marketing

売りたい商品を売るにはこの方法で売る

目安時間 7分
  • コピーしました

例えば、家電量販店でテレビを購入しようとして、下記の3つの価格帯があったとしましょう。

・1万円
・5万円
・10万円
あなたなら、どの価格のテレビを購入しますか?

 

心の中で1つ決めてください。

 

私が当ててみましょう。

 

んーーー

 

「5万円」ではないでしょうか?

 

当たりました?

 

「松竹梅の法則」を使えば収入がアップする

人は3つの中から1を選択する場合、多くの人は真ん中を選択するとい心理が働くのです。

 

一番高い価格に対しては「安いモノよりは性能がよく、メーカーも一流で安心だけど、そんなに高いものが本当に必要か」という心理になります。

 

一方、一番安い価格に対しては「これを選んで、知らないメーカーで性能はどうなんだろう、すぐに壊れないか」といった心理になります。

 

よって、「高機能で安心できて価格が高い」かつ「知らないメーカーですぐに壊れないか心配」の場合、真ん中が選ばれやすくなります。

 

このような、行動経済学で言う「極端の回避性」の心理傾向があるから、人は真ん中を選んでしまうのです。

 

この3つの選択があり、真ん中を選んでしまうことを「松竹梅の法則」と言われており、

おおよそ「松2:竹5:梅3」の比率で真ん中を多く選んでしまいます。

 

3つの選択がある場合は、「松2:竹5:梅3」の比率ですが、

2つの選択の場合はどうなると思いますか?

 

「竹3:梅7」の比率で安い方の価格を選んでしまうのです。

 

さらに、4つ以上の選択がある場合はどうなると思いますか?

 

興味深い結果が出ています。

 

大体ですが、真ん中の価格帯を選びます。

 

しかし、この場合には条件があって、「買う」と決まっている場合になります。

 

まだ、「買うか買わないか」決めてない時は、「今は買わない」という行動に出る可能性が高くなります。

 

家電量販店に行って、50インチのテレビを見に行った時に、メーカー、機能、価格帯が違うテレビが5、6台ありますよね。

 

悩んで悩んで、結局買わないという経験はありませんか?

 

「こっちはこの機能が便利だけど、こっちにはこんな機能がある、でもこっちには…」なんてことありますよね?

 

こうなってしまうと購入後、後悔をしたくないのですぐに購入することができなくなります。

 

今までのことを踏まえて、売りたい商品を売るには、商品のグレードを3つ用意して、
売りたい商品を、真ん中の価格帯にします。

 

最も売れる価格の決め方

ここで価格を決めるにもコツがあります。

 

売りたい商品(竹)が1万円で売りたいなら、高い商品(松)は、2万円にする。

 

そして、安い商品(梅)は、8500円にする。

 

ここで価格を並べてみましょう。

梅:8500円 < 竹:1万円 < 松:2万円

 

売りたい商品(竹)との価格差も見てみましょう。

梅と竹の差:1500円

竹と松の差:10000円

 

この意味がわかりますでしょうか?

 

高価格(松)と売りたい商品(竹)の差が10000円になるので問題外になります。

 

低価格(梅)と売りたい商品(竹)の差が1500円になります。

 

ちょっと手を伸ばせば売りたい商品(竹)に手が届く価格帯にしているのです。

 

この価格帯にすることで、不安や心配がある低価格(梅)より、
不安や心配がなく、売りたい商品(竹)が最もお買い得感が出て選んでくれるのです。

 

松竹梅の法則で得られる3つの効果

1.客単価が上がる
2.利益率が上がる
3.成約率が上がる

 

それでは1つずつみていきましょう。

1.客単価が上がる
2.利益率が上がる
客単価が低い場合、収入を増やすためには、集客数を増やさなければなりません。

 

集客数を増やすためには、広告などのを行うため集客コストがかかります。

 

それと共に、広告などを行うための作業が増えます。

 

もし、客単価を高くすることができれば、集客コストや作業がなくなります。

 

なので、一番よく売れる売りたい商品(竹)の客単価を高くするのです。

 

このようにすれば、集客コストや作業がなくなり、売上も上がるので良いことばかりになります。

 

松竹梅の法則を使い、売りたい商品(竹)の客単価を上げましょう。

 

従来のグレードが2つ(1000円、1300円)の場合は、グレードを3つ(1000円、1300円、2300円)に増やすことにより、
1300円の商品がより多く売れるようになり客単価及び、利益率が上がるということです。

 

3.成約率が上がる
松竹梅の3パターンによって、商品の選択肢が増えることになれば、
当然、商品が手に取られる確率は上がり、成約率も高くなる。

 

特に、安い商品(梅)の商品が、購入のハードルを下げる役割を果たせば、
お試しとして安い商品(梅)を購入してもらい気に入ってもらえれば
その次に竹や松の商品を買ってもらえる可能性があがります。

 

よく、化粧品やサプリなどがこのようなことを行っております。

 

ものを売るための知識を本格的に行いたいと思うなら、
Marketing Camp(マーケティングキャンプ)を使ってみたらどうでしょうか?
Marketing Camp

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

すーさん

生きるためにはお金が必要

すーさん

50歳、派遣社員。いつもいつも派遣切りにビクビクしながら生きています。50歳になった途端、次の就職先が中々見つからず、生活のため嫌な仕事でも断らず進んで行っていました。それと同時に副業も始めました。今では副業で稼ぐことができるようになったので、嫌な仕事は断ることができ、仕事がなくなっても贅沢はできませんが生活はできます。このブログは、副業を行うために学習した情報を公開しております。子供が私立の中学校に行っているので学費もかかるので持っと稼がなければ・・・ この情報が少しでもあなたにお役に立てばと思います。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: