タイトル次第でアクセスを大きく変わる

目安時間:約 2分

ネットでの記事は無数にあります。

そこで、読まれる記事とはどのようなものなのか?

まずは、記事にはタイトルと言うものがあります。

あなたも、タイトルを読んで興味があれば記事を
クリックして読んでいますよね?

内容が同じでもタイトル次第でアクセスは変わるのです。


誰に読んで読んでもらいたい記事なのかによって
タイトルを決めなければなりません。


アクセスを増やすためにはタイトルは重要だということになるのです。

読んでのらいたい人を決め、その人の事を考えます。

いつもどんなことを考えているのか?
どんな行動をしているのか?
どんなサイトにアクセスしているのか?
などなど

まずは、その人の事を調査し
その人がもっとも調味があることをタイトルとすることが
大切なのです。

調査もしないで、自分の中で
「こんなことを考えているのではないかな?」
そんなことを思ってタイトルと付けている人が多い。

だから、アクセスが増えないのです。

調査、リサーチは面倒ではありますが
必要不可欠です。

この面倒なことができる人が
成功を掴み取ることが出来るのです。


面倒ではありますが、
調査、リサーチをしっかりやってください。

その先には、あなたが望んでいる
ライフスタイルが待っています。









人がものを買う行動パターン

目安時間:約 3分

人はどのようにしてものを買うのか?

人はどうしたらものが欲しくなるのか?

人はどうしてものを買うのか?

あなたは、『購買行動』という言葉を知っていますでしょうか?

ものを売る立場になったあなたは、必ず知っていなければなりません。

何故なら、人は感情でものを買うからです。

人がものを欲しくなる仕組みを知ってこそ、
ものを売ることが出来るのです。


それでは、人はどのような感情の変化でをして行きながら
ものを購入して行くのかを見てみましょう。

よく知られている購買行動モデルには
「AIDMA」というものがあります。

AIDMAとは、
Attention(注意)
Interest(興味)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(購買)
の頭文字を取ってAIDMAです。

以前は、このAIDMAというモデルが購買モデルとして
最も有力な方法でした。

「でした」です。

過去形です。

ネットの普及によりAIDMAというモデルでは
売れなくなってきております。


そこで、ネット時代に対応するモデルとして
『AISAS』が登場して来ました。


AISASとは、
Attention(注意)
Interest(興味)
Search(検索)
Action(購買)
Share(情報共有)
の頭文字を取ってAISASです。

大きく変わったのは、
「Search(検索)」と
「Share(情報共有)」という
ネット時代ならではの要素が加わったこと。

Interest(興味)を持った対象(モノやコト)について、
買い手が自らネットを使って「Search(検索)」し、
能動的にAction(購買)をおこす点はまさにネット時代の
購買行動を反映していると言えます。

さらに、従来であれば家族や同僚といった身内に限定されていた
「クチコミ」の力も、SNSによって極大化。

「Share(情報共有)」という購買後の行動が加わりました。

どうでしょうか?

時代と共に人の購買行動がこのように
変化しているのです。

ものを売るためには、
変化をいち早くキャッチし
対応して行かなければなりません。


さらに、今現在では人の購買行動に
さらに変化がありあす。

その購買モデルをご紹介します。
ここをクリック
http://form.os7.biz/f/d97e35d2/


ターゲットを絞ったら、即売れた

目安時間:約 3分

他のところでも散々見たり聞いたりしていると思いますが
全然出来ていない人が多い。

『言われたことを忠実に実施する』
これが、早く確実に稼ぐことができる方法です。

稼ぐことが出来ない人は
・言われたことを実施しない
・実施はするが、自分の判断も含めます

そして、稼ぐことが出来ないからと言って
教材を何度も購入したり、
何度もセミナーに参加したり
お金の無駄遣いをして
稼ぐどころか、消費ばかりしています。


稼ぐことが出来ない人は、大体この2つのどちらかです。


あなたはどちらでしょうか?


すいません、話がそれてしまいました。
話を戻します。

自分の事をお話をしますと、
オークションで、子供が使わなくなった
仮面ライダーベルトを出したときです。
商品を宣伝刷る時は、どうしても商品の内容をお話をしてしまします。

こんなことができます。
こんなもののまでつけます
ここに少し傷があります。

大体これ位の商品説明で終わりです。
全く売れませんでした。
これでは、仮面ライダーのベルトが欲しい人と
言う人に紹介しています。

でも、もっとターゲットを絞り込んで
・子供のために、親が買う
・自分の為に、自分で買う
「ふっ」と思うだけでも2つにわかれます。

この2つにターゲットに対しては
商品説明の仕方が違って来ることは
おわかりだと思います。

これをしないと、ターゲットの心に響く
説明が出来ません。

考えられるところまで、ターゲットを
絞り込んで、その人へ向けての
商品説明を書いてください。

この方が、簡単に売ることができます。

仮面ライダーベルトは、ターゲットを絞って
その人への商品説明をしたところ
希望価格より、1500円高く売れました。

ターゲットの絞ることの重要性を実感しました。




プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

稼ぐために必要な事メルマガ



お名前

メールアドレス


最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ