ものを購入してもらうためには共感も必要

目安時間:約 6分

いつもありがとうございます。
現在、◯位です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ブログランキングへ





あなたがビジネスを行うにあたり

「情報発信」ということを行っていると思いますが

どのような方法であなたの情報発信をしていますか?





ブログを書いたり、

フェイスブックに投稿したり、

メールマガジンを発行したり、

インスタグラムに写真を掲載したり、

YouTubeに動画をアップしたり、



何らかの形で情報発信をしていると思います。





そして、ちょっとキツい言い方になりますが、



毎日、情報発信をしているのに、



何の反響もないのであれば・・・無駄ですね。





情報発信は、受け側の共感が得られなければ



100パーセント情報発信を続けていても無駄です。





だってそうですよね。



あなたの情報発信を読まず、見ないまま

スルーして入りのですからね。





情報発信するだけ無駄な時間を過ごしていることになります。







一時、Facebookで「いいね!」の数とか、



コメントがもらえるようにとせっせと



作業していましたけど、



それは稼ぐために必要な



最終的なゴールではないですよね?





「いいね!」集めたって、



コメントがもらえたって



収入が増えるわけではありません。





最終的なゴールは、



自分が発信する情報に共感してもらって



『ファン』になってもらうこと。





そして、自分が紹介した商品やサービスを



「この人が紹介しているのであれば絶対だ!!」



と思ってもらい、買ってもらうこと。





そして買ったものに満足してもらうこと。





それが最終的なゴールです。





なので、バカみたいに業者にお金を払って



いいね!を押してもらうとか、



仲間内でいいね!やコメントをするということが



死ぬほどアホなことか、わかりますよね!?





まさか、あなたはやっていませんよね?





もし、やっていたらすぐにやめてください。





無駄です。







ビジネスは共感してもらうことがすべてです。



そこから、信頼、信用が生まれるのです。





毎日のように投稿しているのに



何の反響もないのであれば、



それは、誰の気持ちも揺さぶっていない



ということです。







要は、好きでもなければ、嫌いでもない。



いても、いなくてもどちらでもいい。



どうでもいい人だということです。





何も感じない、



何も思われないより



まだ、相手から悪口を言われた方がいい。





なぜなら、相手の気持ちを揺さぶる



発信ができているという証拠だからです。





考えてみてください。



誰からも好かれる



確かにこれは理想ですが。



現実にそんなこと、あり得るでしょうか!?



絶対にありません!



誰かから好かれる人は、



別の誰かから嫌われています。





これは、ビジネスをしていくうえで



決定的に大事なマインドになるので、



徹底的に脳みそに焼き付けておいてください。





誰からも好かれる、なんて都合のいい話はありません。





好かれることを意識して、



何の尖がりもない、無難な主張をしても



なんの意味もありません。





嫌われること恐れずに、尖がった主張をしてください。



もちろん、そうすることで、



確実に嫌われるでしょう。





それは、1000パーセント保証します。



が、逆に、尖がった主張を見た人が



心を動かされてファンになってくれる人が



あらわれることも厳然たる事実です。





なので、全員に好かれようと思わずに、



わかってくれる人がいればそれでいい、という考え方で



誰も言っていない尖がった主張をしてください!!





そうすることで、ファンがついて



ビジネスが展開していくようになるのですから。





※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、
ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ブログランキングへ



【公開メルマガ】
http://virtualinformer.com/af/meilmaga



タグ:  

カテゴリ:購入率  [コメント:4]

信頼を得る為の心理的方法

目安時間:約 2分

多くのお店では、10000円で売っている商品が
路地裏の誰も来ないようなお店では
3000円で売っている。

すぐに買ってしまう人も中にはいますが、
逆に「何か怪しい?」と疑う人もいます。

さて、あなたは、この商品を見て商品を購入するでしょうか?


ここで重要なポイントがあります。
それは、「疑われる」「不信感を持たれる」状態では、
購入に結びつくことがないということです。


人は「値段が安い」、「いいことだらけ」では
信用しないということです。

「うまい話には裏が有る」と思ってしまうのです。

今回の場合ですと、
他店では1万円なのに、路地裏のお店では
3000円で売っているのかを
しっかりと説明することが大切なのです。

もし、その理由が欠点となる場合でも
しっかり説明することです。

安さの原因がわかり、不信感もなくなり
それでも納得してくれれば即購入に繋がります。


今回のお話は、
「あえて欠点を出す」です。

疑いを持たれるようなことがあるなら
しっかりと、説明、欠点をしっかり伝えること。

これだけでも、かなり購入率が上がってきます。




購入率を高くする為に必要なアイディア

目安時間:約 2分

今販売している教材は、どのような方法で売っているか?

もし、気に入らない場合のリスクを無くす為のアイディアを使っています。

そのアイディアを使うことにより購入するハードルが下がります。

こうやってより多くの人に購入してもらうのです。

では、実際に教材を見てみて下さい。

しっかり読んで見て、どの辺が購入のハードルを下げているか
確認して見て下さい。


PinpointYouTuber
http://www.infotop.jp/click.php?aid=97795&iid=65120

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=97795&iid=65474

1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate NEO(アンリミテッドアフィリエイトネオ)」
http://www.infotop.jp/click.php?aid=97795&iid=37524

【下克上∞(MUGEN)】~トレンドアフィリエイト教材~
http://www.infotop.jp/click.php?aid=97795&iid=49115



売るために必要なこと

目安時間:約 1分

売るために必要なことは
売らないことです。

人は売り込まれることを嫌います。

あなたは売り込まれることって好きですか?

嫌いですよね。

それを、あなたはしていませんか?

自分でイヤな事を相手にしていることになります。


人にやられて自分でイヤと思うことは
人にやらないということが大切です。

どうしても、「売りたい」という気持ちがあると
売り込んでしまいますが
それが、売れない原因なのです。

では、売るためにはどうしたら良いか?

それは相手に「欲しい」と思わせるように
することです。

これは、少しやり方があります。

そのやり方等は、
メルマガでお伝えしています。

メルマガはこちらから
https://beast-ex.jp/fx3924/2




タグ:  

カテゴリ:購入率  [コメント:0]

高額のものでも買ってもらえる

目安時間:約 2分

商品やサービスが売れないからと言って
安くする人がいますが、
これでは全然収入が増えて行きません。

収入を増やしたいなら
「高額でも買ってもらえる様にするには?」
これをしっかりと考える必要があります。

「安くする」は売るための一番簡単で
楽な方法です。

簡単で楽な方法ばかりしていると
作業のが多い割には、収入が増えない。

こんなことになってしまうから
挫折してしまうのです。

誰よりも高くても売れる方法を
見つけることができれば
収入は増えるし、
他の人からも販売依頼が来て
売上の何%の報酬ももらえる様になります。

是非、高額のものを売る方法を考えて見て下さい。

高額のものを売るための方法として
「お客様の気持ちになってみる」
これがとても重要です。

安いものが有るにもかかわらす
高い方を購入する
こんな人見たことはありませんか?

そんな人の気持を考えれば
高くても売れる方法が見つかるはずです。

メルマガでは、そのようなことも配信して
いますので是非ご覧ください。

メルマガはこちらです。
https://beast-ex.jp/fx3924/2


タグ:  

カテゴリ:購入率  [コメント:0]

稼げない脳になっていませんか?

目安時間:約 1分

あなたが10万円の商品を売る時
売れるためにはどのような売り方をしますか?

大体が「値引き」です。

「安くすれば売れる」
このように思ってしまうのです。

だから売れないのです。


人がものを購入する時は
「自分にメリットがあるか」

これが重要です。

いくら安くてもメリットが無ければ
売れません。

購入者にとって多くのメリットが
あれば高くても購入するのです。


だから、購入者に多くの
メリットを提示するのです。

これだけで、今までの何倍、何十倍の
収入が増えていきます。


1つでも多くのメリットを提示してください。






タグ: 

カテゴリ:購入率  [コメント:2]

反応を上げる為の特典のつけ方

目安時間:約 5分


↑応援クリック↑


ご存知のとおり、売上を上げる
ために独自の特典やボーナスを
つけるのは、とても重要です。


それは、特典やボーナスが
あると人は行動しやすくなる
からです。


つまり、特典やボーナスは人間
の普遍的な3つの習性である、


1、読まない
2、信じない
3、行動しない


のうち行動しないを乗り越え
るためのテクニックになると
いうわけです。


ですが、ただ何でもかんでも
特典をつければいいというわけ
ではありません。


特典をつける上でのポイント
は、3つです。


1、商品に関連するものにする
2、驚くくらいの特典をつける
3、特典を複数に分けて提供する


この3つです。


この3つを意識することで、
あなたの売上が大きく変わる
はずです。


とくに3つ目の方法はあまり
やっている人がいないので、
ぜひ、試していただければと
思います。


それでは、入っていきましょう。


------------------------------
1、商品に関連するものにする
------------------------------


これは商品と関係のないものを
特典としてもあまり効果がない
ということです。


例えば、コピーライティング
の教材の特典に簡単に痩せられ
るダイエットの方法。


FXの教材の特典にメルマガ
の読者を集める方法。


極端な例ですが、これでは意味
がありません。


特典をつける場合は、必ずその
商品に関連したものでなければ
いけません。


------------------------------
2、驚くくらいの特典をつける
------------------------------

これはこれもあれも...といった
感じにこんなにもらって大丈夫?


というくらいボーナスをつける
ということです。


実際、あなたも販売する商品に
対して、異常なくらい特典をつ
けている人を見たことがあると
思います。


分かりやすくいうと、


商品の価値 < ボーナス


というくらいボーナスをつける
ということです。


ですが、注意したいのは、量が
すべてではないということです。


それは、あまり必要のないもの
をたくさんもらっても価値を感じ
ないからです。


これは、バナナの皮をたくさん
もらっても意味がないのと一緒です。


質のともなった特典をつける
ことが大切です。


------------------------------
3、特典を複数に分けて提供する
------------------------------


これは一定量を超えると何個、
特典をつけても意味がないので、
分割して特典を提供するという
意味です。


正直、特典の数が5個も6個も
9個も10個も見込み客
に与える影響は変わりません。


それは特典がたくさんあるなぁ...


と思われて終わってしまうからです。


実際、あなたも同じようなこと
を感じたことがあると思います。


なので、1度にすべての特典を
提示してしまうのではなく、一部
の特典を隠しておき、後で渡すと
いうことです。


例えば、ページ上には特典が5個
書かれているが、実際に購入する
と、さらに3つの特典がある...


こんな感じです。


このようなサプライズをやると、
購入したお客さんの満足度が
高まり、次回の購入にもつなが
ります。


ポイントは1度にボーナスを
出すのではなく、複数に分けて
提示するということです。


------------------------------


いかがでしょうか。


この3つが反応を上げる特典の
つけ方になります。


1、商品に関連するものにする
2、驚くくらいの特典をつける
3、特典を複数に分けて提供する


先ほどもお伝えしましたが、
ただ、特典をたくさんつければ
いいというものではないので、
ぜひ、この3つを意識していた
だければと思います。




タグ: 

カテゴリ:成約率  [コメント:0]

簡単に成約率を高められる方法

目安時間:約 4分


↑クリックをお願いしますね↑


ご存知のとおり、成約率を高める
ことができれば、少ないコストや
労力で売上を上げることができます。


そして、成約率の違いは計り知れ
ないほどの影響を及ぼします。


1万円の広告で、売上が3万円しか
上がらなかったのに対し、成約率が
2倍になれば6万円に...


もちろん、これもその通りですが、
このような単純な話ではありません。


例えば、


10万円の広告で1日当り100アクセス。


成約率が1%で、単価1万円の商品が
1本売れるとします。


1ヶ月を30日とすると、30万円の
売上が上がる計算になります。


そして、その中から10万円の広告
を出して、20万円が手元に残る。


これを3ヶ月続ければ、


20万円+20万円+30万円で70万円
の売上が手元に残る計算になります。


※最後の月は10万円の広告を
払わないので、30万円残ります。


これが成約率が2倍になると、
どうなるのかと言うと、


1ヶ月目は、60万円。


条件を整えるために、20万円
を手元に残して、それ以外を広告
に回すとして、


2ヶ月目は、1日当り400アクセス
で、8本の成約、つまり、8万円の
売上が上がり、月に240万の売上。


3ヶ月目も同じように20万円を
残して、220万円を広告に回すので、


1日当り2200アクセスで、44本の
成約、つまり、44万の売上が上がり、
月に1320万円の売上。


これで最後に残る利益は、


20万円+20万円+1320万円で、
1360万円となります。


この場合、19倍の売上になって
いることが分かると思います。


つまり、単純に成約率が2倍になる
と売上が2倍になるのではないとい
うことです。


そして、成約率は誰でも簡単に
アップさせることができるのです。


では、具体的にどうすれば成約率を
高めることができるのでしょうか。


例えば、


・キャッチコピーを強力にする
・魅了的なオファーを出す
・独自のウリや強みを明確にする
・紹介マーケティングを使う
・欲しいタイミングで販売する
・返金保証や品質保証をする
・社会的証明を使う


考えられる要素はいろいろとある
と思います。


もちろん、どれも正解です。


ですが、そんなことをやらなくても
簡単に成約率を高めることができます。


その方法とは...


まさに、興味のある人に売る


ということです。


つまり、興味がない人に対して
商品を販売したり薦めたりするのは、
とても効率が悪いということです。


これは、女性に対して、ひげ剃り
の商品をすすめても買う人はいない
のと一緒です。


大切なのは、興味や関心をもった
人たちにセールスするということです。


例えば、メルマガの場合。


○○に興味がある人はこちらに登録
してください。


といった具合に興味のある人たちを
最初に集める。


そして、セールスすることで、簡単
に成約率を高めることができます。


全員に向けてセールスするのではなく、
ターゲットを絞ってセールスをする。


当たり前のことですが、できてない
人が多いです。


かなり強力な方法なので、ぜひ、
参考にしてみてください。




タグ: 

カテゴリ:成約率  [コメント:0]

成約率を高める3つのメール

目安時間:約 6分


↑クリックしてね↑


メールでセールスする場合、メール
を3回送ると売上が上がるというものです。


よくコピーライティングでは重要なことは
3回言うと言ったりもしますが、これと意味
は同じようなものです。


とは言っても同じようなメールを3回送れば
OKというものではないので、詳しく解説し
たいと思います。


まず、なぜ、3回メールを送った方がいいの
かというと理由はシンプルで人によって興味
を惹く部分、感情が動く部分が違うからです。


例えば、同じ商品を販売するにしても...


Aさんは効率化や時間短縮に魅力を感じる
Bさんはお金を稼げることに魅力を感じる


このように商品を購入する決め手になる部分
が違うわけです。


この場合、この商品を買えば、時間短縮に
なりますよ!!効率がアップしますよ!!


というメッセージを伝えれば、Aさんは反応
しますが、Bさんは反応しません。


逆のケースでも同じことが言えます。


何が言いたいのかというと、1回のメール
では一部の人たちの興味しか引けないとい
うことです。


かと言って、複数のメッセージを1回の
メールに含めれば、メッセージ自体が弱く
なり反応が下がってしまいます。


なので、こういうこともあって、3回の
メールを送ると最大の反応が得られると
いうわけです。


では、具体的にどのようなメールを3回送
ればいいのでしょうか。


具体的には以下の3つのメールです。


1通目:恐怖と興味性
2通目:ベネフィットと興味性
3通目:すべてのポイントを興味深く書く


それでは、詳しく入っていきましょう。

----------------------------------------
1通目:恐怖と興味性
----------------------------------------


1通目は恐怖と興味性です。


興味性についてはあえて説明する必要も
ないと思いますが、相手の興味を引くと
いうことです。


興味性は行動するうえで大きな誘因の一つ
なので、とくに意識する必要があります。


そして、興味性に加えて恐怖を入れます。


ここで言う恐怖とは、行動しないことで
失ってしまうものなどを指します。


例えば、

・あなたの大切な時間を失ってしまいます
・せっかくのチャンスを失ってしまいます
・得られるはずのお金を失ってしまいます


このように行動しないことでマイナスにな
るようなことを伝えます。


これは人は何かを得ることより失うことの方
が敏感だからです。


なので、何かが得られる...ではなく、ここ
では失うことにフォーカスします。


----------------------------------------
2通目:ベネフィットと興味性
----------------------------------------

次のメールは1通目の逆です。


行動することによって得られる得を語ります。


具体的にはこれを知ったり、実行したらどん
な未来が待っているか...というような結果に
フォーカスします。


基本的に人が商品を購入するのは、何かしら
の結果を得るためです。


なので、行動することでどんな結果が得られ
るのかをイメージできるように伝えることが
大切です。


そして、ここでも1通目と同じように興味性
も入れていきます。

----------------------------------------
3通目:すべてのポイントを興味深く書く
----------------------------------------

最後はすべてのポイントを語ります。


具体的には、


1通目の行動しないと失ってしまうもの。

2通目の行動することで得られる結果。


それに加えて興味性や具体性、社会的証明
などのあらゆる要素を伝えます。


----------------------------------------


いかがでしょうか。


これが成約率を高める3つのメールです。


長くなったので話をまとめると、


1通目:恐怖と興味性
2通目:ベネフィットと興味性
3通目:すべてのポイントを興味深く書く


分かりやすく言うと、


1通目:恐怖から逃れたい人向け
2通目:得たい結果に向かう人向け
3通目:それでも行動しない人向け


ということになります。


1回のメールでセールスをやめてしまうの
ではなく、このように別の角度からセール
スすると成約率が高まります。


ぜひ、参考にしてみてください。



購入率をアップする為の方法とは

目安時間:約 5分

【現在の順位は?】



/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/

稼ぐために必要な基礎知識を学んでください

【無料】ネットビジネスで稼ぐために必要な8ステップ講座

/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/*/


対面のセールスやセールスレター
やメルマガで商品を販売するときに迷っている
お客様の背中を押す方法です。


これを使うことで、購入をためらっている
人の背中を押すことができ、商品の成約率
を高めることができます。


方法はいろいろとありますが、中でも追伸
を使った方法を紹介します。


まず、追伸とはご存知のとおり、セール
スレターなどの一番、最後にあるもので、
セールスレターの中でもとりわけ重要な
要素の一つです。


なぜなら、追伸はキャッチコピーの次に
一番、読まれる部分だからです。


では、どのように追伸を使えば効果的な
のでしょうか。


これについては、お店の店員とのやりと
りを想像すると分かりやすいと思います。


例えば、


あなたが前から欲しいと思っていた商品
があり、お店に見に行ったとします。


店員にその商品のメリットや価格につい
ての説明を受け、おまけにポイントもつけ
てくれることになりました。


あなたは、この商品があれば確かに便利だ
しなぁ...前から欲しかったものだし、どう
しよう...と考えています。


このように、店員に勧められた商品が良い
商品であるということを理解していても、
必ず買うと決めて見に行ったのでない限り
少なからず迷いが生まれます。


そこで店員が言います。


この商品はよく売れていて、ついこの前ま
で予約しないと買えなかったんですよ。

これが最後の1点で次回の入荷は未定なの
で、今、買っておいた方がいいですよ。


これを聞いたあなたは、おそらくじゃあ、
買います...となる可能性が高くなるはずです。


もし、最後の一言がなかったらどうでしょうか。


もっと安くて良いものがあるかもと考えて、
その場での購入を見送る人が多くなると思い
ませんか?


つまり、この最後のひと押しが追伸にあた
る部分になるわけです。


この話からも分かるように、追伸は簡潔で、
感情をストレートに伝えるものでなければな
りません。


これこれこうだから買って!という具合に...


もし、複数、伝えたいものがある場合は、


・メッセージ性のあるもの
・限定数や緊急性などの煽り
・保証などの安心感


などをそれぞれ分けて、追伸1、追伸2...と
書いていきます。


もしからしたら、なぜ、分けて書く必要が
あるのかと思うかもしれませんね。


これは伝えたいことを無理やり一つにまと
めて書くより、分けて書いた方が読み手に
与える心理的な影響が大きいからです。


具体的には、


追伸1は読み手のモチベーションを喚起する
ようなメッセージ。


追伸2では緊急性の打ち出し。追伸3では特
典や保証の強調という感じにします。


このように段階的に分けて追伸を書くことに
よって、読み手の心理は、


追伸1で購買意欲が高まる。追伸2で購入する
気持ちが固まる。


追伸3では、安全性を再確認した上で決済できる。


というように働いていきます。


もし、これらのメッセージを一つにまとめ
て書いていた場合、どうしても伝えたい内容
がぼやけてしまうのです。


話をまとめると、


購入者の背中を押すためには、短く感情
をストレートに表現した追伸を書く。


複数のメッセージを伝えたいときは、
モチベーションを喚起、緊急性、保証の
強調という流れで追伸を書く。


ということです。


追伸の書き方を工夫するだけで、購入者の
数が増えます。


ぜひ、参考になさってください。



タグ:

カテゴリ:成約率  [コメント:0]

プロフィール
プロフィール

稼ぐために必要な情報を提供します。有料のセミナー、教材等で知り得た情報をこのブログで公開しています。

詳しいプロフィールはこちら

クリック応援お願いします

ネットビジネスで稼ぐために必要なこと
稼ぐために必要な事メルマガ
お名前

メールアドレス

「人気ブログランキング相互クリック」メンバー募集

ブログランキングをアップさせるためにお互いにリンクをクリックし、ランキングをアップさせるメンバーを募集しております。
ココをクリックしてメンバーになってください

最近の投稿
最近のコメント
今週の人気記事
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報

ページの先頭へ