文章に引き込まれ読みやすい文章は売上を上げる

目安時間:約 8分

まず、一番に頭に入れてほしいのが「文章は読まれない」と思ってください。


文章は読まれると思って書く文章は、引き込まれません。


だから、最後まで読んでもらえないし、購入にもつながらないのです。


そこで、今回は

読みやすい文章のポイントを紹介していきます。

ポイントは4つあります。

1.簡潔であること

2.語尾に気を配る

3.ひらがなを使う

4.ブラウザチェック


かなり基本的でライティング全般に精通している内容も多くありますが、どれも重要ですのでそれぞれの詳細についてお話ししていきます。



1.簡潔であること

長々と綴られた文章は読みにくいばかりか、読む気が失せてしまいます。


記事を見ようとしたけど読みにくそうだから読むのを止めた。

あなたもそんな経験が、1度や2度はあるかと思います。


例えばこんな文章

『今回はコピーライティングについてですが、そもそもコピーライティングとは何なのかということから説明すると〜』


この文章は短めなので読めないということはないかと思いますが、このような構成が続くような文章はものすごく読みにくいはずです。


読みやすくするためには、一文を1〜3行で区切ります。


さきほどの例文を簡潔にすると・・・

『今回はコピーライティングについてです。

そもそもコピーライティングとは何なのか?

コピーライティングとは〜』


こちらの方が読みやすくて内容も頭に入りやすいはずです。


また、区切りと合わせて改行を適度に入れることで、より読みやすい文章になります。


内容を理解してもらうには理解してもらえる文章を書く必要がありますので、簡潔であることはとても重要というわけです。



2.語尾に気を配る

読みやすい文章にするためには語尾にも気を配ります。


ちなみに印象が良いのは

『ですます調』です。


「〜だろう」

「〜だ」

という言い切りは上から目線で嫌う人が多いので、特に目的がなければ『ですます調』で書くことをおすすめします。


そして、同じ語尾を続けないというのも読みやすい文章にするためのポイントです。


例えば、

今回はコピーライティングについてです。

コピーライティングはとても重要です。

ネットビジネスで必須スキルです。


このように、同じ語尾が続いてしまうと文章が単調になってしまい、リズミカルに読み進めてもらうことが出来ません。


「です」

「ます」

「でした」

「でしょう」

などを使うことで文章にメリハリが出て違和感のない文章になります。


ですので、文章を書いていてあまり同じ語尾が続くようでしたら、意識的に変えてみるといいです。



3.ひらがなを使う

漢字が多い文章はよみづらくて理解し難いです。


例えばこの一文

「文章に平仮名を使う事で読み易くなります」

漢字にできるところは全て漢字になっています。


短文ですが、おそらく読みにくいと感じるはずです。


ですので、あえて「ひらがな」を使います。


例「文章に平仮名を使う事で読み易くなります」

ひらがなを使うと
⇒「文章にひらがなを使うことで読みやすくなります」

適度にひらがなを使った方が明らかに読みやすいはずです。


ひらがなの効果は読みやすくなるだけではありません。


ひらがなの字体には曲線が多く、やわらかい印象を与えます。


ですので、ひらがなを使うことで親しみやすい文章になるという効果もあります。


そして、これは言葉に関することなのですが、たまに難しい言葉を頻繁に使っている方を見かけます。


読み手に知的だと思ってもらいたいという理由で、あえて使っている場合がありますが、少なくともネットビジネスでは自分の知識をひけらかすために文章を書くわけではありません。


ネットビジネスで文章を書くのは何かを伝えることが目的なので、ストレス無く読み進めることのできる文章が絶対条件です。


ですので、難しい言葉を無駄に使わないということです。



4.ブラウザチェック

Web上にある記事はパソコンで読まれるだけではなく、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末で閲覧されます。


そして端末によって記事(文章)の見え方が違うので、主要端末やブラウザで自分の記事がどう見えるのかを確認する必要があります。


確認することは以下の3つです。

《改行》
読みやすい改行がされているか

《文字化け》
端末によって文字化けしていないか

《型崩れ》
端末によってサイトの構成が崩れていないか


端末でしたら、

「パソコン」

「タブレット」

「スマートフォン」

で確認。


特に最近はスマホユーザーがかなり多く、媒体によっては9割以上がスマホユーザーというケースも珍しくありません。


実際に私が運営しているサイトの1つは、スマホユーザーが95%ですので、スマートフォンでの確認は必須です。


そしてブラウザでしたら

「IE(Internet Explorer)」

「Google Chrome」

「Firefox」

「Safari」

などの主要ブラウザを確認します。


ちなみに型崩れに関しては、端末に合わせて画面サイズが調整されるRWD(レスポンシブ・ウェブ・デザイン)を採用する必要があります。


ワードプレスであれば、RWDが採用されているテーマ(テンプレート)を選ぶことをおすすめします。


このような、文章の書き方次第で

年に5億を稼ぐ人のやり方

をご覧ください。


【私がいつも使っている「Google Chrome」でスマフォサイズでサイトを確認する方法】

下記の手順で、表示させたいスマフォを選んで下さい。

「Google Chrome」でスマフォサイズ確認
「Google Chrome」でスマフォサイズ確認
「Google Chrome」でスマフォサイズ確認
「Google Chrome」でスマフォサイズ確認


※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry





副業でリスクで出来るネットビジネスとは? その2

目安時間:約 6分

副業であるならば、時短とレバレッジを意識


本業を持っていると、副業を行う時間として、

1日に取れる時間はかなり制約されているかと思います。


つまり、リスクなしでかつ短い時間で収益が確保できる

ネットビジネスがベストなわけです。


そう考えると在庫を抱えるビジネスは、

梱包や発送に手間を取られますし、

それを外部機関に委託しても、管理するのが大変です。


かなり面倒です。


ライター業務は副業時間で1記事更新できても、

せいぜい500円から1000円。


単価がよければ1万円にはなりますが、

かなりリサーチが必要なので、短時間では無理。


やっぱり結論として在庫の心配不要、売上は全部自分のもの、

ある程度軌道にのればあとはほったらかしで稼げる。


そんなメリットのつまったアフィリエイトがオススメですね。


もちろんアフィリエイトを「仕組み化」できるまでは骨が折れます。

大量の記事更新、クオリティの向上、キーワード選定・・・



でも逆に仕組み化が完成すれば、資産性が高い副業ですので、

ぜひ挑戦されることをオススメします。


あと「骨が折れる」ので、ライバルも多く挫折します

だから参入のチャンスはまだまだあるかと思います。




副業に最適なアフィリエイトとは?

アフィリエイトと一口に言ってもその種類は豊富です。

特にオススメなのはリストビジネス。


リストビジネスは、顧客名簿を手にいれて

その人達にアプローチしていく方法です。


なんでわざわざ顧客名簿を手に入れるのかというと、

お客様に個別にアプローチすることで、

「高い商品」でも売れるからです。


アフィリエイトには大きく分けて、

・厚利少売型
・薄利多売

の2つの方法がありますが、

副業という時間が制限された中で、

アフィリエイトをしていくのであれば、

断然「厚利少売型」をやるべきです。


薄利多売だと利益率が低いので、

どんどん時間は削られて行きます。


一方、厚利少売だと売れた時の利益が大きいので、

売れた時、これまでかけた時間の元が一気にとれます。


じゃあ、アフィリエイトにおけるリストビジネスとは、

どんな手法があるのかというと、

それはDRMを基本としたメルマガアフィリエイトです。

ダイレクトリスポンスマーケティングとは?アフィリエイト活用事例




メルマガアフィリエイトは仕組み化できるので副業に最適

メルマガアフィリエイトと言うと、

メルマガを発行してメルマガの中で

アフィリエイトを行っていくわけですが、

それを考えると「難しい」と考える人が大半です。


そして、メルマガを発行するのも大変という

イメージも大きいかと思います。


ただ、1通1通記事を作成して、

メルマガを発行して・・・

こんなことが、かなり面倒と思われる。


しかしメルマガアフィリエイトは、

労働作業では無いことを知ってもらいたいです。


メルマガは「ステップメール」という機能を

利用することで自動でメルマガを送ることが出来ます。


ステップメールとは、予めセットしたメルマガを、

順番に配信してくれるシステムのことです。


1通目からどのタイミングで登録しても配信されるので、

労力なく情報を届けることができます。


なので、あなたは1度ステップメールの原稿を

仕上げてしまえば、後はほったらかしで、

ステップメールがセールスしてくれます。


こうした副業における時間的なリスクも

軽減してくれるのがメルマガアフィリエイトです。


本当にほったらかしで稼ごうとしているなら

メルマガアフィリエイトはオススメです。


メルマガアフィリエイトをするなら

「億を稼ぐ」コピーライターからの添削付きで

購入できるこの教材がオススメです


ぜひぜひ今回の記事を参考にして頂ければなと思います。

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。



※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry




アフィリエイトで稼ぐ為に必要なダイレクトマーケティング(DRM)とは?

目安時間:約 6分

今回はダイレクトリスポンスマーケティング(以下DRM)についてお話します。

アフィリエイトをする上で避けては通れないことなので、

しっかりご覧ください。


DRMとは?

DRMとは、ダイレクトリスポンスマーケティングの略で、

・ダイレクト:直に

・リスポンス:反応がある

・マーケティング:販売戦略

ということです。


お客さんに行動を促すマーケティングのことです。


お客さんに情報や商品を提供するだけでなく、

お客さん自身からも行動を促してもらって

商品を買ってもらうということ。


事例をみるととてもわかりやすです。


よく、ファミレスやガソリンスタンドなど

ポイント券やカード発行の案内していませんか?


あれは、あなたのメールアドレスを獲得して、

そこでお客さんと繋がる接点を持たせる役割をしています。


そこで

「詳しくはコチラまで」

「続きはWebで」

というふうに

あなた自身に行動を起こさせる。


これがDRMですね。


昨日、やよい軒でご飯を食べる機会があったので、

メニュー周辺を探してみたら、

やはり「モバイル会員募集」なんてのがありました。

これもDRM戦略ですね。


ぜひあなたも、飲食店など行った際は探してみて下さい。

必ずと言っていい程メルマガやモバイル会員、

アプリ登録の案内用紙があります。


他の例で言うと資料請求なんかもあります。


あれは、興味のあるお客さんが、

お客さん自身で問い合わせてくるので、

成約率も高く、無駄なコストがかかりません。


通常の売り込みだと、必要でない人もターゲットにしてしまうので、

非常に非効率的な方法なんです。


団地やアパートの郵便受けにはたくさんの

広告が入ってることがありますよね?


ちょっと考えてみて下さい、

広告を見た途端、すぐにゴミ箱へ

なんて広告が今まであったかと思います。


資本力のある企業なら、これもありですが、

効率的ではりませんよね。



アフィリエイトの活用事例



このDRMは最近ネットビジネスで頻繁に活用されています。

そしてその最も基本的な流れが以下、3つになります。

・集客
・教育
・販売

です。


まずは、『集客』です。


多くのアフィリエイター(私も含め)が

ブログ、SNS、Youtubeといった窓口をもうけ、

自分に興味のあるお客さんを集めます。


私を例にとると、いわゆる「稼ぐ系」に興味のある方、

またはコピーライティングに興味のある方を集めています。


そして、次に『教育』です。

教育の段階では集客の結果、

興味をもってくれたお客さんに、

良い情報やコアな情報をお届けしていきます。


このブログを例にとるとメルマガ講座が

その例ですね。


メルマガ講座では、私のブログや情報に

興味のあるという方のために、

よりよい情報を発信しています。

ちなみにここで、メルマガに登録してくれた方のことを

「リスト」と言います。


教育だとかリストとか、

あまり好きになれない言葉なんですが、

要は、しっかりとした情報を発信して、

「お客さんと信頼関係を築いていくこと」なんですね。


そして最後に販売です。


お客さんの為になることを発信して、

信頼関係を築けたら最後は『販売』です。


ここまで話した感じ、非常に営業に似ていると思いませんか?

とくに新規開拓で、何度もアプローチして、

好感を抱いてもらって、最終的に

「あなただから買ってあげる」

なんて言われたら嬉しいですよね。


これと同じようなことが、ネットビジネスでも可能なんです。


ざっくりですが、アフィリエイトでは、

集客の為にブログを作成して、メルマガで教育し、

そこから売り込みをかける、というのが流れになります。

あなたも情報発信をするなら、

この流れ、しっかり抑えておいて損はありませんよ。


本日は、DRMの概要とそのアフィリエイト活用事例を紹介しましたが、

これは基本中の基本です。


ぜひこの流れをしっかりと覚えておいてください。


最後までお付き合い頂きありがとうございました。


アフィリエイトに興味がございましたらコチラをご覧ください



※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry




プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

ネットビジネスで稼ぐために必要なこと
稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ