なぜ、AKB48のCDは売れるのか?

もしかしたら、AKB48なんて興味
ない…そう思われるかもしれません。


ですが、AKB48のマーケティング
はかなり秀逸です。


すぐに使えるものも多いので、
ぜひ、参考にしてみてください。


AKB48というと、人気アイドル
グループですが、その実績には
目を見張るものがあります。


CDが売れなくなったと言わている
時代に累計2000万枚以上を販売。


さらには、

・シングル総売上枚数
・シングル初週売上枚数
・シングル通算首位獲得数
・シングル連続首位獲得数
・シングル連続ミリオン獲得数
・シングル連続初週ミリオン獲得数
・シングル通算ミリオン獲得数
・シングル・アルバム総売上枚数

において、女性グループ歴代1位。


こちらを見ると一目瞭然です。

http://www.oricon.co.jp/


なぜ、AKB48のCDはこんなに
売れるのか?


それは先ほども言いましたが、
マーケティング手法がかなり
秀逸だからです。


そもそもAKB48はCDを売ってません。


というと語弊がありそうなので、
詳しく解説したいと思います。


もともと、CDの購入によって、
お客さんが得られる価値とは楽曲
そものもです。


当たり前のことですが、


CDの価格 = 楽曲の価値


となり、CDを買い楽曲を聴ける
ことに対してお客さんはお金を
支払っていたわけです。


ですが、現在はフリーの時代です。


YouTubeなどの登場によって、
CDを購入しなくても色んな方法に
よって、楽曲を聴くことができます。


また、コンテンツのデジタル化に
よって、楽曲をダウンロードして
購入することも可能です。


なので、


CDの価格 > 楽曲の価値


の状態となり、CDの価格と得られる
楽曲の価値と見合わなくなり、CDは
どんどん売れなくなったわけです。


そこで、AKB48がとった戦略は、

——————————

CDに楽曲自体の価値を考えず、
それ以外の付加価値を付ける

——————————


という戦略です。


これがAKB商法と言われるものです。


・一定の条件をクリアしたファンに
 限定して、握手会をやる

・アイドルの生写真を付ける

・アイドルのポスターを付ける

・複数の特典で、コンプリート感を出す。


このようにCD本来の価値を破壊し、
付加価値を付けることによって、


CDの価格 < 楽曲の価値 + それ以外の価値


となり、お客さんはCD購入による
満足度が高まり、結果としてAKB48
の売上げに結びついたわけです。


つまり、楽曲の価値という、本来の
価値からはお金は取らず、CDを買わ
ないと得られない価値を付加して、
その付加価値にお金を支払ってもらう。


また、AKB48がCD売上げにおいて、
楽曲の価値を目指してないのは、
Yotubeなどで自ら動画を流したり
していることにも見られます。


実際、この手法はAKB48だけでは
なく、稼いでいるアフィリエイター
も使っている手法です。


商品そのものの価値よりも、高い
付加価値をつけて売る。


お客さんは付加価値が高ければ
高いほど、商品よりも付加価値が
欲しいがために商品を購入します。


また、付加価値を売るという手法は、
他人との差別化にも繋がる方法でも
あります。


ぜひ、この手法をあなたのビジネス
に活用できないかを考えていただけ
ればと思います。



なぜ、AKB48のCDは売れるのか?


↑応援クリックしてね↑


もしかしたら、AKB48なんて興味
ない…そう思われるかもしれません。


ですが、AKB48のマーケティング
はかなり秀逸です。


すぐに使えるものも多いので、
ぜひ、参考にしてみてください。


AKB48というと、人気アイドル
グループですが、その実績には
目を見張るものがあります。


CDが売れなくなったと言わている
時代に累計2000万枚以上を販売。


さらには、

・シングル総売上枚数
・シングル初週売上枚数
・シングル通算首位獲得数
・シングル連続首位獲得数
・シングル連続ミリオン獲得数
・シングル連続初週ミリオン獲得数
・シングル通算ミリオン獲得数
・シングル・アルバム総売上枚数

において、女性グループ歴代1位。


こちらを見ると一目瞭然です。

http://www.oricon.co.jp/


なぜ、AKB48のCDはこんなに
売れるのか?


それは先ほども言いましたが、
マーケティング手法がかなり
秀逸だからです。


そもそもAKB48はCDを売ってません。


というと語弊がありそうなので、
詳しく解説したいと思います。


もともと、CDの購入によって、
お客さんが得られる価値とは楽曲
そものもです。


当たり前のことですが、


CDの価格 = 楽曲の価値


となり、CDを買い楽曲を聴ける
ことに対してお客さんはお金を
支払っていたわけです。


ですが、現在はフリーの時代です。


YouTubeなどの登場によって、
CDを購入しなくても色んな方法に
よって、楽曲を聴くことができます。


また、コンテンツのデジタル化に
よって、楽曲をダウンロードして
購入することも可能です。


なので、


CDの価格 > 楽曲の価値


の状態となり、CDの価格と得られる
楽曲の価値と見合わなくなり、CDは
どんどん売れなくなったわけです。


そこで、AKB48がとった戦略は、

——————————

CDに楽曲自体の価値を考えず、
それ以外の付加価値を付ける

——————————


という戦略です。


これがAKB商法と言われるものです。


・一定の条件をクリアしたファンに
 限定して、握手会をやる

・アイドルの生写真を付ける

・アイドルのポスターを付ける

・複数の特典で、コンプリート感を出す。


このようにCD本来の価値を破壊し、
付加価値を付けることによって、


CDの価格 < 楽曲の価値 + それ以外の価値


となり、お客さんはCD購入による
満足度が高まり、結果としてAKB48
の売上げに結びついたわけです。


つまり、楽曲の価値という、本来の
価値からはお金は取らず、CDを買わ
ないと得られない価値を付加して、
その付加価値にお金を支払ってもらう。


また、AKB48がCD売上げにおいて、
楽曲の価値を目指してないのは、
Yotubeなどで自ら動画を流したり
していることにも見られます。


実際、この手法はAKB48だけでは
なく、稼いでいるアフィリエイター
も使っている手法です。


商品そのものの価値よりも、高い
付加価値をつけて売る。


お客さんは付加価値が高ければ
高いほど、商品よりも付加価値が
欲しいがために商品を購入します。


また、付加価値を売るという手法は、
他人との差別化にも繋がる方法でも
あります。


ぜひ、この手法をあなたのビジネス
に活用できないかを考えていただけ
ればと思います。


売れる商材を作る4つのステップ


↑ここをクリック↑

この方法は上位1%の成功者しか実践して
いない売るためのステップです。


非常にシンプルで当たり前のように見え
るステップですが、残念ながら、9割以上
の人たちはいずれかのステップを飛ばして
いるか、中途半端にしか実行できてません。


そして、このステップを実践すれば、かなり
高い確率で売れる商材を作ることができます。


具体的にそのステップとは、次の4つです。


1、悩みや欲求を知る
2、手に入れたい結果を確認する
3、解決に必要な情報を聞き尽くす
4、実行可能な解決策を提示する


それでは、詳しく入っていきましょう。


—————————————-
1、悩みや欲求を知る
—————————————-

最初のステップは、見込み客の悩みや欲求
を知るというステップです。


具体的には悩み、欲求を聞くことで、なぜ、
その問題に悩んでいるのか、その理由や状況
を探り、悩みの本質をつかんでいきます。


分かりやすくいうと、医者が患者の診察を
行う場合と一緒です。


具体的には、


・今、どんな状況ですか?具体的に教えてください。


と質問を投げかけ、見込み客の状況を把握
していきます。



—————————————-
2、手に入れたい結果を確認する
—————————————-

次に見込み客が抱える悩みの現状を把握し
たら、どういう状況になれば見込み客が満足
するのか、見込み客が望む未来を聞き出して
いきます。


そして、手に入れたい結果を聞き出したら、
それが本当に手に入れたい結果なのかを確認
します。


これは、見込み客の答えが適切な表現でなか
ったり、知識不足によりうまく表現できてい
ないために発した言葉かもしれないからです。


なので、見込み客の言葉を鵜呑みにするので
はなく、なぜ、その結果を手に入れたいのか
を確認する必要があります。


確認を行わずに、見込み客の言葉を鵜呑みに
してしまうと、このあとのステップが無駄に
なってしまう場合もあるので、注意が必要です。


具体的には、


・いつまでに解決しないといけないのでしょうか?
・なぜ、その悩みを解決したいのですか?


このように具体的に聞いていきます。


—————————————-
3、解決に必要な情報を聞き尽くす
—————————————-

次に解決策を実行するために必要な情報を
集める作業になります。

また、悩みが複数あり、すべてを一気に解決
できないような場合には、それぞれの悩みに
優先順位をつける必要があります。


具体的には、


複数ある悩みのうちどれが一番、困っている
ことですか?


という質問をして、一番の悩みを聞き出し、
同じ要領で優先順位をつけていきます。


また、ここで見込み客の制約条件を知ること
も大切です。


制約条件とは、相手が悩みを解決するために
つきまとう絶対的な条件のことです。


多くの場合は、予算、時間、期限などが制約
条件となります。


例えば、


時間をかけずに悩みを解決したいと見込み客
が思っているのであれば、制約条件は時間と
なります。


この場合、長時間かけて解決するという解決
策が受け入れられるのは難しいことが分かる
と思います。


いくら悩みを解決したいと見込み客が思って
いても、条件が合わなければ提示した解決策
を受け入れることはありませんので、必ず確
認することが大切です。


具体的には、


・これ以上は絶対無理という価格帯はありますか?
・最大限使える時間は、1日どれくらいですか?
・いつまでに達成(解決)したいですか?


などと聞いていきます。


—————————————-
4、実行可能な解決策を提示する
—————————————-

最後にこれまでに聞き出した見込み客の状況
や現状、知識、スキル、予算、費やせる時間
などを考慮して、問題解決策をプランニング
します。


そして、ここでは2つの基準にしたがって、
解決策を模索します。


1、見込み客にとって実行可能かどうか
2、見込み客にとって有効な解決策であるか


これは自分から見て、ベストな解決策だと
思っても、相手からすれば、必ずしも望ま
しいものではないケースがあるからです。


なので、相手の知識やスキル、あるいは予算
や時間などの制約条件の中でも最も実行可能
かつ有効的な解決策かどうかを相手の立場に
立って考える必要があります。


そして、ここで出てきたアイデアのうち見込
み客にとって最も実行可能性が高く、さらに
問題解決への有効性が高いものを決定します。

—————————————-


これまでの流れを確認すると、


1、見込み客の悩み、欲求を探る
2、手に入れたい結果、目的を確認する
3、目的達成のために必要な情報を集める
4、見込み客の状況から最適な解決策を決める


この4つのステップになります。


すべての見込み客に質問するのは難しいかも
しれませんが、特定の数名に対してリサーチ
することで、高確率で売れる商材を作ること
ができます。


例えば、


あなたが情報教材を販売するとして、見込み
客が1日1時間しか時間を費やすことができな
いと知っていれば…


一度に大量の動画やテキストを提供するので
はなく、1日1時間程度でできる内容のものを
数回に渡って提供する。


1日1時間程度の作業で収まるように、効率化
を図る方法やツールを提供する。


こういったことができるようになります。


常に見込み客にフォーカスして、深いところ
まで理解することで、見込み客が望むものを
提供することができ、その結果、売れる。


当たり前のことですが、できてない人が多い
です。


単に売れる商材を作るだけではなく、
ビジネスをやる上でとても大切なことです。


ぜひ、参考にしてみてください。



誰かの問題があなたのキャッシュになる


↑↑クリックしてね↑↑

ビジネスの本質はとてもシンプルです。

ビジネスとは誰かの問題を解決し、
その対価としてお金をもらう行為です。

東京で働く人たちは毎日、満員電車に揺られながら出勤をします。

満員電車では立ったままいることが当たり前で人によっては、
1時間も2時間も座ることができません。

その後、1日の仕事がスタートするのですから、
想像するだけでその大変が伝わってきます。

そして、ある人が「満員電車でどうにか座ることができないか?」と
考えました。

アイデアを考えては実践を繰り返し、
ついに「97.3%の確率で満員電車に座る方法」を編み出しました。

彼はその方法をEbook(電子書籍)にし、インターネットで販売をし、
数百万円を手にしました。

この話から分かることは、誰もが苦痛と感じる問題を解決することで
キャッシュが生まれたということです。

問題を抱えている人は世の中に大勢います。

例えば、子供の夜泣きで睡眠不足になっている人、
ゴルフのドライバーの飛距離をどうしても伸ばしたい人、
9年付き合った彼氏がなかなか結婚を切り出してくれなくて困っている人、
今までいろいろなダイエットに挑戦したが、痩せれなかった人…
自分や身近な人が困っている。

あるいは悩んでいるシーンを想像してみるだけでも、
悩みの種が次から次へと見つかるはずです。

大勢の人を解決しろと言っているわけではありません。

まずは1人でいいのです。

困っている人を見つけて、その問題の解決策を見つけるのです。

「○○を解決する方法があります!欲しくありませんか?」と言えば、
おそらく「今すぐ欲しい!」という答えが返ってくるはずです。

実施してみてください。


マーケティングの基本


クリックしてね


今回は3部構成でお伝えします。

その3部とは、次のようになります。

1、楽してお金を稼ぐ
2、マーケティングの基本
3、リストの集め方


本日は、「マーケティングの基本」です。


それでは早速、お伝えします。


——————————
2、マーケティングの基本
——————————


マーケティングって聞くとなんだか
難しそう…。


そんなイメージがしますが、実はとても
シンプルで簡単です。


マーケティングについてはいろんな人が
定義してますが、結局のことろ、


お客さんが求めるものにマッチした
価値を提供しながら利益を出していくこと。


もっというと、売り込まれなくても
売れるようにすることです。


ビジネスはお金と価値の交換で成り立って
います。


そして、お金を払うのはお客さんです。


なので、お客さんが求めているもの
や困っていることを解決してあげること
が大切ってことです。


自分が売りたいものを売るって
はじめてもお客さんが欲しがってない
ものであれば、売れませんよね。


ここで大切なのは、常にお客さんが
欲しがっているものや困っていることを
リサーチするということです。


それをやらないと的外れになっちゃい
ますから。


例えば、ケーキを差し入れするとします。


甘いものに目がないOLに差し入れすれば、
きっと喜ばれると思います。


ですが、糖尿病の人に差し入れしたら、
どうでしょうか。


きっと悪意があると思われちゃいますよね。


ほとんどの人は、お客さんのことを
しっかり見ていません。


糖分を欲しがる3時くらいに清楚な
お皿にのっけたケーキを差し入れする。


こんなことしか考えてません。


これってテクニックですよね。


テクニックを使う前に「誰に」という部分
をしっかり考えなければいけないのです。


まずはお客さんがどんな事に悩んで
いるのかを考えることが大切です。



確実に稼ぐ方法は、これが一番です

【現在の順位は?】

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

稼ぐために必要な基礎知識を学んでください

【無料】ネットビジネスで稼ぐために必要な8ステップ講座

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

これはビジネスをやる上でとても重要な
ものです。


なぜなら、これをやらないとせっかくの
チャンスを逃してしまったり、あなたの
お金と労力をドブに捨てる結果になって
しまうからです。


では、やらないと損することとは一体、
何なのでしょうか。


それは、テストです。


もしかしたら、そんなにテストが重要?


そう思われるかもしれませんが、この
メールを読み終えたときには、その重要性
が分かっていただけると思います。


まず、基本的に人は思い込みの中で
ビジネスをやっています。


分かりやすくいうと、


自分の知識や過去の経験の中から、
これはこうだろう…と決めつけてビジネス
をやっているということです。


なので、大半の人はテストをして、
その結果を分析しようしないわけです。


ですが、これでは、先ほども言った通り
売上やチャンスを見逃してしまいます。


事実、ある有名なマーケッターのテスト
結果を3つ紹介すると…


1つ目。


同じコピーを使用した広告で、
ゴチャゴチャしたレイアウトのものと、
視覚的にもバランスのとれた2パターン
の広告をテストしたら…


結果、ゴチャゴチャしたレイアウトの
方が見やすい方より、110%も効果的だった。


2つ目。


1万円で商品を提供していた広告が、
同じ商品を6000円で提供していた広告
より300%も売上が多かった。


3つ目。


ある英語教材のヘッドラインのテスト
では「英語をシンプルにした男」という
ヘッドラインより、「あなたも、英語で
こういう間違いをしませんか?」という方
が3倍の売上を記録した。


いかがでしょうか。


もし、あなたが1つ目の例で、視覚的
にバランスがとれたデザインの方が反応
がいいと思っていたら、得られた売上の
10%を失っていることになります。


これはほんの一例ですが、


大切なことは、テストをしなければ、
その方法が一番、利益をもたらす方法
なのかが分からない。


ということです。


とくにインターネットでのビジネス
では、すべて数値で表されるため、
簡単にテストをすることができます。


なので、最初からこれがベストと
決めつけるのではなく、テストをしな
ければいけないわけです。


では、具体的にどうやってテストを
すればいいのでしょうか。


テストをするステップは2つです。


1、現状を把握する
2、テストを繰り返し、改善する


それでは詳しく入っていきましょう。


—————————————-
1、現状を把握する
—————————————-


これは、現状分析するということです。


現状が分からなければ改善することが
できませんので、当たり前と言えば当たり
前のことです。


例えば、


・どのアプローチが一番、効果的なのか?
・顧客の一人当りの売上はどれくらいか?
・見込み客を獲得するコストがどれくらいなのか?
・見込み客のうちどれくらい購入につながったのか?
・コンタクトした見込み客ひとり当りの成約率は?
・どのような保証や特典が効果的なのか?



これらの情報をエクセルなどの表計算
ソフトで管理して、現状を把握します。


—————————————-
2、テストを繰り返し、改善する
—————————————-


次に現状のデータにもとづいてテストを
行い、改善していきます。


基本的にテストする項目は広告であれ、
手紙であれ、セールスであれ、次の6つの
項目になります。


1、見出し(ヘッドライン)
2、オファー(価格や特典など)
3、保証(返金保証や品質保証など)
4、基本ストーリー(謳い文句)
5、詳細(商品の説明文)
6、行動喚起(行動を促す一言)


そして、上から順番にテストしていきます。


商品や市場によっては、1番と2番が前後
する場合もありますが、基本、この順番
で大丈夫です。


まず、ヘッドラインを変えてみる。


次に価格や特典などのオファー(提案)
内容を変えてみる。


続けて保証や謳い文句を変えてみる。


この要領でテストをして反応をチェック
していきます。


—————————————-


いかがでしょうか。


1、現状を把握する
2、テストを繰り返し、改善する


これをきちんとやることで、利益を最大
にすることができます。


そして、これはセールスレターでもブログ
でもメルマガでも同じことが言えます。


一気に全部やることは難しいかもしれ
ませんが、一つ一つテストをすることが
大切です。


それとテストをする上で注意したいこと
が2つあります。


1つ目は、一つの箇所を変更してテスト
をするということ。


これは一度に複数の箇所を変更してしま
うと、どの箇所が結果に影響したのかが
分からなくなってしまうからです。


そして、2つ目は、最大の反応がとれた
パターンは効果がなくなるまで使うという
ことです。


効率よく売上を増やしていくには、
とても大切なことなので、ぜひ、参考
にしていただければと思います。



マーケティングの知識の必要性

現在のランクングは何位?




実は今後の日本、いや世界で

大きな金額を稼いでいくには

必ず、ネットを使ったマーケティングの

知識が必要になってきます。



いわば、大きなお金を稼いで

人生を変えたいのであれば

このネットマーケターになる道が

最も近道だということです。



このことを頭にしっかり入れて

現在、無料で公開されている

このプログラムに参加して見ませんか?

 ⇒ http://cs-x.net/sk/c/02867.html



今なら、2000ページ 20万相当の

稼ぐ仕組みがガッチリ詰まったものを

プレゼント中です。


このチャンスにしっかり学んで

受け取ってください。



稼ぐ力を10倍に増やすために必要な本

現在の何位なんだろう?




驚くほど稼げるようになる本について
お話をします。


基本的にネットビジネスを簡単に稼げるツー
ルと勘違いしている人が多いですが、実際の
ところリアルなビジネスと何ら変わりはあり
ません。


もちろん、ネットを使うことで1対1ではな
く、1対多にセールスできるので、利益を効
率良く出していくという意味では大きな違い
があります。


ですが、やることは基本リアルと一緒です。


1、見込み客を集める
2、信頼を築き、セールスに繋げる
3、リピートしてもらう


なので、小手先のテクニックを身につける
のではなく、もっと根本的な人間の購買心理
やセールスなどを学んだ方が早く稼げるよう
になります。


例えば、人を惹きつけたいのであれば、
次のような要素を入れます。


・ちょっとした違和感が興味を引き、関心を
 高める認知的不協和。

・手にいれにくものほど欲しくなるという
 希少性

・自分に主導権があると思わせれば積極的に
 行動するオリジン効果

・途中で打ち切られると、先が気になり行動
 しやすくなるというザイカルニック効果

・禁止されると欲求が高まるという心理的
 リアクタンス


これは一例ですが、このように人の心理を
理解すれば、こういうときはこういう心理
を使う…と応用できるようにわけです。


なんとなく、重要性を分かっていただけたと
思います。


では、どう学べば…


ということですが、一番、簡単な方法は本
を読むことです。


人間心理やセールスに関する本は山ほどあり
ますが、私がおすすめするのは下記の2冊の
本です。


1つ目は、


ドルー・エリック・ホイットマンの
「現代広告の心理技術101」です。


人が広告を見るときにどういう心理が働くか
という広告行動心理を徹底的に研究し、

それを、

相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
買わずにいられなくする41のテクニックに
まとめあげたものです。


「現代広告の心理技術101」:
 ⇒ http://cs-x.net/sk/c/02854.html



2つ目は、


「富裕層マーケティング」です。


これはマーケッターの中で世界的有名な
「ダン・ケネディ」の書籍です。

本書には3つの目的がある。

1つ目の目的は、
富裕層に売り込み、アピールし、
興味を持たせるためにビジネスを変容させ、
結果的にあなたの収入と安全とビジネスライフを
変容させることの価値を説明することである。

2つ目の目的は、
裕福な顧客やクライアントとは誰か、
彼らはどこにいて、何を、なぜ買うのか、
そして今までのやり方を捨てて彼らと調和するには
どうすればよいかを理解してもらうことである。

3つ目の目的は、
裕福な顧客への売り込みを成功させるための戦略の数々を紹介し、
最終的には、順を追ってそれを実行できるよう説明することである。

「富裕層マーケティング」:
 ⇒ http://cs-x.net/sk/c/02855.html


どちらともビジネスをやるのであれば、
必携の書と言えるものです。


こういうときはこういうテクニックを
使う…という話はよくありますが、これは
流行と一緒で、いずれ通用しなくなります。


なので、普遍的な人の心理などを学ぶこと
はとても重要です。


もしかしたら、2冊とも有名な本なので、
すでにお持ちかもしれませんが、そのとき
そのときで読み返すと新しい発見があるも
のです。


ぜひ、参考にしてみてください。


売れる商材を作るために絶対にやるべき4ステップ

現在のランキングは何位だろう?



商材を作って売っているが、全く売れない

そんなこと思っていませんか?

何故、売れないのか?

それは、多くの成功者と呼ばれている人の
やり方を分析すればすぐにわかります。

現在、成功者されている方は次の4ステップを
行なって、商材を作成しています。

1、悩みや欲求を知る
2、手に入れたい結果を確認する
3、解決に必要な情報を聞き尽くす
4、実行可能な解決策を提示する

それでは、具体的に見て行きましょう。
—————————————-
1、悩みや欲求を知る
—————————————-

最初のステップは、見込み客の悩みや欲求
を知るというステップです。

具体的には悩み、欲求を聞くことで、なぜ、
その問題に悩んでいるのか、その理由や状況
を探り、悩みの本質をつかんでいきます。

分かりやすくいうと、医者が患者の診察を
行う場合と一緒です。

具体的には、

・今、どんな状況ですか?具体的に教えてください。

と質問を投げかけ、見込み客の状況を把握
していきます。

—————————————-
2、手に入れたい結果を確認する
—————————————-

次に見込み客が抱える悩みの現状を把握し
たら、どういう状況になれば見込み客が満足
するのか、見込み客が望む未来を聞き出して
いきます。

そして、手に入れたい結果を聞き出したら、
それが本当に手に入れたい結果なのかを確認
します。

これは、見込み客の答えが適切な表現でなか
ったり、知識不足によりうまく表現できてい
ないために発した言葉かもしれないからです。

なので、見込み客の言葉を鵜呑みにするので
はなく、なぜ、その結果を手に入れたいのか
を確認する必要があります。

確認を行わずに、見込み客の言葉を鵜呑みに
してしまうと、このあとのステップが無駄に
なってしまう場合もあるので、注意が必要です。

具体的には、

・いつまでに解決しないといけないのでしょうか?
・なぜ、その悩みを解決したいのですか?

このように具体的に聞いていきます。

—————————————-
3、解決に必要な情報を聞き尽くす
—————————————-

次に解決策を実行するために必要な情報を
集める作業になります。

また、悩みが複数あり、すべてを一気に解決
できないような場合には、それぞれの悩みに
優先順位をつける必要があります。

具体的には、

複数ある悩みのうちどれが一番、困っている
ことですか?

という質問をして、一番の悩みを聞き出し、
同じ要領で優先順位をつけていきます。

また、ここで見込み客の制約条件を知ること
も大切です。

制約条件とは、相手が悩みを解決するために
つきまとう絶対的な条件のことです。

多くの場合は、予算、時間、期限などが制約
条件となります。

例えば、

時間をかけずに悩みを解決したいと見込み客
が思っているのであれば、制約条件は時間と
なります。

この場合、長時間かけて解決するという解決
策が受け入れられるのは難しいことが分かる
と思います。

いくら悩みを解決したいと見込み客が思って
いても、条件が合わなければ提示した解決策
を受け入れることはありませんので、必ず確
認することが大切です。

具体的には、

・これ以上は絶対無理という価格帯はありますか?
・最大限使える時間は、1日どれくらいですか?
・いつまでに達成(解決)したいですか?

などと聞いていきます。

—————————————-
4、実行可能な解決策を提示する
—————————————-

最後にこれまでに聞き出した見込み客の状況
や現状、知識、スキル、予算、費やせる時間
などを考慮して、問題解決策をプランニング
します。

そして、ここでは2つの基準にしたがって、
解決策を模索します。

1、見込み客にとって実行可能かどうか
2、見込み客にとって有効な解決策であるか

これは自分から見て、ベストな解決策だと
思っても、相手からすれば、必ずしも望ま
しいものではないケースがあるからです。

なので、相手の知識やスキル、あるいは予算
や時間などの制約条件の中でも最も実行可能
かつ有効的な解決策かどうかを相手の立場に
立って考える必要があります。

そして、ここで出てきたアイデアのうち見込
み客にとって最も実行可能性が高く、さらに
問題解決への有効性が高いものを決定します。

—————————————-

これまでの流れを確認すると、

1、見込み客の悩み、欲求を探る
2、手に入れたい結果、目的を確認する
3、目的達成のために必要な情報を集める
4、見込み客の状況から最適な解決策を決める

この4つのステップになります。

すべての見込み客に質問するのは難しいかも
しれませんが、特定の数名に対してリサーチ
することで、高確率で売れる商材を作ること
ができます。

例えば、

あなたが情報教材を販売するとして、見込み
客が1日1時間しか時間を費やすことができな
いと知っていれば…

一度に大量の動画やテキストを提供するので
はなく、1日1時間程度でできる内容のものを
数回に渡って提供する。

1日1時間程度の作業で収まるように、効率化
を図る方法やツールを提供する。

こういったことができるようになります。

常に見込み客にフォーカスして、深いところ
まで理解することで、見込み客が望むものを
提供することができ、その結果、売れる。

当たり前のことですが、できてない人が多い
です。

単に売れる商材を作るだけではなく、
ビジネスをやる上でとても大切なことです。

ぜひ、参考にしてみてください。





【マーケット独占】圧倒的なマーケティング力

マーケティング力を付けるためには

「チラシ」「フリーペーパー」「看板」「サイト」などを

見ることが一番です。

普段何気なく目に入っているが、意識しないために

広告について考えたことはないと思います。

今から、周りの広告を意識しながら見て、読んでみてください。

ワザワザ高い教材など購入しなくても、

タダでマーケティング力を付ける勉強ができます。

是非、やって見てください。

このように、マーケティングの勉強を始めると

「おー、これウマいなぁ・・・」

「なにこれ?これじゃ反応取れないよな・・・」

ということを感じることができるようになります。

こうなってくればあなたには、マーケティングについての

知識やセンスがついて着たいことになります。

でも、

「おー、これウマいなぁ・・・」

「なにこれ?これじゃ反応取れないよな・・・」

と思うことだけではダメです。

あなたが評価した、キャッチコピーなどを紙に書き

どこがウマイと思ったか、

どこがダメだと思ったか、

を書き込んでください。

ウマイと思ったところに関しては、どこがウマイと思ったのか?

ダメだと思ったところに関しては、どのようにすればいいのか?

これを良く考えてください。

さらに、ウマイと思ったキャッチコピーに対しては、

もっと、魅力ある広告にするにはどのようにすれば良いかを

考えてください。

そして、できれば広告主の会社などに

自分の考えを伝えて見てください。

うまくいけば、今後の人脈の広がりや仕事につながって行きます。

早くマーケティング力を付けるためには、

やっぱり、多くの広告、キャッチコピーを見る必要があります。

短時間で、多くの広告、キャッチコピーを見るには

どのようにしたら良いのか?

それは、人が多く集まるところに行けばいいのです。

人が多いところには、お店があり、各お店がお客様を呼び込むために

対策をしています。

それを、携帯カメラやムービーを取って後で

自宅に帰って見れるようにしてください。

そして、その時思いついてモノについては、ノートに書く、

又は、音声の録音をしてください。

覚えておくと言うことだけでは辞めてくださいね。

絶対に忘れてしまいます。

思ったら、忘れないうちにノートに書く、録音することを

心がけてください。

このようにしていけば確実にマーケティング力がつきます。

そして、あなたがカメラやムービーで取って勉強した

ものをまとめて、教材を作成できます。

その教材を、無料で提供してもいいし、

有料で販売してもいいと思います。

そしてもう一つ、教材を作るときの注意があります。

参考書のようには作成しないでくださいね。

あなたが勉強したことはもちろんですが、

勉強するために広告を集めていた時の

面白と思ったもの、エビソードも写真やムービー、

ノート、録音してください。

あなたも経験があると思いますが、

教科書ってつまらなく眠くなりませんか?

でも、漫画や興味のあるものについては

ドンドン読み進めていませんか?

教材の中に、面白いことを少しずつ交えていくことによって

全て読んでもらうことが出来て、

あなたのファンになってくれるかもしれません。

現在、楽しく学べる教材はあまり無いので

他との差別化ということにもなりますので

是非、行って見てください。

 


6 / 6« 先頭...23456
 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ