メルマガ開封率をアップさせる方法

目安時間:約 4分


今日は、
『開封率を上げるためにはどうしたら良いのか』を
お伝えします。


あなたは、メルマガを開封するときはどんな時でしょうか?


多分、メルマガタイトルが気になった時だと思います。


では、何故、気になるのか?


回答を言う前に申し越し考えて見ましょう。


「大事件発生」と「開封率アップ方法」のタイトルでは
どちらの方が開封率が良いか?


多分、「大事件発生」と比べて「開封率アップ方法」の方が
開封率は悪くなるでしょう。


これは、何故か?


とても簡単です。


「大事件発生」の方が『メルマガの内容が不明且つ、気になる』からです。


「大事件発生」は、内容は不明且つ、気になりますよね。


でも、「開封率アップ方法」は、内容は明確で、
気になる人と、気にならない人に分かれてしまいますよね。


なので、開封率が悪くなってしまうのです。


もし、あなたがメルマガを発行していて
メルマガタイトルだけで、メルマガの内容に
どのようなことが書いてあるか予測できてしまうような
タイトルでは確実に開封されません。


何時間も掛けて作り上げた有益なメルマガでも、
タイトル次第で開封してもらえないなんてもったいない。


なのでメルマガタイトルで、どんな内容が書かれているのか
期待を持たせるタイトルにしてください。


多くの人は、どんな内容が書かれているか明確に分かる
タイトルを付けているから開封率が悪いのです。


メルマガタイトルは、『インパクト』が最も重要です。


オーバーすぎるくらいでいいのです。


私は、メルマガを100通位購読していて、
その中で、自分が気になったメルマガタイトルは
ピックアップして、メルマガの内容に応じて
少しアレンジして使わせてもらっています。


何でもそうですが、0から考えるのはもの凄く大変なことです。


でも、そこにベースというものがあれば、あまり考えずに
クオリティの高いものが完成するのです。


普段から、自分に使えそうなものはピックアップしておき
どんどん活用させてもらいましょう。


ネットビジネスは、スピードが命です。


活用できるものは、活用するべきです。


メルマガとは、あなたが思っている以上に
開封してくれません。


メルマガの内容も重要ですが、
まずは、開封してもらわなければ意味が無いので
どうしたら、開封してもらえるのかを、
よく考えてタイトルを付けてください。


中々、タイトルが決まらないときには、
10個位候補を出して、自分が読者なら
思わず、メルマガを開きたくなるタイトルを
選んでください。


私は、以前このようにしてタイトル選びをしていましたが、
今ではベースも多く集まっていますのでそれを有効活用しています。


メルマガで稼ぐには、開封率は必修です。


いくらメルマガ読者1万人いたとしても、
メルマガを開封してもらえなければ意味がありません。


メルマガ読者を集めることばかりではなく、
開封率についても学んでいきましょう。



ブログランキングのクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

トラックバックURL: 
プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ
にほんブログ村

稼ぐために必要な事メルマガ

メルマガはこちらです

『モノが買いたくなるキーワードを使い顧客購買心理を刺激する』をお配りしています。

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ