marketing

繁盛店の集客 3つの仕組み

目安時間 10分
  • コピーしました

もし、あなたが下記の3つのテクニックを知ることができたなら集客、販売等に不安はありますか?

 

1. 好きな時に好きなだけお客さんを集めるテクニック
2. 集めたお客さんが自分から財布を開いている状態にするテクニック
3. 一度でも買ってくれたお客さんに何度も自分の商品を買ってもらうテクニック

 

この3つがわかれば、ビジスネを行う上で不安はないと思います。

あなたも、今までに聞いたことがあると思いますが、ビジネスでの成功は、
1.資金
2.人脈
3.良い商品
を持っている人が成功すると言われていました。

 

1.資金
資金があれば大々的に宣伝をすることができるし、他社がやらないような戦略も立てることができます。
しかし、現実的に十分な資金を持っている人なんてほとんどいません。

 

2.人脈
太い人脈があれば、それだけでビジネスを加速していくことも出来る。
だけど、実際には有効的な人脈なんて持っていない人のほうが多いです。
何より、そんな人脈を見つける前に私たちはまずお金を稼がないといけません。

 

3.良い商品
良い商品を作って一気に爆発的な売り上げを上げた人はいますが、私たちが思っている以上にその数は少なく、ブームが過ぎ去ったら売り上げは一気に下降しています。

実際問題、本当に大ヒットするような商品やサービスを持っている人はいないものです。

 

「資金」・「人脈」・「良い商品」は確かに成功をするための要因になります。

 

しかし、この要因を満たしている人がどれくらいいるでしょうか?

 

実際は、世の中には資金も人脈もなく、普通の商品しか持たない経営者のほうが多いです。

 

私たちのような何も持たない“ごく普通のおじさんが成功するには、

1. 好きな時に好きなだけお客さんを集めるテクニック
2. 集めたお客さんが自分から財布を開いてくれるようにするテクニック
3. 一度でも買ってくれたお客さんに何度も自分の商品を買ってもらうテクニック

 

この3つのテクニックを覚える以外にないと思っています。

 

この3つのテクニックがあるからこそ、たとえ資金がなくても人脈がなくても、集客ができるし、普通の商品しか持っていなくても、お客さんに買ってもらえることができるし、リピートもしてもらえるのです。

 

今回はこの3つの「すぐに売り上げに繋がるテクニック」を徹底的に詳しくお話します。

特に、もしあなたが「何をしていいかわからない」「色々やったけどうまくいかない」という状態だとしたら、この3つが今のあなたに足りないモノになります。

 

最も効果的な集客方法とは?

お話を始める前に、1つお伺いいいたします。

 

「あなたは最も効果的な集客方法は何だと思いますか?」

世の中には色々な集客方法があります。

・新聞の折り込みチラシ
・地域情報誌の広告
・クーポン付広告
・フリーペーパー
・チラシのポスティング
・FAXDM
・ホームページを使ったインターネット集客
・携帯やスマートフォンを使った集客
・お客さんに知人を紹介してもらう方法

など、数え上げればきりがないくらいの広告媒体や集客法が存在しています。

 

その中で、最も効果がある集客方法は何なのでしょうか?

 

今流行っているインターネット集客が良いという人もいれば、「ウチは色々やったけど結局折り込みチラシが一番良かった」という人もいるし、「フリーペーパーから来るお客さんが一番多い」という人もいます。

 

反対に「ウチはホームページからはまったく集客できない」、「折り込みチラシなんても
うダメだ」という人もいると思います。

 

このように集客方法に関しては昔から「アレがいい」「コレがいい」と色々な意見が飛び交っています。

 

しかし、そんな中、常に大きな売上げを上げている会社や店舗は、共通してある1つの集客方法を行っているのです。

 

それは、『自分の商品を買う可能性が高いターゲットはどこに集まるのだろうか?』という視点です。

常にこの考えを元に集客をしているのです。

“どの広告が良い”“どの媒体はダメだ”という視点では集客を行っていません。

 

ターゲットには、年代だったり、性別や職業、趣味趣向など、さまざまな属性があり、売れている人たちはいつも自分のターゲットのことを意識しています。

・「どの媒体を使えばターゲットにたくさん見てもらえるだろうか」
・「どの広告を打てば、ターゲットの目に付きやすくなるだろうか」
と考えているのです。

・ターゲットは普段どこに集まるだろうか?
・ターゲットがよく見る雑誌はなんだろうか?
・ターゲットはネットで何を見ているのだろうか?

こういうことを考えて考え抜いた結果、先ほど挙げたような
・「インターネットからの集客がよかった」
・「折り込みチラシがよかった」
・「フリーペーパーの反応が高かった」
という結果につながります。

 

“この媒体は良い”、“あの媒体はダメだ”という考えの人は、こういう売れている人たちの結果だけを見て真似
せっかくお金をかけて宣伝をしてもまったく集客ができないのです。

 

だからこそ、あなたは これを常に考えるようにしてください。

 

そして、売れている企業が意識していることがあります。

 

それは、『ターゲットの欲求や悩み』についてです。

 

あなたのところにも来る、色々な媒体の広告やチラシなどを見てください。

 

そのほとんどが下記のようなことが書かれています。

・店舗名や会社名
・営業時間
・電話番号
・商品名やサービス名
・商品やサービスの簡単な特徴
・値段

このように同じようなことが書かれている広告を多く見かけます。

 

しかし、結論から言いますが、このような広告にお客さんは反応しません。

 

なぜなら、このような広告を見ても、お客さんからしてみれば「それを買うことのメリット」がまったくわからないからです。

 

人間は常に欲求と悩みを持っています。お腹がすいたら食べ物を買うし、具合が悪ければ病院に行きます。

 

またキレイになりたければエステやジムに通います。

このように人間は常に何らかの欲求や悩みを抱えて生きています。

 

そして、その欲求を満たしたり、悩みを解決できるものを常に探しているのです。

 

あなたのターゲットとなる人も例外ではありません。

売れている広告、反応が高い広告は、常にターゲットの心理を押さえていて、欲求や悩みに響くように書かれています。

・この広告はターゲットのどんな欲求や悩みを解決することが書いてあるのか
・この商品はターゲットにとってどんなメリットがあるのか
・なぜ同じような他の商品ではなく、この商品が良いのか

など、ターゲットが見て反応するように広告が作られているのです。

巷にあるほとんどの広告は、自分の会社の名前、営業時間、電話番号など、自分たちの都合しか書かれていません。

 

たしかにそれも表記したほうが良いですが、肝心なターゲットが知りたいことがどこにも書かれていない広告がとても多いのは事実です。

 

いくらターゲットが集まるところに広告を出したとしても、その広告自体にターゲットがメリットを感じなければ集客には繋がりません。

 

・「自分の商品を買うターゲットがどこにいるのか」
・「自分の広告はターゲットの欲や悩みをきちんと押さえているか」

この2つは効果的な集客をするうえで、絶対に必要な要素です。

 

この2つをきちんと押さえていると、

「不特定多数ではなく、あなたのターゲットがたくさん集まる場所に広告を宣伝できる
「ターゲットが他の商品よりもあなたの商品を選ぶようになる

このようなことが可能になります。

では、どうすれば

 

『自分のターゲットがどこにいるのか』
『ターゲットの欲や悩み』

をしっかりと理解することができるのでしょうか?

 

 

noteに全てをまとめていますのでこちらからご覧ください。

あなたのターゲットの居場所と欲や悩み

売れる広告を作るために必要な要素

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

すーさん

生きるためにはお金が必要

すーさん

50歳、派遣社員。いつもいつも派遣切りにビクビクしながら生きています。50歳になった途端、次の就職先が中々見つからず、生活のため嫌な仕事でも断らず進んで行っていました。それと同時に副業も始めました。今では副業で稼ぐことができるようになったので、嫌な仕事は断ることができ、仕事がなくなっても贅沢はできませんが生活はできます。このブログは、副業を行うために学習した情報を公開しております。子供が私立の中学校に行っているので学費もかかるので持っと稼がなければ・・・ この情報が少しでもあなたにお役に立てばと思います。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: