ネットビジネスで効率良く売上を上げる

目安時間:約 3分


↑↑クリックしてね↑↑


効率良く売上を上げるためには、見込み客
の反応を高める必要があります。


例えば、

・セールスレターの成約率
・メルマガのクリック率や開封率
・ダイレクトメールからの問い合わせ
・広告に対するレスポンス


このように見込み客の反応を高めることが
できれば、効率良く収益を増やすことがで
きます。


単純に計算してもセールスレターの成約率
が2倍になれば、売上は2倍になります。


厳密に計算すると、2倍以上になりますが...


ですが、反応率を高めれば必ずしも売上が
上がるのかというとそうではありません。


なぜなら、反応率が上がっても、売上が下が
ってしまうケースがあるからです。


例えば、


1000人を集客して、1万円の商品を成約率
1%で販売したとします。


この場合、10人が購入し、10万円の売上が
上がる計算になります。


では、1万円の商品を3万円にして、成約率
が0.7%になった場合はどうでしょうか。


この場合、7人が購入し、21万円の売上が上
がる計算になります。


成約率が30%ダウンしても後者の方が売上が
上がっているということが分かると思います。


このことからも単純に


成約率アップ = 売上アップ


ではないことが分かると思います。


では、成約率の他に何を意識すればいいの
でしょうか。


それは、ビジターバリューです。


ビジターバリューとは、1アクセス当たりの
売上のことです。


先ほどの例で前者の場合。


1000人集客して、10万円の売上の場合。


10万 ÷ 1000人 = 100円(ビジターバリュー)


となります。


つまり、1人訪問するごとに100円の利益が
上がる計算になります。


次に後者の場合。


1000人集客して、21万円の売上の場合。


ビジターバリューは210円となります。


前者と比較すると、2.1倍のビジターバリュ
ーになります。


いくらセールスレターの反応率が上がって
もビジターバリューが下がっては最終的な
利益が減ってしまいます。


そのため、反応率を上げることだけではな
く、常にビジターバリューを基準に考える
ことが大切です。


反応率が下がってもビジターバリューが
高い方を選択するというのは、最終利益を
増やすために大切な考え方です。

成約率を上げることよりも大切なこと

目安時間:約 3分

効率良く売上を上げるためには、見込み客の反応を高める必要があります。

例えば、

  • セールスレターの成約率
  • メルマガのクリック率や開封率
  • ダイレクトメールからの問い合わせ
  • 広告に対するレスポンス
>> 続きを読む

タグ: 

カテゴリ:成約率  [コメント:1]

購入率をアップする為の方法とは

目安時間:約 5分

【現在の順位は?】



/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

稼ぐために必要な基礎知識を学んでください

【無料】ネットビジネスで稼ぐために必要な8ステップ講座

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/


対面のセールスやセールスレター
やメルマガで商品を販売するときに迷っている
お客様の背中を押す方法です。


これを使うことで、購入をためらっている
人の背中を押すことができ、商品の成約率
を高めることができます。


方法はいろいろとありますが、中でも追伸
を使った方法を紹介します。


まず、追伸とはご存知のとおり、セール
スレターなどの一番、最後にあるもので、
セールスレターの中でもとりわけ重要な
要素の一つです。


なぜなら、追伸はキャッチコピーの次に
一番、読まれる部分だからです。


では、どのように追伸を使えば効果的な
のでしょうか。


これについては、お店の店員とのやりと
りを想像すると分かりやすいと思います。


例えば、


あなたが前から欲しいと思っていた商品
があり、お店に見に行ったとします。


店員にその商品のメリットや価格につい
ての説明を受け、おまけにポイントもつけ
てくれることになりました。


あなたは、この商品があれば確かに便利だ
しなぁ...前から欲しかったものだし、どう
しよう...と考えています。


このように、店員に勧められた商品が良い
商品であるということを理解していても、
必ず買うと決めて見に行ったのでない限り
少なからず迷いが生まれます。


そこで店員が言います。


この商品はよく売れていて、ついこの前ま
で予約しないと買えなかったんですよ。

これが最後の1点で次回の入荷は未定なの
で、今、買っておいた方がいいですよ。


これを聞いたあなたは、おそらくじゃあ、
買います...となる可能性が高くなるはずです。


もし、最後の一言がなかったらどうでしょうか。


もっと安くて良いものがあるかもと考えて、
その場での購入を見送る人が多くなると思い
ませんか?


つまり、この最後のひと押しが追伸にあた
る部分になるわけです。


この話からも分かるように、追伸は簡潔で、
感情をストレートに伝えるものでなければな
りません。


これこれこうだから買って!という具合に...


もし、複数、伝えたいものがある場合は、


・メッセージ性のあるもの
・限定数や緊急性などの煽り
・保証などの安心感


などをそれぞれ分けて、追伸1、追伸2...と
書いていきます。


もしからしたら、なぜ、分けて書く必要が
あるのかと思うかもしれませんね。


これは伝えたいことを無理やり一つにまと
めて書くより、分けて書いた方が読み手に
与える心理的な影響が大きいからです。


具体的には、


追伸1は読み手のモチベーションを喚起する
ようなメッセージ。


追伸2では緊急性の打ち出し。追伸3では特
典や保証の強調という感じにします。


このように段階的に分けて追伸を書くことに
よって、読み手の心理は、


追伸1で購買意欲が高まる。追伸2で購入する
気持ちが固まる。


追伸3では、安全性を再確認した上で決済できる。


というように働いていきます。


もし、これらのメッセージを一つにまとめ
て書いていた場合、どうしても伝えたい内容
がぼやけてしまうのです。


話をまとめると、


購入者の背中を押すためには、短く感情
をストレートに表現した追伸を書く。


複数のメッセージを伝えたいときは、
モチベーションを喚起、緊急性、保証の
強調という流れで追伸を書く。


ということです。


追伸の書き方を工夫するだけで、購入者の
数が増えます。


ぜひ、参考になさってください。


タグ:

カテゴリ:成約率  [コメント:0]

購入率を上げる基本の基本

目安時間:約 3分

今のランキングは何位かな?



物を買ってもらうための基本は、

『相手が欲しがるツボを探し出す』

これが、できていないとまったく売ることはできません。

ブログとか見ていても、「売り売り感」が
出まくっていれば、誰も買いません。

自分の利益だけを考えて
自分で売りたいもの売っている感じです。


買うのはお客さんなので
お客様の事を思って、役に立つ物を提供する。


このことができなければ全く売れません。


それも、全然ほしいと感じないレターで
売ろうとしているのだからね。


自分がお客なら、あなたのレターでほしいと思えるか
よく考えてほしい。


よくわからないなら、
同じ商品で他の人のレターと比べてみてください。


あなたのレターの方が、ほしくなると思えますか?


ほしいと思わなければすぐにレターを修正してください。


ライバルより欲しいと思わすことができければ
レターを書いても意味がありません。


常にライバルを意識し、観察し
ライバルの上を目指さなければなりません。


では、どうしたらライバルの上をいけるか?


それは、ライバルのレターの中で、
購入したいと思ってしまう部分を
自分のレターに組み込むのです。


そして、+αとしてあなた独自の最高の売りを
レターに書けばライバルの上をいけるのです。


これが、ライバルを意識し、観察する最大の
意味となります。


短期間で収入を得るには、
お客が買わずにはいられなくなるレターの
書き方を学ぶことが最も重要です。

その極意をここで紹介しています。

http://cs-x.net/sk/c/02702.html


これだけで、あなたの月収は0円なんてことはありません。


現状に満足をしていないのなら行動してください。


タグ: 

カテゴリ:成約率  [コメント:0]

稼ぐ事が出来ない理由は何か?

目安時間:約 3分

最近、稼ぐ事ができない系の相談
がとても多いです。


そして、そんな人に限って売上が
上がらない原因を分かってない。


こんなことが多々あります。


何がいけないのかが分からなければ、
改善のしようがありません。


ビジネスは仮説、実行、検証の
繰り返しです。


これをやらずして売上を上げること
はできません。


これは法人に限らず個人のビジネス
でも一緒です。


集客が足りないのか、それとも単価が
足りないのか、リピーターがいないのか。


まずはここからがスタートです。


そして、よく数字を見ていくと、
ほとんどの場合は集客ができてない。


という壁に当たります。


つまり、サイトにアクセスがないと
いうことです。


一番手っ取り早いのは広告を使って
テストを繰り返すことですが、


最近はツイッターやフェイスブック、
YouTube、ブログなどがあるので、
無料で集客できたりします。


でも、実際は上手く活用できている人
はほんの一握りで、ほとんどの人は
上手く行かない。


失敗する原因は色々あると思いますが、
しいて一つ挙げるとすると、


行き当たりばったりになっていると
いうことです。


フェイスブックが集客に使えると
聞けば、フェイスブック。


ツイッターが熱いと聞けば、ツイッター。


これでは上手くいかないわけです。


とくにソーシャルメディアなんて、
万能ツールではないので、一つだけ
やればいいというものではありません。


集客の目的は見込み客に連絡先などの
足跡を残してもらって、セールスに
つなげることです。


なので、考えなければいけないのは、
メールアドレス登録までどんな流れで
持っていくのか、ということです。


例えば、


ツイッターからブログに誘導して、
ブログでメールアドレスを登録して
もらう。


YouTubeからランディングページ
へ飛ばして、メールアドレスを登録
してもらう。


フェイスブックからランディングページ
へ飛ばして、メールアドレスを登録して
もらう。


無料で集客したいのであれば、一通り
各ソーシャルメディアの特徴や役割を
理解することが大切です。


ゴールはメールアドレスの登録。
(見込み客のリスト化)


それまでの流れは組み合わせと
あなたのアイデア次第です。

知恵を振り絞って考えましょう。

今は大変ですが、今後のあなたが飛躍的に
成長いたします。

クリック数アップ、成約率アップのためのツール

目安時間:約 3分

突然ではありますが、あなたの商品は、売れていますか?

 

クリック数、成約率に満足していますでしょうか?

 

今でこそ、そこそこ商品が売れていますが、最初は、散々なものでした。

 

無い知恵を搾り出し、3ヶ月掛けて作り上げた商材を販売したところ販売から2ヶ月間1個も売れませんでした。

 

3ヶ月必死で行った結果がこれです。

 

現実とは厳しいものです。

 

でも、このままでは終わることはできません。

 

3ヶ月という苦労を無駄にしないためにも売れない原因を追究しなければ、今後も同じ間違いを繰り返し一生売れないままになります。

 

そこで、考えたのが現役トップアフィリエイターの販売サイトを徹底調査することでした。

 

調査することでいろいろなことが見えるようになりました。

 

クリック数アップ、成約率アップのために文章の書き方、構成、画像の使い方などいろいろです。

 

販売サイトには、目に見えない心理的な要素が多く埋め込まれております。

 

このことに気が付いて、自分のサイトにも埋め込むことが出来れば売れると思います。

 

実際、私がクリック数アップ、成約率アップのための心理的な要素を埋め込むことにより一気に、売れ出しました。

 

やはり、トップアフィリエイターの方のサイトは思わず購入してしまう、目には見えない心理的な

要素が凝縮しているので是非、真似して見てください。

 

私が調査した、トップアフィリエイターの目に見えない心理的な要素は下記からご覧になれます。

http://www.virtualinformer.com/tool/js/index.html

プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
にほんブログ村

稼ぐために必要な事メルマガ

メルマガはこちらです

『モノが買いたくなるキーワードを使い顧客購買心理を刺激する』をお配りしています。

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ