VBA

VBAで「罫線」を表示する

目安時間 4分
  • コピーしました

今回は、比率の計算と、計算結果にて、文字の色、背景色を付けるようにしました。
【課題】
・客単価を計算してD列に入れる。
・客単価は「売上 ÷ 客数」で計算し、小数以下2桁で表示する。
・罫線を表示する。

【VBA】

Sub 罫線()
    Dim i As Long
    Dim lastRow As Long
    lastRow = Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).row
    For i = 2 To lastRow
        Cells(i, 4) = Cells(i, 2) / Cells(i, 3)
    Next
    Range(Cells(2, 4), Cells(lastRow, 4)).NumberFormatLocal = "#,##0.00"
    Range(Cells(1, 1), Cells(lastRow, 4)).Borders.LineStyle = xlContinuous
    Range(Cells(1, 1), Cells(lastRow, 4)).Borders.Weight = xlHairline
    Range(Cells(1, 1), Cells(lastRow, 4)).BorderAround Weight:=xlMedium
    Range(Cells(2, 1), Cells(2, 4)).Borders(xlEdgeTop).Weight = xlThin
    Range(Cells(1, 2), Cells(lastRow, 2)).Borders(xlEdgeLeft).Weight = xlThin
End Sub


簡単な説明
・「Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).row」は以前説明をしたのでこちらを御覧ください
・「For」は、客単価の計算をして設定
・「NumberFormatLocal = "#,##0.00"」は、小数以下2桁表示にする
・罫線の種類は「Borders.LineStyle」にて設定
・「xlContinuous」は、罫線の直線を表す
・罫線の太さは「Borders.Weight」にて設定
・「xlHairline」は、罫線の太さを表し、「極細」を設定
・罫線の外枠は、「BorderAround Weight:」にて設定
・「xlMedium」は、罫線の太さを表し、「中」を設定
・「xlEdgeTop」は、罫線の位置で「上端」
・「xlThin」は、罫線の太さを表し、「細」を設定
・「xlEdgeLeft」は、罫線の位置で「左端」

あなたのお役に立てるなら、コピーして使用してください。

今後も勉強した内容を記載して行きますので、お役に立てるものがあれば使ってください。

VBA開発もしておりますので開発のご要望があればご連絡をください。

VBA開発依頼受付はこちらから

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

すーさん

生きるためにはお金が必要

すーさん

50歳、派遣社員。いつもいつも派遣切りにビクビクしながら生きています。50歳になった途端、次の就職先が中々見つからず、生活のため嫌な仕事でも断らず進んで行っていました。それと同時に副業も始めました。今では副業で稼ぐことができるようになったので、嫌な仕事は断ることができ、仕事がなくなっても贅沢はできませんが生活はできます。このブログは、副業を行うために学習した情報を公開しております。子供が私立の中学校に行っているので学費もかかるので持っと稼がなければ・・・ この情報が少しでもあなたにお役に立てばと思います。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: