『6つの心理学』で稼ぐ!収入を10倍にする方法

『なぜあの人はあんなに稼いでいるのか?』

『なぜあの人は何をやってもうまくいくのか?』

『なぜあの人はあんなに集客が出来るのか?』

『なぜあの人はあんなに注目が集まってくるのか?』

あなたは、この記事を読み終わる頃には、

きっとその謎が解けます。



上記のような人たちは、
最も影響力の大きい6つの心理が活用しているのです。



いったいどんな心理なのか知りたくないですか?



商売相手が人間である限り、この強力な心理は働きます。

もちろん、ビジネスでも恋愛でも同じです。



あなたの周りを見渡してみると、ビジネスの世界でも恋愛の世界でも、

ここで紹介する原理が作用していることが分かります。



この法則をしっているか否かで、

その後の人生を大きく影響してしまうのです。


人生のなるべく早い段階で、

この6つの心理をしっかりと身につける必要があります。



人間には『動作パターン』というものが存在します。

・こんな人は、

・こういう状況で、

・このような体験をした場合には、

・こう反応する

というような動作パターンが存在するのです。



その動作パターンを大きく6つに分けたものが

今回お伝えするものなのです。



稼いでいる人、デキる人は、この法則を知っています。

人間がどう行動するのかを熟知しているのです。



もちろんこれを悪用して『洗脳』させる事はやめて下さい。

だからこの法則を少しだけ使えば、成果は倍増するのです。


『6つの心理学』で稼ぐ!収入を10倍にする方法を
レポートにまとめました。

無料でお配りしておりますので下記をクリックしてください。

http://cs-x.net/sk/c/04091.html



稼ぐ為の心理テクニック


↑応援クリックお願いします↑


ご存知のとおり、ビジネスを
やる上で、心理的なテクニック
を学ぶことはとても重要です。


あえて言うまでもありませんが、
意図的に使うことで、ビジネスを
有利に進めることができるからです。


もちろん、ビジネス以外にも
使えますが…


例えば、


一番、よく目にするもので
希少性というものがあります。


これは商品の数が残りわずかと
聞くと、手に入れておかなけれ
ばいけないような気になる。


というものです。


この心理があるからこそ、数量
や価格を限定したり、限定で特典
を付けたりするわけです。


このような心理は他にもいろいろ
なものあります。


今日はその中でも強力な“理由”と
いう心理を紹介します。


使い方は非常にシンプルで、
理由を述べるというものです。


コピーライティングでも、
Reason whyというものがあり
ますが、これもこの心理から
来ています。


Reason whyとは、前にも紹介
しましたが、主張したあとに、
主張を裏付ける理由をつける。


というものです。


では、なぜ、理由をつけるの
が心理的にいいのでしょうか。


それは、“理由”には、人間の
防衛本能を取り除く効果があ
るからです。


基本的に人は常に様々なリスク
を考えながら生活しています。


例えば、金銭的、感情的、肉体的…


このようにいろいろなリスクを
考えて生活しているわけです。


そして、それと同時にこのような
リスクを取りたくない。


つまり、損しなくないと思っています。


なので、相手にリスクがないこと
を伝えることが重要になってくる
わけです。


そして、手っ取り早くその防衛
本能を取り除くのが“理由”となる
わけです。


有名な実験があるので、紹介すると、


それは、コピー機の順番を待って
いる人が、先にコピーをとらせて
もらいたいときに、どういう言葉
を使うと譲ってもらえるのか、


という実験です。


1、先にコピーをとらせてもらえませんか。

2、急いでいるので、先にコピーをとらせて
  もらえませんか。

3、コピーをとらなければいけないので、
  先にコピーをとらせてもらえませんか。


この3つを試したところ、


1は60%、2は94%、3は93%と
いう承認率の結果になったそうです。


1が少なく2と3の承認率が高いのは、
“ので”という言葉が入っているから
です。


つまり、“○○なので”というのが、
その行動をとる理由になっている
わけです。


ですが、ここで、本当に注目して
いただきたいのは、3番です。


なぜなら、


“コピーをとらなければいけないので”


というのは、相手も同じことで、
それを承諾する正当な理由になって
いないからです。


それにも関わらず承認率が高い…


なぜでしょうか。


それは、“ので”がつくことで、
人は自動的に相手の要望を受け
入れてしまうからです。


つまり、“ので”という言葉を
使うことで、その理由に関係
なく行動してもらいやすくな
るということです。


私が、“なので”という言葉を
よく使うのはこのせいです。


相手に行動してもらいたいとき
は、理由を述べる。


そして、“ので…”という言葉を
使う。


かなり強力な方法なので、ぜひ、
活用してみてください。


 

小山をもっと知ってください

Facebookページ

気づいたことや、情報などをいち早くここではお伝えしていきます
【ビジネス情報局】

Facebookグループ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報
 

おすすめツール

Twitter Brain
フォロワーを集める事が稼ぎを倍増させる
Twitter

ブログランキング

無料レポート

17歳で1億円を稼いだ秘密(音声) 和佐大輔


せどり無料レポート せどり


売れるセールスレターのテンプレートの14のパーツ コピーライティング セールスレター

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索

ページの先頭へ