アフィリエイトで「買うのはまた今度」 何故お客さまは、最後の購入を止めるのか?

目安時間:約 5分

「いろいろ考えたんですけど、買うのはまた今度にします」

店員や営業マンであれば、

お客さんからこんな言葉を聞いたことがあるはずです。


「何故お客さんは悩んで悩んで、

そして購入をやめてしまうのか」


そんな購入を思い止まったお客さんは、

どのような対処をすればいいのかをお伝えします。


お客さんは、商品の購入を決定するまでに『2度』迷う事を

頭の片隅にでも入れておいてください。


例えば、住宅の購入であれば、

「買うか、買わないか」をはじめに検討する。


これが、第1段階の迷い。


買うと決めた後で、

「マンションを買うか、戸建てを買うか」

「マンションならどこのブランドを選ぶか」

「場所はどこにするか」

などを具体的に検討する。


これが、第2段階の迷い。


この場合ですと、

・迷いの第1段階・・・購入の検討として「購入するか、購入しないか」
・迷いの第2段階・・・商品の検討/企業の検討「どの商品を買うか、どこから買うか」



例えば、企業であれば

「設備投資をするのか、しないのか」

これが、第1段階の迷い。


それから「どのような設備を導入するのか」

これが、第2段階の迷い。


このように、店員や多くの営業マンは、

お客さんが「2度迷う」ことに気がついていません。


第2段階の悩みにしか対応できない店員や営業マンは、

案件を追いかけるしかありません。


ところが、「購入すると決めているお客さん」

「ニーズが高いお客さん」の数は多くありませんから、

売上を伸ばすのに苦戦を強いられるのです。


第1段階で悩んだ結果、

購入をやめるケースとして多いのは、

「中止と延期」です。


では、その理由を見ていきましょう。


購入を目の前にして、最終的には

「やっぱり、今回は・・・」


どうしてお客さんは、中止や延期と

してしまうのでしょうか?


資金面での事情など、やむを得ない理由もありますが、

実際は抽象的な理由からです。


社会全体の雰囲気や時代の流れの中で感じる

「漠然とした不安」に惑わされ、根拠もなく、

様子を見ることが多いのです。


人間には

迷ったら ⇒ 止まる

理解できなくなったら ⇒ 止まる

という心理的な側面があります。


バブル崩壊を経験している人は特にですが、

「景気動向指数が良くなったというけれど、

消費税も10%に上がるかもしれないし、

いまは支出を抑えたほうがいい」

又は、

「鋼材やセメントなどの建設資材が値上がりしているので、

東京オリンピックが終わるまでは設備投資を控えよう」

などと考えてしまい、止まってしまうのです。


漠然とした不安を持つのは、

「将来のことがわからない」

「見通しが立たない」

からで、先を見通す力や情報があれば

「漠然とした不安」なんて持ちません。


だから、モノを売る時には

「漠然とした不安」を持たせることが無いように

徹底的に情報を与えるのです。


そうすれば、お客さんは喜んでお金を払ってくれます。


あなたが何を売るかで、

情報の与え方、情報の内容を良く考えてください。


不安を感じさせない、モノの売り方でおすすめの本がありますので

是非、一度読んで見て下さい。

その本はこちらをクリック



メルマガでも、ブログと違った切り口で

情報をお伝えしていますので是非、お読みください。

メルマガはこちらです



ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry


ネットビジネスやアフィリエイトで月収100万円を稼ぐ売り方

目安時間:約 6分

あなたが起業したら、

お客さんにどんな「商品」や「サービス」を

買って頂きたいと思っていますか?


売りたいものを売る?

売れるものを売る?


どちらでしょうか?


でも、その前に

お客さんに安心して、買って頂ける

「商品」や「サービス」の

階段の流れを作ることが大切です。


あなたは、

「フロントエンド・バックエンド」 って、

知ってますか、又は聞いた事ありますか?


「フロントエンド」は、

お客さんに、あなた紹介している

“買って頂きたいもの”

を無料、又は格安で試して頂くための商品です。


そして、

「バックエンド」は、

あなたが 本当に売りたい高額商品です。


『購入』の段階でお客さんが感じる

「不安」や「疑念」を 取り除くには、

お客さんが抵抗なく購入していまう

『購買のステップ』が必要になるのです。


スムーズに『購買のステップ』を

上がって頂くために、

お客さんにとって魅力的な最初のステップとして、

「フロントエンド」を用意するのです。


何故、フロントエンドが必要かと言うと、

物やサービスが溢れる世の中で、

知らない人、怪しいお店、無名メーカなどから

いきなり高額なものを買う人はいませんよね。


あなたの商品やサービスを

「なんか、良さそう〜」と

感じて下さったお客さんでも、

『購入』の段階までには、

「本当に効果あるかな?」

「お金を払う価値はあるのかな?」

といった「不安」や「疑念」 が

つきまとうものです。


その「不安」や「疑念」を 取り除くには、

お客さんのリスクを無くすために、

手軽に「価値」を 感じてもらう事が必要なのです。


『無料や安価で、実際に試してもらう』

これで、 良さを感じて頂き、

最終的にあなたの商品や

サービスのファンになってもらうのが、

「フロントエンド」の役割なのです。


例えば、テレビCMで超有名な

「再春館製薬のドモホルンリンクル」

まず、無料お試しという形で、

興味をもった潜在顧客が、

実際に商品を試せるようになってます。


化粧品は、人それぞれ好みがあるし、

肌が敏感な人は、

はじめての商品を使うのは不安ですし、

また、化粧水、乳液、美容液、

クリームなど、一揃えすると、

かなりの高額になります。


そんな、使った事のない

高価なものを始めから購入するには、

お客さんには、かなりのリスクがあるのです。


このお客様の不安とリスクを取り除くのが、

良く耳にする「無料お試しセット」という

フロントエンドなのです。


実際に使って良さを 実感してもらえば、

次のステップ=バックエンド商品

に進む事は、

買う側にも抵抗がありません。


それでは、良いフロントエンドとはどのようなものか?


1.ハードルが低いもの

「無料」または「安価」に

実際の商品やサービスを試せるもの。


2.簡単に試せるもの。

手軽に試せて、使いやすく、

「効果」が、実感しやすいもの。


3.バックエンドへ繋がるもの。

「フロント商品」の良さを実感して頂いたら、

スムーズに『次のステップ』

=バックエンドに進めるしくみが整っている事。


このように、最初のステップ

(フロントエンド)の役割は、


目玉商品や低価格商品で、

お客さんに興味をもって頂く事。


そして、

安い値段で、実際に試して頂き、

「不安」や「疑念」を 取り除く事です。


購買の最初のステップ(バックエンド)を経て、

あなたが最終的に買ってもらいたい

商品(バックエンド)へと進むのです。


これが、「フロントエンド」と

「バックエンド」の仕組みです。


お客様の最初の入り口として、

価値ある「フロントエンド商品」 が

果たす役割は絶大です。


お客さんが興味を持ってしまう

「フロントエンド商品」

を考えましょう。


フロントエンド ⇒ バックエンドのように

「2段回のようにして売るのは面倒だ」

そんな事を思うあなたはこちらがおすすめ

爆発的に一気1千万円、1億円を稼ぎたいのなら

これしかないでしょう

どちらも稼ぐ事は出来ますが、

あなたは、どちらの売り方を選びますか?



今何位? ブログランキング
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry


お客さんがものを買う時の不安や迷いを取り除くセールスレター

目安時間:約 5分

あなたの各セールスレターから

商品は売れていますか?


もし、売れていないのなら

お客さんは、

あなたが書くセールスレターを

「ほんとかな〜」
「あやしいな〜」
「うそじゃないの〜」
「また、そんなこと言って」
「絶対、うそだよ」
こんなことを思いながら、

常に疑いの目で読んでいます。


セールスライティングでは、

このような相手の疑いの気持ちを

理解してそれを先に説明して、

不安を解消してあげるのです。


お客さんは、不安を抱えたまま

あなたの商品は買ってくれません。


何故、安いのか?

何故、高いのか?

何故、期間限定なのか?

何故、個数限定なのか?

何故、自分に必要なのか?

何故、良い商品なのか?

何故、今、買わなければならないのか?


お客さんは、このように不安、疑問を持ちます。

これを1つ1つクリアしなければなりません。


そして、全ての不安、疑問をクリアした時に、

お客さんは、あなたから紹介された商品を

購入してくれるのです。


例えば・・

整体院ではお店でどんな人が施術をしているのか

わからないと不安という心理がはたらきます。


だから写真入りで自己紹介なんかが載っていると

どのような人かがわかりますので、安心感が湧きますよね。


また食品であれば、

材料は国内製で無農薬のものを使っているか?

衛生管理が行き届いた工場で作られていると安心ですし、

ISOなどの認証証明なども信頼される材料になります。


またラーメン屋さんなんかだと

やたらと行列ができていると

人気店=美味しいから人が集まるという

自然な証明がされるわけで

店に入る前の

「美味しくなかったらどうしよう」

という不安を取り消すことができるのです。


オンラインの場合はどうでしょう?

「お客さんの声」、「コメント」なども

不安を消す役割をしますよね?


このように、いろんな証明を駆使して

お客さんに安心してもらえるよう

考え抜いてください。


もし、今まで多くのアフィリエイトの広告を出しているのに

全く、売れないのであればお客さんの立場に立って

あなたが出したアフィリエイト広告文を読み返してください。


その文を読んで、不安、疑問を持つことなく

「欲しい」と思えるような広告文になっているでしょうか?


不安、疑問だらけで「欲しくならない」なら『最悪です』。


一度、自分で書いた広告文を他人に読んでもらったり、

他人の気持ちになって読み返すことはとても重要です。


広告文は、書いたら終わりではなくて

書き終わって読み返したら終わりですからね。


書きっぱなしは、やめてくださいね。


ここでおすすめする1冊の本を紹介します。

この本は数多くの実験結果から導かれた

「どうすればお客は行動を起こすのか?」という

顧客の行動心理を徹底的に解明した本です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
現代広告の心理技術101



※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga

【Facebook】
https://www.facebook.com/kosusumu?ref=bookmarks

【私のブログはこれで作成しています】
http://virtualinformer.com/af/vu5h

【問い合わせ】
→ http://virtualinformer.com/af/inquiry






プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

ネットビジネスで稼ぐために必要なこと
稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ