売れるメルマガライティング

これはメルマガに限らず、ブログ
などでも使える方法なので、ぜひ、
活用していただければと思います。


いくらいい記事や内容であっても
読者の方に読んでもらえなければ
意味がありません。


例えば、記事の中にあるリンクや
記事の下の方にあるリンクがあまり
クリックされいないのであれば、
書き方を改善する必要があります。


ですが、基本的に読み手は、

・読まない
・信じない
・行動しない

と言われてますので、心配する
ことはありません。


では、読んでもらえるような
文章を書くにはどうすればいい
のでしょうか。


売れる文章を書く流れは基本的
に5つのステップです。


1、オープニング
2、ストーリー
3、スイッチ
4、クロージング
5、PS


それでは解説していきましょう。

——————————
1、オープニング
——————————

これは簡単な挨拶から始まって、
本題へつなげるための結びです。


いくなり本題に入るではなく、
このワンクッション入れることで、
読み手が本題に入りやすくなります。


近況報告やプライベートな情報
を盛り込むのもいいと思います。


ですが、ここで注意したいのは
オープニングが長くなりすぎない
ようにすることです。


あまりに長くなってしまうと、
タイトルとの関連性がなくなり、
逆に読まれなくなってしまいます。


長さに関しては読み手の反応を
見ながら調整することが大切です。


——————————
2、ストーリー
——————————

ここは本題の部分になります。


そして、本題にはストーリーを
持たせるようにします。


それは、人は昔から物語が好き
でストーリーがあると、文章に
入り込みやすいからです。


例えば、共感できる話や苦労話
から入って、問題提起をします。


そして、問題を解決する方法や
メリットを提示します。


ここで、読み手が求めている情報
や困っていることを話題にすると
共感が得られやすくなります。


内容が長くなる場合は、最初に
結論を持ってきたり、見出しを
つけてないと文章が理解しづらく
なるので、注意が必要です。

——————————
3、スイッチ
——————————

ここでは読み手に行動してもらう
ためにどんな人にメリットがある
のかを提示します。


例えば、こんな方にはおすすめです、
といった感じに具体的に行動して
ほしい人のターゲットを明確にします。


これを提示することで、読み手は
行動した方がいいといった感じに
行動へのスイッチが入ります。


人は自分にとって関係がないと
思った時点で行動しなくなります。


なので、どんな人にメリットがあ
るのか、誰に行動してほしいのか、
を提示することが大切です。


——————————
4、クロージング
——————————

ターゲットが明確になりましたら、
実際に行動を促します。


例えば、

・登録してください。
・見てください。
・ダウンロードしてください。


このように、明確に行動を促す
ような表現を使ってクロージング
します。


また、ここで限定性や希少性を
アピールしたり、メリットを再度、
確認したりするとより効果的です。


——————————
5、PS
——————————

この部分は追伸で、ヘッドライン
の次に読まれる部分になります。


ほとんどの人は最初の数行を
読んだあとに追伸を読みます。


なので、この部分に本文の中でも
重要な部分を入れるようにします。


追伸があるのとないのでは、反応
が大きく変わってくるので、必ず
入れるようにしましょう。


意味合いとしては、付け足しに
なりますので、あまり長い文章
ではなく、数行に要点をまとめる
ことが大切です。


いかがでしょうか。


これが基本的な文章を書く5つ
のステップになります。


文章の書き方次第で読み手の
反応が大きく変わってきます。


メルマガやブログなどで記事内
のリンクがクリックされない。


あるいは、読み手の反応が悪く
なってきたときはぜひ、試して
いただければと思います。


メルマガの書き方やレイアウト
などに関してはこちらも参考に
していただければと思います。

【誰も教えてくれない大切なメルマガの11のルール】
⇒ http://www.virtualinformer.com/course/index.html


ランディングページの重要性


↑クリックしてね↑


コピーライティングの中で
とても需要な媒体なのに、あまり解説されていないもの。

それは、ランディングページです。

メルマガやステップメール、セールスレターは
チヤホヤされるのに、

なぜか、ランディングページだけは
モテる機会がありません(笑)

でも、

実は、ランディングページこそ、
コピーライティングの主役と言えるほど
大事な役割があるんです。

なぜなら、

ランディングページの役割は、

【読者を集める】ことだからです。

メルマガやステップメール、セールスレターが
どんなに優れていても、

そもそも、読んでくれる読者が居なければ
意味がありません。

まさに、ランディングページは、
「初対面の印象を決定づける主役」

とても重要な役割を持っているんです。

———————————————————-
成功するランディングページ10個の要素
———————————————————-

ランディングページは、あなたの文章を
読んでくれる読者を集めるページです。

そのページに興味を持ってもらえなければ
読者として登録してくれることはありません。

だからこそ、無駄を省き、必要な要素を
盛り込む必要があります。

しかも、セールスレターと違い、
シンプルであればあるほど、反応が高くなります。

シンプルな中に、需要な要素を盛り込み、
少しでも多くの興味を惹き、読者登録してもらう。

成功するランディングページに必要な
要素を10個お伝えしていきましょう。

この要素を考えてランディングページを作れば
少なくとも失敗することはありません。

もう、ランディングページが書けないと
悩むこともなくなります。

1、『キャッチコピー』

お客様は、1〜2秒でページを判断します。
一瞬で「見た瞬間」興味を惹くようなコピーを
提示します。

ポイントは、読ませるのではなく
「見せるコピー」がベストです。

2、『サブキャッチコピー』

キャッチコピーで「ん?」と立ち止まった次の
瞬間、お客様は、それが本当に自分に必要なのか?

更に一瞬で判断しようとします。
キャッチコピーの次にサブキャッチを読んで
確認をするのです。

サブキャッチでは、明瞭簡潔に本文の内容を
まとめたものを書いておきます。

3、『導入部分』

対象とするお客様が一番知りたいであろう内容を
ここに盛り込みます。

そうすることで、いよいよ本文を読もうという
気持ちになるからです。

4、『お客様の声など信頼獲得部分』

キャッチコピー、サブキャッチ、導入と
メリットばかりを伝えてきた為、

お客様は「本当かな」と疑う気持ちも出てきます。
疑いをはらすにはお客様の声が最適です。

多数掲載は無理ですから、
一番興味を惹くと思われるお客様の声を1つ
掲載します。

5、『ボレット』

読者登録して得られるメリットを
書いておきます。

人は、役に立つ、得をする。と感じなければ
登録はしてくれないからです。

端的にわかりやすく、書く工夫が必要です。

6、『クリックボタン設置』

お客様の声を読んで、更に興味が深まった瞬間、
何をして欲しいのか?

それを伝えます。

例えば、「今すぐ」
「こちらから始めましょう」

そのような誘導の言葉を添えます。

誘導の言葉の横か下に
クリックさせるボタンを置きます。

そこをクリックすると、
メルマガやステップメールの読者登録ができる
フォームに切り替わります。

目立つようなデザインで作りましょう。

7、『画像や写真を挿入』

コピーを邪魔せず、盛り上げる画像や写真があれば
掲載します。

ですが、画像や写真がマイナスになる場合には
無理に載せない方が良いです。

特に顔写真の場合、人によって好き嫌いが出ますので
注意が必要です。

8、『配置を修正』

ランディングページは、
一瞬で行動させなければなりません。

1〜7の要素をスクロールせずに
確認できるようなデザインが最適です。

すぐに興味を惹き、関心を呼び、
すぐに読者登録してもらう。

シンプルなサイトがベストです。

9、『テスト、テスト、テスト』

必ず、2種類以上のランディングページを作り
それぞれをテストしましょう。

どちらが反応が良いかテストするのです。

一旦作ったサイトをテストにより修正を
していく努力も必要ですね。

なぜなら、作成したサイトにあなたが
満足していても、

判断するのはお客様だからです。

テストなしには判断できません。

10、一番大事な箇所『オファー』

メルマガは件名が一番大事。
セールスレターはキャッチコピーが大事。

では、ランディングページで
一番大事な箇所はどこでしょうか?

キャッチコピー?

ボレット?

いえいえ、それは違うんですね。

ランディングページで一番大切な部分は
「オファー」なのです。

読者登録してくれると
こんなメリットや凄いことがあるよ。

とボレットや登録フォーム付近に
明確に記しておきましょう。

ここを間違えると、
ランディングページが正しい役割が
出来なくなるんですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ランディングページの役割は、
読者登録をしてもらうこと。

その為に一番重要なことは「オファー」である
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここを意識してランディングページを
作ってみてください。

きっと、あなたのランディングページが
モテるページへと変身していきます。



 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ