

2、ニーズに合ったレポートを作る

3、ターゲットがいそうなカテゴリ
  にレポートを出品する


この3つのステップです。


1回の出品で10円の手数料がかか
りますが、ほぼ無料と言っていい
と思います。


在庫数を10個くらいに設定して、
繰り返し出品するだけで質の高い
読者がどんどん集まります。


手っ取り早く質の高い読者を
集めたいと思っている人には
おすすめの方法です。


やっている人が少ないので、
ぜひ、参考にしていただければ
と思います。



反応の取れるステップメールの書き方

目安時間:約 8分


↑クリックお願い致します↑

まず、ステップメールとは、
メルマガに登録した日を0日目
として、予め設定したメールを
自動で送る機能のことです。


例えば、


1日目にAというメール。
2日目にBというメール。
3日目にCというメール。


が設定してあった場合、登録
した順に自動でメールが送ら
れていきます。


つまり、誰がいつ登録しても、
設定した順番にメールが送られ
るということです。


普通のメルマガの場合。


2つのデメリットがあります。


一つ目は、


メールを送ったときに読者に
なっていない人はそのメール
を受け取ることはできないと
いうこと。


二つ目は、


古くからの読者さんと新しく
登録した読者さんとで、関係
にバラつきができてしまうこと。


この2つです。


そして、この2つの問題を
解決するためにステップメール
を使うわけです。


つまり、


メルマガに登録した人が、
いきなりメインのメルマガ
に入るのではなく、


何通かのステップメールを
送って、読者さんとの信頼を
構築する。


そして、メインメルマガに
入るという流れを作るわけです。


また、ステップメールを使う
ことで、セールスを自動化する
こともできます。


ご質問にもあった、自動で
お金を稼ぐというのは、


ステップメールでセールスを
自動化しているという意味に
なります。


では、どうやってステップメール
を書けばいいのでしょうか。


基本的なステップは、3つです。


1、ゴールを決める
2、ストーリーを決める
3、実際にステップメールを書く


この3つです。


それでは、入っていきましょう。

------------------------------
1、ゴールを決める
------------------------------

まず、始めにステップメール
の最終目的を明確にします。


例えば、


・何かの商品を販売する
・読者さんとの信頼を築く
・フォローアップを自動化する


このように最終ゴールを明確
にします。


また、1つのステップメール
でのゴールを1つにすること
も大切です。


これは、ステップメールに
多くの目的を持たせてしまうと、


結局、何が言いたいのかが
分からなくなってしまうからです。


なので、セールスレターで言う、


1、ワンマーケット
2、ワンメッセージ
3、ワンアウトカム


つまり、一つのターゲットに
一つのメッセージ。


そして、一つの出口(結論)
にするということが大切です。


------------------------------
1、ストーリーを決める
------------------------------

次にストーリーを決めます。


これは、シナリオといったりも
しますが、意味は一緒です。


例えば、


何か商品を販売するのであれば、


1、Attention(注意)なんか面白そう!
2、Interest(関心)興味があるからもっと教えて!
3、Desire(欲求)なんかよさそう、欲しい!
4、Action(行動)買いたい!


このような形でストーリーを
考えます。


これ以外にもQUESTやPASONA...


テンプレートはいろいろあり
ますが、基本的にはこの流れ
で大丈夫です。


具体的にお金を稼ぐ系の教材
を売りたいのであれば、


1、まずは、誰でもできる
  自己アフィリで稼いでみよう!

2、もっと稼ぎたいのであれば、
  しっかり勉強しないとね。

3、まずは最初はお金がないと
  思うから無料のもので勉強
  してみて!

4、実は無料で学べるものには、
  限界があるんだよ。

5、もっと稼いで、経済的にも
  時間的にも豊かになりたいよね。

6、だったら、これだけは勉強した
  方がいいよ!

7、たった●●円で人生が変わるなら、
  安いよね。私もきちんとサポート
  するからがんばろうよ!


だいぶ、ざっくりですが、
流れはこんなイメージです。


また、ストーリーの長さに
関してですが、読み手の意識
レベルによって、変わってきます。


先ほどの例で、


お金を稼ぐことに関心がない
人を対象にするのであれば、


・なぜ、稼がないといけないのか。
・なぜ、このままじゃダメなのか。


などを説明しなければいけません。


なので、自然とストーリーが
長くなるわけです。


まずは、読み手の意識レベル
をリサーチする。


そして、読み手の意識レベル
に合ったストーリーを考える
ことが大切です。


------------------------------
1、実際にステップメールを書く
------------------------------


最後に先ほどのストーリーを
メールに書き起こしていきます。


ここは普通にメルマガを書く
要領と一緒ですが、


必ず意識したいのは、


1、1つのメールに1つのメッセージ
  (目的)にするということ。

2、専門用語や難しい言葉を使わず
  に読みやすいようにすること。

3、メールを読み飛ばしても
  理解できるように、書き出し
  を配慮すること。


この3つです。


それ以外もありますが、
まずは、この3つを意識して
いただければと思います。


それ以外についてはこちら
を参考にしてみてください。


http://www.virtualinformer.com/course/index.html
【誰も教えてくれない大切なメルマガの11のルール】


そして、


文章をひと通り書き終えたら、
最後に全体の流れを確認します。


問題がなければ、メール配信
システムに設定し、完了です。


あとは、ステップメールの
反応を見ながら、


文章をつけ足したり、減らし
たりして、改善していきます。


------------------------------


少し駆け足になりましたが、

以上がステップメールの書き方
になります。


いかがでしょうか。


この3つのステップを実践
すれば、反応の高いステップ
メールを作ることができます。


一度、作ってしまえば、自動
でお金を稼ぐことも可能です。


もしかしたら、いきなり精度
の高いステップメールを作るの
は難しいのでは...


そう思うかもしれませんが...


まずは、テストだと思って、
実践していただければと思います。


ステップメールで収入を自動化する方法

目安時間:約 10分


↑ここをクリックしてね↑

自動販売機のようにほったらかしで収入
が入ってきたら、嬉しいというのは言う
までもないと思います。


そんなうまい話があるのか?と思うかも
しれませんが、ステップメールを使えば、
収入の自動化を実現することは可能です。


事実、私も収入の30%をステップメール
で自動化しています。


ステップメールとは、予め自動で送信する
メール配信機能のことです。


例えば、


・Aというメールを1日目
・Bというメールを2日目
・Cというメールを3日目


という3つのメールを設定していた場合、
登録した人は順番にA→B→Cと自動でメール
が送られるというものです。


つまり、ステップメールを使ってセールス
を自動化し、その結果、自動的に収入が
入ってくるようになるというわけです。


では、具体的にどういうステップメール
を作ればいいのでしょうか。


基本的にステップメールを作るステップは、
4つになります。


1、販売する商品とオファーを決める
2、対面で販売する流れを書き出す
3、実際に文章にして、売れるかを確認する
4、ランディングページを作る


それでは詳しく入っていきましょう。

----------------------------------------
1、販売する商品とオファーを決める
----------------------------------------

まず、最初に販売する商品を決めます。


自分の商品がない場合は、他人の商品を
アフィリエイトする形になります。


ちなみに、他人の商品を紹介する場合は、
自分が使っているもので自信を持って紹介
できるもの、かつニーズがあり、売れて
いるものを選ぶことが重要です。


とくに、ニーズや欲求がないものはいくら
セールスしても売れないので注意が必要です。


販売する商品が決まったら、オファーを
考えます。


オファーとは提案という意味ですが、
お客さんにとって魅力的な提案や特典を
用意するということです。


これは他の人との差別化にも繋がる要素
なので、商品に不足しているものや想定
できる買わない理由を箇条書きで書き出し、
それらを解決する方法を考えます。


例えば、


商品の使い方に難色を示すものであれば、
初心者でも使える手引書や独自のサポート
プログラムを用意する。


このような形で商品を買わない理由を潰し
ていくようなコンテンツやサービスを作り
ます。


----------------------------------------
2、対面で販売する流れを書き出す
----------------------------------------


次に実際にその商品を対面で販売する場合を
想定して、セールスの流れを作っていきます。


具体的にはAIDAの法則にそって考えていきます。


AIDAの法則とは、購買プロセスに関係する
それぞれの要素の頭文字をとったものですが、


1、Attention
 (顧客の注意を引く)

2、Interest
 (顧客に商品を訴求し関心を引く)

3、Desire
 (顧客に商品への欲求があり、それが満足
  をもたらすことを納得させる)

4、Action
 (顧客に行動を起こさせる)


というものです。


もっと、分かりやすく言うと、


1、見込み客に興味を持ってもらう
2、見込み客によさそうと思ってもらう
3、見込み客に買う理由を与える
4、商品を買わない理由をなくす
5、保証や特典をつけて買えない理由をなくす
6、今、買う理由を与えて行動してもらう


この流れでセールスを考えるということです。


また、イメージするのが難しい場合は、友人
などに対面で売ってみるロールプレイングを
やるのもいいと思います。


ロールプレイングとは、相手をお客さんに
見立てて、セールスを行う練習のことです。


----------------------------------------
3、実際に文章にして、売れるかを確認する
----------------------------------------

次にセールスの流れができたら、実際に
文章に書き起こしていきます。

そして、一連のセールスの流れを分解して、
メールにしていきます。


例えば、


1通目:興味を持ってもらう
2通目:よさそうと思ってもらう
3通目:買う理由を与える
4通目:買わない理由をなくす


といった感じに、1通のメールを3分くらい
で読めるように分解していきます。


そして、それと同時にその流れで話をした
ときに対面で売れるか否かも確認します。


足りない要素があれば、付け足し、不要な
要素があれば、減らしたりして調整します。


この流れとおりに話をして、お客さんが
疑問を持たずにスムーズに購入まで進むこと
ができれば、完成です。


----------------------------------------
4、ランディングページを作る
----------------------------------------

最後に見込み客を集めます。


ステップメールを設定しても、そこに登録
する人がいなければ売上は上がりません。


そのために、ランディングページを作る必要
があります。


ランディングページとは、見込み客を
集めるためのページのことです。


作り方が分からない場合は、こちらのテンプ
レートを活用してみてください。


http://www.virtualinformer.com/course/index.html
※ 『ランディングページテンプレート』をクリックしてください。


そして、ここでもメールアドレスを登録して
もらうためのオファーを用意します。


ここでのオファーは最終的にセールスに繋げ
るためのものになりますので、商品に関連し
たものでなければいけません。


レポートでも音声でも形式は問いませんが、
商品に関連した情報やコンテンツでなければ
販売につながりませんので、注意が必要です。


例えば、


サイト作成ツールを販売するのであれば、
簡単にサイトを作る方法。


コピーライティングの教材を販売するので
あれば、簡単に反応を上げるテクニック。


このように商品に関連した魅力的なオファー
を用意します。


----------------------------------------


いかがでしょうか。


以上の4つのステップで収益を自動化させる
ステップメールが完成です。


完成とは言っても、売れるか否かはテストし
ないと分かりませんので、ここまでできたら
実際にアクセスを集めてきます。


最初のうちは自分の媒体を使ってアクセスを
集めてきます。


・ブログの目立つところにリンクを貼る
・メルマガの読者に紹介して登録してもらう
・TwitterやFacebookで紹介する


このような形で登録者を獲得し、商品が売れ
るのかを確認していきます。


まずは、商品の金額にもよりますが、登録者
が100人いて、10件の売上を目標にするとい
いと思います。


そして、ある程度、売上が見込めるように
なってきたら、広告などを使って、売上を増
やしていきます。


単純計算ですが、100人にセールスして10人
が商品を買ってくれるのであれば、500人集
めれば、50人が買ってくれる計算になります。


あとは、売上の単価と広告のバランスです。


例えば、先ほどの成約率で1件売れると1万円
の売上があがるのであれば、1人あたり最大
1000円のコストをかけられる計算になります。


1人あたり500円のコストで集められるので
あれば、利益は50%になります。


10万円の広告を出せば、5万円の利益。


これが維持できるのであれば、修正を加えず
ほったらかしにしておけば、大丈夫です。


最初は労力がかかるかもしれませんが、
一度、売れることが分かれば、あとは自動
で売上を上げてくれます。


ぜひ、活用してみてください。



プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ



お名前

メールアドレス


最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ