マーケティング

なぜあの商品は高いのか?ものの値段が決まる理由を徹底解説! Vol.2

目安時間 11分
  • コピーしました

あなたが、コンビニ、スーパー、デパートやサービスの値段はどのように決められているか知っていますでしょうか?

 

ものによっては、「高い」とか「安い」と感じるものがありますよね。

 

値段の設定方法がわかれば、安くする方法もわかってくると思います。

 

安くする方法などを企業に提案したり、自分でOEM商品作り安く売ることができますよね。

 

前半では下記をお伝えしております。

気になる記事がありましたら、ここをクリックしてください。
■需要と供給による価格決定
1.需要と供給のバランスが価格を決定する
2.需要が高く供給が少ない場合、価格が上がる
3.需要が低く供給が多い場合、価格が下がる

 

■生産コストによる価格決定
1.生産コストと価格の関係
2.原材料費の影響
3.人件費の影響
4.設備費の影響

 

ものの値段はどのようにして決まるのか?
ブランド力やイメージによる価格決定

ブランド力やイメージが高い場合、価格が高くなり、ブランド力やイメージが低い場合、価格が低くなる。

ブランド力やイメージには、広告費やマーケティング費などが含まれる。

 

1.ブランド力やイメージ
企業や商品が持つ価値の一つであり、消費者にとっては購買意欲を高める要因となる。

 

ブランド力やイメージが高い場合、消費者はその商品やサービスに高い価値を見出し、価格に対しても納得感を持って支払う傾向がある。

 

一方、ブランド力やイメージが低い場合、消費者はその商品やサービスに対して低い価値を見出し、価格に対しても不満を持つ傾向がある。

 

2.ブランド力やイメージを高める
広告費やマーケティング費が必要となる。

 

広告費は、テレビCMや新聞広告、インターネット広告などを通じて、商品やサービスの魅力を消費者にアピールするために使われる。

 

また、マーケティング費は、商品やサービスの開発や改良、販売促進などに使われる。

 

これらの費用がかかることで、ブランド力やイメージを高めることができる。

しかし、ブランド力やイメージを高めるためには、単に広告費やマーケティング費をかけるだけでは不十分である。

 

消費者がその商品やサービスに対して高い評価を持つためには、品質やデザイン、サポート体制など、商品やサービスそのものの質が高くなければならない。

 

そのため、企業は商品やサービスの品質向上にも力を入れる必要がある。

さらに、ブランド力やイメージを高めるためには、消費者とのコミュニケーションが重要である。

 

消費者の声を聞き、フィードバックを受け取り、改善点を取り入れることで、消費者にとってより価値のある商品やサービスを提供することができる。

 

このようなアプローチは、消費者との信頼関係を築くことにもつながり、ブランド力やイメージの向上につながる。

 

まとめ
ブランド力やイメージは、商品やサービスの価値を高める要因であり、広告費やマーケティング費をかけることで高めることができる。

 

しかし、商品やサービスの品質向上や消費者とのコミュニケーションも重要である。

 

これらのアプローチを総合的に取り入れることで、ブランド力やイメージを高め、消費者にとってより価値のある商品やサービスを提供することができる。

 

競合他社の価格による価格決定

競合他社の価格が高い場合、自社の価格も高くなり、競合他社の価格が低い場合、自社の価格も低くなる。

競合他社の価格には、同じ商品や類似商品の価格が含まれる。

 

1.競合他社の価格は
自社の価格に大きな影響を与える要因の一つである。

 

競合他社の価格が高い場合、自社の価格も高くなる傾向がある。

 

これは、顧客が同じ商品や類似商品を購入する際に、価格が高い方を選ばないためである。

 

一方、競合他社の価格が低い場合、自社の価格も低くなることが多い。

 

これは、顧客が価格が低い方を選ぶためである。

 

2.競合他社の価格は
同じ商品や類似商品の価格が含まれる。

 

同じ商品であれば、品質や機能が同じであるため、価格が低い方を選ぶ傾向がある。

 

また、類似商品であっても、機能や品質が似ている場合は、価格が低い方を選ぶことが多い。

 

そのため、競合他社の価格を把握し、自社の価格を設定することが重要である。

競合他社の価格が高い場合でも、自社の商品には独自の価値を持たせることで、高い価格を設定することができる。

 

例えば、高品質な素材を使用した商品や、独自の技術を用いた商品などは、顧客が高い価格を支払う価値があると判断することができる。

競合他社の価格を把握するためには、市場調査や競合分析が必要である。

 

競合他社の価格だけでなく、商品の特徴や販売戦略なども分析することで、自社の価格設定に役立てることができる。

 

また、競合他社の価格が変動する場合には、迅速に対応することが必要である。

 

競合他社の価格に左右されず、自社の商品価値を高めることが、競争力を維持するために重要である。

 

3.地域や時期による価格差
地域や時期によって、需要や生産コストが異なるため、価格に差が生じる。

 

地域や時期による価格差は、物流費や季節性などが影響する。

 

4.地域や時期による価格差の原因
地域や時期による価格差は、需要と生産コストの差異によって生じます。

 

需要が高い地域や時期は、価格が高くなります。

 

一方、生産コストが高い地域や時期は、価格が高くなります。

 

これは、物流費や季節性などが影響するためです。

 

物流費は、商品を運ぶために必要な費用です。

 

地域によっては、交通網が整備されていないため、物流費が高くなります。

 

また、季節によっては、天候が悪化するため、物流費が高くなることがあります。

 

季節性は、商品の需要や生産コストに影響を与えます。

 

例えば、夏には冷たい飲み物やかき氷が需要が高まりますが、冬には需要が低下します。

 

また、野菜や果物などの農産物は、季節によって生産量が変化するため、価格も変動します。

生産コストは、商品を生産するために必要な費用です。

 

地域によっては、土地や労働力などのコストが高くなるため、価格が高くなります。

 

また、時期によっては、原材料の価格が変動するため、生産コストも変動します。

 

5.地域や時期による価格差の影響
地域や時期による価格差は、消費者や生産者に影響を与えます。

 

消費者は、価格が高い地域や時期には、商品を購入することができなくなる場合があります。

 

一方、価格が安い地域や時期には、商品を購入することができます。

 

生産者は、価格が高い地域や時期には、商品を生産することができます。

 

一方、価格が安い地域や時期には、商品を生産することができなくなる場合があります。

 

また、価格が高い地域や時期には、利益を得ることができます。

 

一方、価格が安い地域や時期には、利益を得ることができなくなる場合があります。

 

まとめ
地域や時期による価格差は、需要と生産コストの差異によって生じます。

 

物流費や季節性などが影響するため、価格に差が生じます。

 

消費者や生産者に影響を与えるため、地域や時期による価格差は重要な要素となります。

 

 

最後に

ものの値段は、需要と供給、生産コスト、ブランド力やイメージ、競合他社の価格、地域や時期など、様々な要因によって決まる。

 

価格を決定する要因を理解することで、消費者は適正な価格を判断することができる。

 

 

前半でお伝えすることは以下となります。
前半はここをクリックしてください。
■需要と供給による価格決定
1.需要と供給のバランスが価格を決定する
2.需要が高く供給が少ない場合、価格が上がる
3.需要が低く供給が多い場合、価格が下がる

 

■生産コストによる価格決定
1.生産コストと価格の関係
2.原材料費の影響
3.人件費の影響
4.設備費の影響

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

すーさん
すーさん

50歳を超えてから『なりたい自分になる』ために在宅ワーク副業を始めました。 ★なりたい自分になる★ ◆子供に好きなことをいつでもやらせてあげる自分になる ◆家族が毎日笑顔で過ごせる自分になる ◆老後生活に危機を感じない自分になる ◆いつも人にやさしく出来る自分になる ◆いつも人に頼られる自分になる ◆1人でも多くの人を笑顔させる自分になる ◆生涯で悔いが無い自分になる お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
 プロフィール

すーさん

すーさん

50歳を超えてから『なりたい自分になる』ために在宅ワーク副業を始めました。 ★なりたい自分になる★ ◆子供に好きなことをいつでもやらせてあげる自分になる ◆家族が毎日笑顔で過ごせる自分になる ◆老後生活に危機を感じない自分になる ◆いつも人にやさしく出来る自分になる ◆いつも人に頼られる自分になる ◆1人でも多くの人を笑顔させる自分になる ◆生涯で悔いが無い自分になる お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ