仕事が出来る人の時間の使い方 第2弾

目安時間:約 7分

前回の第1弾は読んでくれましたか?
まだ読んでいないのであれば
まずは第1弾からお読み下さい。

第1弾はここをクリック


さて、ここから第2弾となります。

8.会議を早く終わらせる秘訣

「立って考えると、思考スピードが33%アップする」

「会議室が狭いほど、活発に意見がでる」

ということが判っています。

会議を効率化するのなら

「狭い部屋で立ち会議」がベストです。


9.パソコンで時間短縮する5つのコツ

パソコンを上手く使いこなせば、

一気に仕事の効率が上がります。

次は「パソコン時短術」を5つご紹介します。
1.ショートカットキーで一発操作
2.よく使う単語は、辞書登録しよう
3.アナログ検索を活用しよう!
4.アプリで仕事効率化!
5.ネットショッピングで時間短縮


10.「テンプレート」で書類作成時間を半分に!

書類やメールなど「文章を作る」には、

大変なな労力と時間が必要です。


その労力と時間をかけないためにも、

同じようなものは全て、

「文章をテンプレート」にすること。


書類やメールをいくつか残しておき、

それを書き換えれば出来上がり。


やってみてください、かなりの時間短縮になります。

ただ注意が必要です。

メールアドレスを変更しないまま送信。

名前を書き変えないで送信。

あまりにも簡単すぎて、このような単純ミスを

犯しやすいので、送信前には必ず再度チェックしてください。


11.企画書やプレゼン資料を早く仕上げるには

企画書やプレゼン資料を作るときに

「1ページずつ仕上げていく」と、

とても時間がかかります。

そこで、書類作りのスピードを上げる

ちょっとしたコツをご紹介します。


↓ 手順はこちら ↓
1.骨組み(アイディアをすべて書き出し、それを並べ替える)
2.肉付け(データ・グラフなどを追加)
3.仕上げ(読みやすい文章に仕上る)


12.カバンの中身は、整理整頓

カバンの中身を整理整頓しておけば、

当然 時間短縮につながります。


しかし、カバンの整理整頓には、

もっと重要な意味があります。

それは…

「心の状態が、そのままカバンの中身に表れる」


優秀な上司や同僚や女性は、「カバンの整理整頓の具合」で、

その人の人間性を見ています。


もしも、取引先で、カバンをかき回しながら名刺を探したり、

食べかけの菓子パンが入っていたりしたら、

商談にも影響を及ぼしかねません。

いつ、されに見られてもいい様に、

カバンの中は、しっかりと整理整頓しておきましょう。


13.「結論」から話すと、説明を短くできる

上司への「報告・連絡・相談」は、

「結論」から話すのが基本です。


結論から話すと、相手は格段に聞きやすくなり

短時間で話が終わります。

結論だけ聞きたい人にはとても時短に繋がります。

反対に、結論の見えない話は、

相手をイライラさせてしまいます。


14.考え事は、書きながら進める

「頭の中だけ」で考え事をすると、

思考が煮詰まってしまいます。

ところが「書きながら考える」と思考が整理され、

いいアイディアも湧いてくるものです。

考え事をするときは、

A4用紙を用意して箇条書きにしていくのがおすすめ。


また「マインドマップ」を覚えると、

頭の回転が速くなり、さらに記憶力まで良くなります。

マインドマップの書き方については、割愛させて頂きます。

書籍にてご確認ください。


15.ビジネス書を読むと、年収が上がる

「本を読む時間なんかない!」という人ほど、

ビジネス書を読んだ方がいい。

ビジネス書を読めば、要領が良くなり、

仕事が早くなります。


つまり、

「時間があるから読書する」のではなく、

「読書するから時間を作り出せる」のです。

「ビジネス書を読む量」と「年収」は

比例するというデータもあります。

是非、積極的に読書をしてください。


16.本を大量に読める「速読術」とは

ビジネス書を大量に読むには、

それなりの時間が必要になります。

そこで、最速・最善の速読法をご紹介いたします。

ビジネス書・速読のコツは、

隅から隅まで読まず、パラパラと見ながら

「自分が必要と感じる部分」だけを読む。

そして「特に大切」と思ったところは、ノートに書き写す。

やがて、そのノートが「自分だけの最高のビジネス書」になります。


17.最後に「最高の時間術」をご紹介します

たくさんの時間術をご紹介しましたが、

最後に極めつけの時間術をご紹介いたします。

それは、『人に任せる』です。

人に任せることができれば、単純に、

自分の作業時間はゼロになります。

たとえば、

計算が苦手なら「エクセルの得意な同僚」にお願いする。


書類作りが苦手なら「パワーポイントの得意な同僚」にお願いする。


そうすることで、仕事の効率がとんでもなく良くなります。


そのためには、普段からしておかなくてはならないことがあります、

それは、揺るぎない信頼関係を築いていくことが大切です。

以上、【仕事の効率化】仕事ができる人の時間術・まとめ16でした。



※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry




仕事が出来る人の時間の使い方 第1弾

目安時間:約 6分

新人、仕事が遅いサラリーマンは、時間に追われてしまう。

一流サラリーマンは、時間有効に使いこなしている。

会社が求めている人材は、

睡眠時間を削り、夜遅くまで残業をする人より

仕事を効率よくできる人が求められます。


では、一体どうしたら仕事を効率化できるのでしょうか?


今回は「仕事ができる人の時間術」をまとめてみました。



1.仕事術の王道といえば「ToDoリスト」


ToDoリストとは、単なる「仕事のチェックリスト」です。


この「ToDoリスト」を作成すと、

優先順位が見えてきて、効率よく仕事をこなすことができますし、

仕事の抜け防止にも役立ちます。


また、

1つ仕事が終わるたびに消していくことで、

達成感も味わえます。


でも、ToDoリスト作成について注意点があります。

それは、時間をかけ過ぎないこと。

リスト作成に時間を取られていては、本末転倒です。


決して綺麗なものを作る必要はありません。

自分がわかればいいのですから、

1枚のメモ帳に殴り書き程度で時間をかけないようにしましょう。


2.「思考系」の仕事は、脳のゴールデンタイムに

人間の脳が最もフル回転出来る時間は、

午前中とも言われている。

そして、昼食後、急激に減速します。


つまり午前中が「脳のゴールデンタイム」なので、

午前中は頭をつかう仕事に集中して、

午後は作業をするのが最も効率的。


このスケジュールを立てるのも、

「ToDoリスト」がとても役に立ちます。


3.「朝シャワー」と「朝カレー」でエンジン全開

先ほども言いましたように、

サラリーマンにとって「午前中」はゴールデンタイムです。


ところが、朝が弱くて「午前中はボーっとしている」

という人も少なくありません。


そんな方におすすめなのが、

「朝シャワー」と「朝カレー」です。


脳の血流が増加し「IQが上がる」という効果があります。


朝が弱くて、中々目が覚めないなら

是非、試してください。


4.「色」で集中力アップ!

「集中力が上がる色」

それは、ズバリ『黄色』。


ノート・ペン・ふせんなど、文房具は黄色いものを選ぶのが正解。

黄色いハサミ黄色いホッチキス。


また大切な商談など、勝負のときは赤いパンツです。


5.人は一年間に150時間も「探し物」をしている!

「人は一年間に150時間も探し物をしている」

という嘘のような、本当のデータがあります。


「ホッチキス、誰か使った?」

「折りたたみ傘はどこかな?」


この時間を簡単に減らすことができます。

その方法は、「高価」なものを使うです。

高価なもの、大切なものは常に

大切にしまってあるので置き場所も限定するので

「探す」っていうことをしないのです。


人は、大切なものを無くしませんからね。


時間を節約できるのなら、高価なものを買うことです。


6.「目標タイム」を設定して集中力アップ

ストップウォッチなどを使って、

「この仕事は15分で片づけるぞ!」と決意すると、

ものすごい集中力を発揮します。

これが「デッドラインテクニック」。

どんな仕事も「小分け」にして「目標タイム」を設定すれば、

確実に早く終わらせることができます。

また、ゲーム感覚になるので単純作業も楽しくなります。


7.メモは「写真」で十分

駅の時刻表を、メモ帳に書き写している

サラリーマンをときどき見かけます。

そんな面倒なことをしなくても、
スマホの写メで写してしまえばいいのです。

また会議のホワイトボードも、

写真に撮れば 会議に集中することができます。

このように、少し考えれば時間を短縮できる事があります。

その節約した時間を自分の時間として
生み出すことが出来るのです。

このようにして自分の時間を作って
他の仕事を誰よりも消化する事ができるのです。

だから、誰よりも仕事が出来るのです。


まだまだ、時間を短縮する方法はありますので

この続きは、第2弾でおつたえします。

第2弾はこちらです



※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry



成功している社長が本を読む理由 第2弾

目安時間:約 6分

前回に続いて第2弾です。

前回を見ていないのであればこちらをクリックしてください


私の知っている有名ネット起業家とお話をする機会がありましたで

「1ヶ月に何冊くらい本を読んでますか?」

「いつ本読んでるんですか」と聞いてみました。


そしたら、何と言われたと思いますか?

「その聞き方は間違っている」だって。


そして、立て続けに、

「本は読むのもではなく、学ぶもの」

名言「キターーーー!」って感じです。


この名言を聞いて、

多くの人が本に対する間違をしていることに気がつきましたか?

気が付かない?

それでは、お答えしましょう。


まず、「知ってる」という部分です。


これは超ありがちな反応だけど、超危険な考え方です。


なぜなら私らは「何を知っているか」ではなく、

「何ができるのか?」「どんな成果が出せるのか?」で評価を受け、

そして稼ぎ食べているわけです。


なので、本を読んだ時に

「それを知っているのか、知らないのか」というのはどうでもいい。


大事なのは、その「知っている」ことを「実施できているのか?」

というところですよ。


セールス文などの文章は、「知っていること」しか書けない以上、

書くためには「知っていること」を増やさなければなりません。


そのために、勉強として本を読むのです。


勉強とは、

「勉強=新しい知識を得ること」

だと思っていると思いますが、

ビジネスにおいてこの考え方は間違っています。


「勉強=知識を得ること」

だと思っているから、本を読んだり講義を聞いたりしたとき、

聞いたことある。


その話、知ってる。


新しい話はないのか?

そういう反応になってしまいますよね?

これは知識を得れば得るほど起こりやすくなります。


ビジネス書を読んでもセミナーに行っても、

「知っている」内容が多くなってきます。


そして結果として、自分自身に「驕り」が生まれて成長が止まり、

新しいものだけしか受け入れない、

単なる知識マニアになってしまうのです。


勉強が知識を得ることでないなら、何なのか?


「何かができるようになる、ということ」。

できなかったこと。

できるようになりたいこと。

できるようになる必要があること。

が、

できるようになることです。


例えば、本を読む場合、

多くの人にとって本を読む目的は、

本を読むことそのものです。


分厚い本を読破して、

「やったぜ!とうとうあの7つの習慣を読んだぜ!」

という疲労感を味わうこと。


山積みになっている「読みたい」本を制覇すること。


それが目的になっているため、

速読を学んで「数」ばかりを増やそうとするのです。


しかし勉強の目的が「できるようになること」であるなら、

まずは、

何のためにその本を読むのか?
何のためにその勉強をするのか?
何をできるようにならなければならないのか?

を決める。

そしてそれが出来るようになるまで繰り返し学び、

実践しなければいけません。


むしろ、何か出来るようにならなければいけないことがあって、

その本の1ページ目にそのやり方が書いてあったなら、

そこだけ読んであとは読まない、

というのが正解です。


目的もなくその後のページを読む時間があるなら、

1ページ目の内容を確実にやって結果を得ることの方が、

よっぽどビジネスや人生にプラスの成果をもたらすのです。


勉強の目的は、

「出来なかったことが出来るようになることである。」

新しい知識を得ることが勉強の目的ではない。


だから、何冊本を読むとか、

読んだ本や教わったことを「知っている」か、

は関係がない。


であるなら、、、

今あなたに必要なのはどんな勉強でしょうか。


あなたは今、どんなことができるようにならなければいけないのですか?

今読んでいる本は、それで本当にいいですか?



ネットビジネスのことでなにかご相談があれば、

本当にご気軽にこちらにどうぞ





※ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry




プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

ネットビジネスで稼ぐために必要なこと
稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ