「ネットビジネスの読まれない三つの壁」を超えるための具体的な手法

今回は「ネットビジネスの読まれない三つの壁」を超えるための具体的な手法


以前にも3つの壁と言うものをお伝えしましたが

今回は、違った目線で壁を超えるための方法をお伝えします。


以前お伝えした3つの壁はこちらです。
『読み手を引き込むテクニック』
http://wp.me/p72lAW-da


今回お伝えする方法は「ストーリーライティング」です。


ストーリーライティングを使うだけで、

・読まれない
・信じられない
・行動しない

この3つの壁をスムーズにほぼ同時に
超えて成約まで辿り着くことができるのです。



【ネットの文章が読まれない原因はないか?】

なぜネット上のコンテンツが基本的に
流し読みされているのか?


それは、「つまらないから」です。


例えば学校で教える勉強のように、

教科書に書いている内容をだらだら説明したところで

それをしっかりと聞いている生徒はどれだけいるでしょうか?


恐らくあなたも含めて、ほとんどいないでしょう。



その理由は、ただの説明ほどつまらないものは
この世界にないからです。




コンテンツもこれと同じで、

セールスの文章というのは基本的にほとんどが

ただの概要説明で終わってしまいます。


この商品はこういうもので、

こんなメリットがあって、

これがないとこんなことになってしまいます。



コピーライティングの基本に則ったものですが、

ちゃんと買いたくなる文章のはずなのに、

それがただの説明になっているので「読まれない」のです。




読ませるためには面白くしなければならない


だから読まれる面白い文章を
書かなければならないのです。



それがどんなものなのかというと、

お客様にとって興味のある文章です。



興味深いとは先が気になって
仕方がない文章のこと。



つまり、それを演出するための
『ストーリー』です。



ストーリーや物語というものは、

自分の中にある概念を相手に理解してもらう

確立を上げるために開発されたといわれています。




人間は説明は嫌いですが、

物語は大好きです。


あなたも、物語は好きでしょ?
推理小説やドラマなどは
次が気になりどんどん集中して
読んだり、見たりしますよね?


登場人物に自分を投影して

想像力で見たり、文章を読むからです。



この自分のことを想像しながら
読んでもらえるということは
内容を理解してもらうために大きく役に立ちます。



ただの説明で終わらせず、
相手にその時の自分と同じ
体験や感情を持ってもらう。


そのために
『ストーリーライティング』
はとても役立つわけです。


『ストーリーライティング』を知りたければ
これをご覧ください。
http://cs-x.net/sk/c/04083.html



 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ