不景気でリストラや倒産しても月収50万円以上を稼ぐ最も重要なこと

目安時間:約 5分

今まで会社で働いていたから分かっていると思いますが、

お客 → 価値を提供する → ものが売れる → 稼ぐ

この順序は、ものが売れる順序となります。

 

この中で、最も重要となるは『価値を提供する』です。

 

では、なぜ、価値を提供することが最も大切なのかをお話します。

 

本当に重要なのでしっかり読んでください。

 

これを理解できるか、理解できないかで、稼ぐことが出来るか、出来ないかが決まります。

 

それでは、お話します。

 

人はなぜ商品・サービスを購入するのでしょうか?
・必要だから
・欲しいから
・綺麗だから
・かわいいから
・かっこいいから
・好きだから
いろいろと理由はあると思います。

 

でも、こんな単純な答えでは不十分で、もっと深く考える必要があります。

 

「お客さんが求めているものは何か?」を考えなければなりません。

 

お客さんが求めている理由を表現する言葉はいろいろとあると思うのですが、ここで重要なのは「お客さんは商品・サービスそのものが欲しいのではない」ということです。

 

この言葉の意味って分かりますか?

 

必要と思った時は、なぜ必要なのか?

欲しいと思った時は、なぜ欲しいのか?
良さそうと思った時は、なぜ良さそなのか?
かわいいと思った時は、なぜかわいいのか?

 

もう一歩、深く考える必要があるのです。

 

マーケティングの勉強をしているとよく聞く有名な本があります。
『ドリルを買う人がほしいのは穴である』

 

この言葉は1968年に出版されたセオドア・レビット教授の著書「マーケティング発想法」で紹介されている言葉です。

 

ドリルを買う人はドリルという商品そのものが欲しいのではなく、ドリルを使ってあける穴が欲しのです。

 

当たり前といえば当たり前なのですが、けっこう盲点だったりします。

 

ドリルを売る側からすると、「このドリルはこんなにすごいんだよ」という機能やスペックを言いがちです。

 

でも、お客さん側からするとそのドリルを購入すること自体は、あくまでも穴をあけるという目的達成のための手段でしかないわけです。

 

例えば、あなたがコンサルティングを提供しているとします。

 

でも、あなたのクライアントはコンサルティングサービス自体を受けることが目的ではないのです。

 

そのコンサルティングサービスを受けることによって、
例えば
・お客さんが増える
・売上が上がる
・従業員の残業が減る
・コストが下がる
といった結果が欲しいわけです。

 

どのような価値を提供しているのか?

 

お客さんがあなたの商品・サービスを購入するのは、目的を達成するためなのです。

 

つまり、お客さんにとっての『価値』がほしいのです。

 

そして、その対価としてお金を払ってくれるのです。

 

ですので、商品やサービスを売ると考えるのではなく、
・どのような価値を提供していくか
・その価値をどう伝えていくか
ということが重要になってきます。

 

もっと簡単にいうと、「それを買ったらどんないいことがあるの?」ということをお客さんにわかりやすく伝えることが大切だということです。

 

売り手目線の言葉ではなく、お客さんにとってその商品やサービスを買うことによって「どんな価値があるのか?」ということを伝えることが重要なのです。

 

あなたは、お客さんにどのような価値を届けていけますか?

 

考えてみてください。

 

もし、お客さんが価値を感じなければ、ものは売れませんので、しっかりと、価値を提供出来ているのかを確認してみてください。

タグ: 

カテゴリ:all blog life  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

ブログ・アフィリエイト・プログラミングを愛しています。 高卒→就職→3ヶ月で退職→フリーター→21歳から職を転々→30歳の結婚を気に定職→49歳から起業を目指す→ブログを書きまくる。普段は普通のサラリーマンをやりつつ、副業を行っています。

お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ

ページの先頭へ