ライティング

口コミで売れる!成功したコピーの作り方と事例を分析 Vol.1

目安時間 9分
  • コピーしました

 

 

口コミを生むコピーの作り方と成功事例
口コミを生むコピーの作り方

口コミを生むコピーを作るためには、以下のポイントが重要です。

 

1.ターゲットを明確にすることの重要性

コピーを作成する際に、まずは誰に向けたものなのかを明確にすることが必要です。ターゲットに合わせた言葉遣いや表現を使うことで、共感を呼びやすくなります。また、ターゲットに合わせた情報を提供することで、より効果的なコミュニケーションが可能となります。

 

例えば、若年層をターゲットにしたコピーを作成する場合、カジュアルな言葉遣いやポップなデザインが効果的です。一方、高齢者をターゲットにしたコピーを作成する場合は、丁寧な言葉遣いや分かりやすい表現が必要です。

 

ターゲットを明確にすることで、コピーの効果を最大限に引き出すことができます。そのため、コピー作成の際には、まずはターゲットを明確にすることが重要です。

 

 

2.共感を呼ぶストーリーを作る
人々は、ストーリーに共感しやすいという特性を持っています。このため、商品やサービスを紹介する際には、その背景や思いをストーリーにして伝えることが重要です。ストーリーを通じて、商品やサービスに対する理解や興味を深めることができ、共感を呼びやすくなります。

 

ストーリーを作る際には、まず商品やサービスの背景や思いを明確にすることが必要です。その上で、その背景や思いを伝えるストーリーを作り上げます。ストーリーは、商品やサービスの魅力を伝えるだけでなく、その背景や思いを共有することで、顧客との絆を深めることができます。

 

また、ストーリーを作る際には、顧客の視点に立って考えることが重要です。顧客が商品やサービスに求めるものや、顧客が抱える問題を理解し、それに対する解決策をストーリーに盛り込むことで、顧客の共感を呼びやすくなります。

さらに、ストーリーを作る際には、ストーリーの構成や表現方法にも注意が必要です。ストーリーは、興味を引く冒頭、展開、クライマックス、結末の流れを持つことが望ましいです。

 

また、ストーリーの表現方法には、言葉だけでなく、画像や動画などのマルチメディアを活用することも有効です。

 

以上のように、ストーリーを作ることで、商品やサービスに対する共感を呼びやすくなります。商品やサービスの背景や思いを明確にし、顧客の視点に立ってストーリーを作り上げることで、顧客との絆を深め、ビジネスの成功につなげることができます。

 

3.特徴やメリットを具体的に伝える
商品やサービスを販売する際には、その特徴やメリットを具体的に伝えることが重要です。例えば、スマートフォンの場合、高性能なカメラや長時間のバッテリー駆動、防水機能などが特徴として挙げられます。これらの特徴を具体的な例を挙げて説明することで、購買意欲を高めることができます。

 

また、サービスの場合には、利用者にとってのメリットを具体的に伝えることが重要です。例えば、オンライン英会話サービスの場合、自宅で手軽に英語の学習ができることや、ネイティブスピーカーの講師とのマンツーマンレッスンが受けられることがメリットとして挙げられます。これらのメリットを具体的な事例を交えて説明することで、利用者のニーズに合わせたサービス提供ができます。

 

さらに、特徴やメリットを具体的に伝えることで、競合他社との差別化ができます。例えば、同じ商品でも、高品質な素材を使用していることや、独自の技術を採用していることをアピールすることで、他社との差別化ができます。また、サービスの場合には、他社にはない特徴やメリットをアピールすることで、顧客獲得につながります。

 

以上のように、商品やサービスの特徴やメリットを具体的に伝えることは、購買意欲の向上や競合他社との差別化につながります。具体的な例を挙げて説明することで、顧客のニーズに合わせた提供ができるようになります。

 

4.信頼性を高める要素を盛り込む
信頼性を高める要素を盛り込むことは、企業や商品の成功に欠かせない重要な要素です。消費者は、信頼できる企業や商品を選びたいと考えており、そのためには、企業や商品が信頼できるという印象を与えることが必要です。

 

信頼性を高めるためには、実績や認証、口コミなどを活用することが有効です。実績は、企業や商品が過去にどのような成果を上げてきたかを示すものであり、消費者にとっては、その企業や商品が信頼できるかどうかを判断する上で重要な要素となります。

 

また、認証は、第三者機関による審査や認定を受けたことを示すものであり、消費者にとっては、その企業や商品が信頼できるかどうかを判断する上で、より確かな手がかりとなります。

 

さらに、口コミは、消費者が実際にその商品やサービスを利用した際の感想や評価を共有するものであり、消費者にとっては、その商品やサービスが信頼できるかどうかを判断する上で、非常に重要な要素となります。口コミは、SNSやレビューサイトなどを通じて、広く共有されることが多く、企業や商品が信頼できるという印象を与えるためには、消費者の口コミを積極的に活用することが必要です。

 

以上のように、実績や認証、口コミなどを活用することで、企業や商品の信頼性を高めることができます。消費者にとっては、信頼できる企業や商品を選ぶことが重要であり、企業や商品側も、信頼性を高めることで、消費者の信頼を得ることができ、成功につながることが期待できます。

 

5.コール・トゥ・アクションを設定する
コール・トゥ・アクション(CTA)は、ウェブサイトやメールマーケティングなどのマーケティング活動において、最も重要な要素の一つです。CTAは、読者や視聴者に具体的な行動を促すことで、購買意欲を高めることができます。

 

CTAは、明確で簡潔な文言で表現されることが重要です。例えば、「今すぐ購入する」、「無料トライアルを始める」、「お問い合わせする」など、具体的な行動を促す文言が効果的です。

 

また、CTAは、目立つ場所に配置することが必要です。ウェブサイトの場合は、ページの上部や中央、または記事の最後に配置することが一般的です。

 

さらに、CTAは、デザインや色使いにも注意を払う必要があります。CTAボタンは、目立つ色や大きさ、ホバーエフェクトなどを使って、読者の目を引くように設計することが重要です。

 

また、CTAボタンの周りに余白を設けることで、視認性を高めることもできます。

 

最後に、CTAは、マーケティング活動の目的に合わせて、適切な文言やデザインを選択することが必要です。例えば、商品の購入を促す場合は、「今すぐ購入する」が効果的ですが、メールマーケティングの場合は、「登録する」や「詳細を見る」が適切な場合もあります。

 

CTAは、マーケティング活動の成功に欠かせない要素の一つです。明確で簡潔な文言、目立つデザイン、適切な配置などを考慮して、効果的なCTAを設定することが重要です。

 

後半のVol2では下記をお伝えしています。
ここをクリックして見てください。
■口コミを生むコピーの作り方と成功事例
・成功事例
・口コミを生むコピーの効果
・購買意欲の増加
・顧客ロイヤルティの向上
・口コミによる広告効果の獲得
・まとめ

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

おじさん
おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
 プロフィール

おじさん

おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ