マーケティング

心理学的に解説!人が欲しくなるもののメカニズムとは? Vol.1

目安時間 11分
  • コピーしました

商売とは、商品やサービスを提供して、それによって収益を得ることを指します。

 

なので、商品やサービス購入してもらわなければなりません。

 

購入してもらうためには、『人が欲しくなるもののメカニズム』の理解が必要になります。

 

なので、今回は『人が欲しくなるもののメカニズム』についてお伝えいたします。

 

とても大切なことなので、理解するまで何度も繰り返して読んでください。

 

長文になってしまった為、Vol.1、Vol.2に分けました。

こちらは「Vol.1」です。

「Vol.2」はこちらをクリックしてご覧ください。

 

人が欲しくなるものの心理とは
欲求とは何か

欲求とは、人間が持つ生理的・心理的な欲望や願望のことを指します。

 

生理的欲求としては、食欲や睡眠欲、排泄欲などがあります。

 

心理的欲求としては、社会的欲求や承認欲求、安全欲求、自己実現欲求などがあります。

 

これらの欲求は、人間が生きる上で必要不可欠なものであり、欲求が満たされることで幸福感を得ることができます。

 

消費行動と欲求

欲求が過剰になると、消費行動が制御できなくなり、問題が生じることがあります。

 

例えば、ショッピング依存症やギャンブル依存症などが挙げられます。

 

これらの依存症は、欲求が過剰になり、消費行動が制御できなくなることで生じます。

 

また、欲求が過剰になると、借金や浪費などの問題も生じることがあります。

 

欲求をコントロールする方法

欲求をコントロールする方法としては、以下のようなものがあります。

 

1. 欲求を抑える
欲求を抑えることで、消費行動を制御することができます。

 

例えば、
ショッピング依存症の場合は、買い物をする前に自分に問いかけることで、欲求を抑えることができます。

・「本当に必要なものか」
・「今すぐ買わなくてもいいものか」
などと自問自答することで、冷静に判断することができます。

 

2.欲求を代替する
欲求を代替することで、消費行動を制御することができます。

 

例えば、
ストレスを感じたときに、お菓子を食べるのではなく、散歩をすることでストレスを解消することができます。

また、ショッピング依存症の場合は、買い物をする代わりに、趣味を楽しむことで、欲求を代替することができます。

 

3.欲求を管理する
欲求を管理することで、消費行動を制御することができます。

 

例えば、
予算を決めて買い物をすることで、無駄遣いを防ぐことができます。
また、ギャンブル依存症の場合は、自分で決めた上限額を守ることで、借金や浪費を防ぐことができます。

 

4.まとめ
欲求は、人間が持つ生理的・心理的な欲望や願望のことであり、欲求が満たされることで幸福感を得ることができます。

 

しかし、欲求が過剰になると、消費行動が制御できなくなり、問題が生じることがあります。

 

欲求をコントロールする方法としては、欲求を抑える、欲求を代替する、欲求を管理するなどがあります。

 

欲求をコントロールすることで、健康的な生活を送ることができます。

 

欲求の種類と欲しくなる理由の関係性について

欲求とは、人間が満たしたいと思う欲望や願望のことを指します。

 

欲求には、生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、自尊欲求、自己実現欲求の5つの種類があります。

 

これらの欲求は、人間が生きていく上で必要不可欠なものであり、欲しくなる理由もそれぞれ異なります。

 

1.生理的欲求
生理的欲求は、人間が生きていく上で最も基本的な欲求です。

 

食欲、睡眠欲、性欲などが含まれます。

 

これらの欲求は、生命維持に必要なため、本能的に欲しくなるものです。

 

例えば、
食欲は栄養を摂取するために必要であり、睡眠欲は身体を休めるために必要です。
性欲は、子孫を残すために必要な欲求であり、人間にとっても重要な欲求の一つです。

 

2.安全欲求
安全欲求は、身体的な安全や経済的な安定を求める欲求です。

 

不安や危険から身を守るために欲しくなるものです。

 

例えば、
住居や食料、水などの生活必需品を手に入れることで、身体的な安全を確保することができます。
また、経済的な安定を得ることで、将来の不安を解消することができます。

 

3.社会的欲求
社会的欲求は、人間関係や所属意識、承認欲求などです。

 

社会的な存在として認められることで満たされるため、欲しくなるものです。

 

例えば、
友人や家族との関係を築くことで、人間関係を満たすことができます。
また、所属するグループや組織に認められることで、自己肯定感を高めることができます。

 

4.自尊欲求
自尊欲求は、自分自身を認められ、尊重されることを求める欲求です。

 

自己肯定感を高めるために欲しくなるものです。

 

例えば、
自分の能力や才能を認められることで、自己肯定感を高めることができます。
また、他人からの評価や承認を得ることで、自尊心を満たすことができます。

 

5.自己実現欲求
自己実現欲求は、自分自身の可能性を最大限に引き出し、自己実現を目指す欲求です。

 

人生の目的や意義を見出すために欲しくなるものです。

 

例えば、
自分の能力を最大限に発揮することで、自己実現を達成することができます。
また、自分自身が望む人生を送ることで、人生の意義を見出すことができます。

 

 

以上のように、欲求にはそれぞれの種類に応じた欲しくなる理由があります。

 

これらの欲求を満たすことで、人間はより充実した生活を送ることができます。

 

欲しくなるものの心理的な背景

人間は、欲求を持って生きています。

 

欲求とは、欲しくなるものを得るための内的な動機や欲望のことです。

 

欲求は、生物学的な欲求(食欲や睡眠欲など)や社会的な欲求(自己実現欲求や社会的欲求など)に分類されます。

 

欲しくなるものには、物質的なもの、情報や知識、体験や感情、人間関係などがあります。

 

1.物質的なもの
物質的なものは、お金や豪華な品物、高級車などがあります。

 

これらは、社会的地位や成功を象徴するために欲しくなるものです。

 

また、快適な生活や安心感を得るためにも欲しくなるものです。

 

物質的なものを欲しくなる心理的な背景には、社会的比較や自己評価の欲求があります。

 

人は、自分自身を他人と比較し、自己評価を行います。

 

そして、自分自身を高く評価するために、物質的なものを手に入れようとするのです。

 

2.情報や知識
情報や知識は、新しい情報や知識を得ることで、自己実現欲求を満たすことができるため、欲しくなるものです。

 

人は、自分自身を成長させたいという欲求を持っています。

 

そして、新しい情報や知識を得ることで、自分自身を成長させることができるのです。

 

また、情報や知識を得ることで、自分自身を他人と比較し、自己評価を行うこともできます。

 

 

3.体験や感情
体験や感情は、旅行やアウトドア、エンターテイメントなどの体験や、愛や幸福などの感情を得ることで、自己実現欲求や自尊欲求を満たすことができるため、欲しくなるものです。

 

人は、自分自身を幸せにしたいという欲求を持っています。

 

そして、体験や感情を得ることで、自分自身を幸せにすることができるのです。

 

また、体験や感情を得ることで、自分自身を他人と比較し、自己評価を行うこともできます。

 

4.人間関係
人間関係は、友人や恋人、家族などの人間関係を築くことで、社会的欲求や自尊欲求を満たすことができるため、欲しくなるものです。

 

人は、社会的なつながりを持ちたいという欲求を持っています。

 

そして、人間関係を築くことで、社会的なつながりを持つことができるのです。

 

また、人間関係を築くことで、自分自身を他人と比較し、自己評価を行うこともできます。

 

 

以上のように、欲しくなるものには、それぞれの心理的な背景があります。

人は、自分自身を他人と比較し、自己評価を行い、自己実現欲求や自尊欲求、社会的欲求などを満たすために、欲しくなるものを手に入れようとします。

 

『心理学的に解説!人が欲しくなるもののメカニズムとは? Vol.2』はこちらをクリックしてください。

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

おじさん
おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
 プロフィール

おじさん

おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ