副業で稼ぐためのビジネスモデル

今回は副業として限られた時間の中で、
稼ぐためのビジネスモデルについてお伝えします。

まずビジネスモデルとは何でしょうか?

ビジネスをするためには、売るもの(商品)が必要です。

その商品は主に、
「仕入」→「加工」→「販売」
の3つの工程で商品となります。

でも、
副業でこんな事をしている時間はありません。

主となるお仕事の他に、副となるお仕事を
するのですから時間がないのです。

ここで、考えなくてはいけないことは、
「副業」の場合は「時間」に制約がある、ということです。

そして、大事なことは売上ではなく「利益」を
ゴールにしてビジネスモデルを考えることです。

では、利益の源泉はどこからでてくるでしょうか?

仕入=コスト
加工=付加価値

となりますので、利益を増やすには、

仕入=コストを下げる
加工=付加価値を上げる

このようなビジネスモデルを選択することが重要になってきます。

コストが低く、付加価値が高いビジネスモデルとは?

ここまでは大丈夫でしょうか。

では、これらを踏まえた上で、
副業で取り組むならどのようなビジネスモデルを
選択すればいいかを考えていきましょう。

たとえば、物販の場合ですと、
「仕入」にコストが発生します。
さらに「加工」で付加価値をつけることが難しいですので、
必然的に、たくさんの時間をかけて売上をあげないと
利益を残せないことになります。

なので、本業として潤沢な資金を用意して展開できるならいいかもしれませんが、
「時間」に制約がある副業で転売をすることはおすすめしません。

では、副業で取り組むならどのようなビジネスモデルを選択すればいいでしょうか?

「仕入=コスト」が低くて、「加工=付加価値」が高いビジネスです。

ズバリ、結論を申し上げると「教育ビジネス」です。

副業で取り組むなら教育ビジネスです。

教育ビジネスとは、
自分の知識や技術を他人に教えることで報酬を得るビジネスのことです。

「仕入=コスト」については、基本的には0です。
「加工=付加価値」については、自分の専門生次第で、
いくらでも高める余地があります。

物販のように、どこから購入しても同じ商品というわけではありませんので、
アイデア次第では大きく単価を上げることも可能です。

是非、これから副業をはじめたいという方や、
本業とは別の収入のが欲しい方は、
あなたの知識や技術を他人に教えるビジネスができないかを考えてみてください!

あなたが今までに一番お金と時間を投資して学んできたことは何ですか?
そこが付加価値になります。

過去のあなたと同じように、
お金と時間を出してでも学びたいと考えている人は誰ですか?

どこにいますか?

どんなことに悩んでいますか?

学んだ結果、手に入れたい未来は何でしょうか?

これらを考えれば、あなたがすぐにできる副業のアイデアが見えてくるでしょう。







副業のメリット・デメリットのお話

副業のメリット・デメリットのお話

【メリット】
・お金に余裕ができる
・本業ではかなえられない達成感や楽しさがある
・あなたの好きなことでお金を稼ぐことができる
・副業で得た知識を本業に役立てる

【デメリット】
・副業に力を入れ過ぎると本業が疎かになる
・会社に知られてしまい、本業の仕事がやりづらい
・年間所得によって申告をしなければならない

副業にもデメリットはありますが
これらのデメリットは簡単に解消できます。

「副業に力を入れ過ぎると本業が疎かになる」
これについては、副業が楽しいことはわかりますが
まずは、本業を重視していく気持ちを持ちましょう。
副業が楽しいと感じられるあなたならすぐに
本業の収入を超えられます。
今は、我慢の時です。

「会社に知られてしまい、本業の仕事がやりづらい」
これについては、きをつけるだけです。
バレるということは、実名で副業をしているとか
写真をネットに乗せている、誰かにネットで稼いでいる
事を言ってしまったなど
この辺を気をつければバレることはありません。

「年間所得によって申告をしなければならない」
これについては、まだまだ心配することはありません。
いきなり月収何百万を稼ぐなんて出来ませんので・・・
もし稼いでししまっても、「普通徴収」を選んで
自分で確定申告をすればバレることはありません。

デメリット気にしていては、副業をはじめ
他のことなんてできません。
デメリットを打ち消す方法を考え前に進んでください。




定年退職して第二の人生を楽しむとか言っているけど・・・

定年退職して第二の人生を楽しむとか言っているけど・・・

今現在、そんなことが本当にできるのでしょうか?

現在の年齢45歳
厚生年金保険の被保険者期間25年

この私のパターンで計算してみた。

月収は
30万円位です。

これが本当に年金がもらえるときには
どれくらいになるのか?

今以上増えることは無く、確実に減る。

月収30万円で第二の人生を楽しみことが
出来るでしょうか?

貯金があれば別だが、月収30万円ではどうでしょう?

40年も会社の為に身を粉にして働いて
第二の月収が30万円以下です。

それもこの30万円は、生活費だけではない
病院、家賃、家の修繕、孫への贈り物
いろいろお金がかかります。

今から、別の収入源を作るか
今から、少しづつ貯金をするか

このどちらからです。

私は、第二の人生を楽しみたいなら
別の収入源を作ることをおすすめします。

節約しながら暮らすより
収入を増やし余裕を持ちながら
第二の人生を暮らしたくないですか。


稼ぐ仕組みのルーツとして下記を
プレゼントしています。
Facebook自動「いいね」ツール

欲しい方は、ご連絡ください。
http://form.os7.biz/f/ad4dc80e/




大企業は危険

大企業に入ったからと行って
安心している人は特に注意が必要です。

人は安心すると余裕が
行動を起こしません。

何故なら、行動をする必要が無いからです。

中小起業の方は、給料は少なく
先の事が心配で
いつ首切りになるのか?
退職金はいくら貰えるのか?
退職後の老後の生活は年金や
貯金だけで暮らせるのだろうか?

そんなことを考えながら
生活をしています。

日々の生活の中で
全く余裕が無く、お金のことばかり
考えてしまうのです。


そんな現在である異変が起こりました。

日産、富士通、東芝、三菱自工、花王などが
副業を容認しました。

これは何故でしょうか?

『一生あなたを雇用出来ないかも知れないです』
ということになります。

大企業をやめても、生活できるように
今から副業で稼ぐことが出来るように
今からやっていいよってことです。

大企業がこのように容認しているということは
近い将来、そんなことが起きてくるということです。


これに気づいて、副業を始めた人だけが
将来的に安定、安心ができるのです。


将来的にも、今すぐ副業を始めて下さい。

副業について、情報を発信しておりますので
是非、参考にして頂き稼いでください。
https://beast-ex.jp/fx3924/4



タイム・イズ・マネーの意味

タイム・イズ・マネー

一度は聞いたことがあると思います。

時は金なり

ということですが、

僕は少し違うと思います。

時は金なり。

時間はお金と同様に

貴重なものだという意味ですね。


しかし、ビジネスで言うと

時間こそお金を生むものだと

僕は思っています。


しかし、それは積み重ねてきた人が

できることです。

例えば、時間が3時間あったとして

酒を飲みに行って1万円使うのか、

何か、自分の為になること、

何かの勉強、セミナーに

行って1万円使うのかで、

将来、時間が生むお金が

違ってきます。

自己投資をしっかりやることが

かなり重要です。


一年なのか、二年なのか、

もっと先なのかは分かりませんが

その自己投資が花を咲かせる時が

来るはずです。

ただし、自己投資をするのであれば、

投資したものに集中し、

中途半端にならないように

しましょう。

そうでなければ、

ただの時間とお金の

浪費で終わりますからね。


Facebookにてブログやメルマガにも無い情報を
随時掲載しています。
Facebookページの「いいね」を押してくれませんか?
http://cs-x.net/sk/c/04053.html
よろしくお願い致します。




マイナンバーで副業はどうなる?

さて、マイナンバーが始まるということで、
サラリーマンの副業がバレるなんていうことが言われています。

実際のところ、バレるかどうかということでいえば、
副業の内容次第だと思います。

まず、副業などの収入が、年間20万円を超える場合、
確定申告が必要です。

副業だから確定申告が要らないって思っている人も多いようですが、
そんなに国は甘くないです。

20万円以下であれば、問題ありません。

会社員の住民税は、給料から天引きされていますので、
副業によって収入が増えてしまうと、
住民税が増え、会社にバレてしまう可能性があるわけです。

これまでも、バレることはあったのですが、
本業と副業の照合の手間などを考えると調査するほどの
ことでもなかったわけです。

しかし、マイナンバーによってひも付けがされれば、
調査は簡単になり、一発でバレてしまう、ということもありえるのです。

ただ、すべての副業が会社にとってNGかというと、そうでもありません。

株、投資信託や外貨取引などの資産運用は別に副業にはなりません。

ただ、オークションやアフィリエイトのように、
主体的に事業をしていると思われるもの、
継続的にビジネスをしている場合などは副業に当たるとみなされる
ことが多いので、マイナンバー後も注意が必要です。

副業が会社にバレれば、会社を辞めさせられる可能性もあるので
サラリーマンとしては、気軽に副業をすることが厳しくなりますね。

これからは、ネットビジネス系の副業では無く
投資系の副業に変えていかなければ
サラリーマンと副業の両立は難しいでしょうね。


まずは、株から始めましょう。
相場師のノウハウを全て公開中です。

株トレード専門学校≪相場ゼミ≫


バレずに済む対策法はこちら
http://virtualinformer.com/af/?p=1176



ペンネームだけでも稼ぐことはできる


自分の実名を一切公表せず、ペンネーム
のままネットで自分のコンテンツ販売を
したいと考えた場合。

どのような問題点があるのか?

それでも可能な手段があるのか?

そんな事を思うかもしれません。


実名を出さずに自分のコンテンツを販売
する場合、どんな問題があるのかという
ことですね。


確かに会社に勤めながらビジネスを
やっていたり、何かの事情で実名を
出せない。


そんな方はたくさんいると思います。


実名を出さずにビジネスをやることは、
何ら問題はありません。


そうやって成功している人もたくさん
いますので。


問題となるのは、特定商取引法という
行政の規制です。


特定商取引法とは、通信販売は遠隔での
取引になるので、トラブルを防止するため
に販売者の情報などをきちんと表記すると
いうものです。


ここで、販売者の住所、連絡先、氏名、
など13項目の表記が必要になるわけです。


ですが、お客さんからの請求によって、
特定商取引法の事項を記載した書面
(メールでも大丈夫)を遅滞なく提供する
ことを表示していれば一部の表記を省略
することができます。


これによって、販売者の氏名も省略する
ことができます。


少し難しい話ですが、結論から言うと、
実名でなくても大丈夫ということです。


ですが、お客さんの立場を考えると、
表記はきちんとした方がいいと思います。


誰かとジョイントして、販売者になって
もらうのも手だと思います。


【只今、無料提供中】
ネットで稼ぐ方法を全く知らない、
ネット初心者の主婦である私が1か月で
夫の月収を抜いてしまった秘密の方法






 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ