副業

知らなきゃ損!あなたが受け取れる12種類の給付金・補助金とは?

目安時間 7分
  • コピーしました

 

 

国、都道府県、市町村、自治体等で申請すればもらえるお金の種類とその内容を徹底解説します。

 

『申請すれば』ってことなので、知らなければお金はもらえません。

 

全ての給付金・補助金をお伝えするには数が多くお伝えしきれません。

 

知らなければ『損をする』仕組みとなっていますので、しっかり調べてもらえるお金は全てもらいましょう。

 

 

1.児童手当

児童手当は、0歳から中学卒業までの子供がいる家庭に対して支給される月額のお金です。

支給額は、子供の年齢や家族の収入によって異なり、第1子・第2子は月額1万円から1万5千円、第3子以降は月額1万5千円から2万円となります。

所得制限があり、一定の所得を超えると支給額が減額されます。

私は、高校生になったら渡すつもりで、この手当を貯めております。

 

 

2.育児休業給付金

育児休業給付金は、育児休暇中に仕事を休んでいる間の収入を補うためのものです。

休業開始時の賃金の67%が支給され、育児休業期間が延長される場合でも最長1年6か月まで受け取ることができます。

育児休業を取得するためには、雇用保険に加入していることが条件となります。

私もこの制度を使いたかったのですが、会社を休む事ができす結局使えなかったですが、使えるなら是非使ってください。

 

 

3.出産一時金

出産一時金は、出産にかかる費用を補助するための給付金です。

健康保険に加入している場合、出産一時金として42万円が支給されます。

この金額は出産費用の一部または全額をカバーすることができ、出産育児一時金直接支払制度を利用することで、病院への支払いが直接行われるため、自己負担が軽減されます。

私の場合は、一般的な病院での出産でしたので、42万円で全てがカバー出来ました。

 

 

4.生活保護

生活保護は、生活に困っている人に対して支給されるお金です。

収入や資産が一定基準以下であることが条件で、生活費、住居費、医療費などが補助されます。

申請には、役所での相談や調査が必要で、必要書類を提出することで受給が決定されます。

下記のグラフを見ると65歳以上が増加しています。

年金では生活ができなく、生活保護を使っているのだと思われますね。

資料:被保険者調査 年次調査(厚生労働省)

 

 

5.住宅確保給付金

住宅確保給付金は、失業や収入減少により家賃の支払いが困難な人に対して支給されるお金です。

支給期間は原則3か月ですが、条件により延長も可能です。

家賃の全額または一部が自治体から直接大家さんに支払われます。

 

 

6.奨学金

奨学金は、学生が学費を支払うために借りるお金です。

日本学生支援機構(JASSO)による奨学金が一般的で、返済が必要な貸与型と、返済不要の給付型があります。

貸与型は無利子と有利子のものがあり、給付型は学業成績や家庭の経済状況に応じて支給されます。

 

 

7.高校生修学支援金

高校生修学支援金は、低所得家庭の高校生に対して授業料を補助するための給付金です。

公立高校の授業料は実質無料となり、私立高校でも一定額が補助されます。

家庭の年収により支給額が異なり、申請には所得証明書の提出が必要になります。

 

 

8.高額療養費制度

高額療養費制度は、医療費が高額になった場合に、自己負担額が一定額を超えると、その超えた分が返金される制度です。

支給対象となる自己負担限度額は収入に応じて異なり、月単位で計算されます。

手続きは健康保険組合または国民健康保険の窓口で行うことができます。

 

 

9.医療費助成制度

医療費助成制度は、特定の病気にかかる医療費を補助する制度です。

小児慢性特定疾患や難病指定疾患など、特定の疾病にかかる場合、医療費の自己負担額が軽減されます。

申請には診断書や所得証明書が必要で、自治体の窓口で手続きを行うことが出来ます。

 

 

10.災害援護資金

災害援護資金は、自然災害で被害を受けた人に対して支給されるお金です。

住居の修繕や生活基盤の再建に使用されます。

申請には被害状況を証明する書類が必要で、自治体が実施する調査を経て支給が決定されます。

 

 

11.被災者生活再建支援金

被災者生活再建支援金は、災害で住居に被害を受けた人が生活を再建するための支援金です。

全壊や半壊、床上浸水などの被害状況に応じて支給額が異なります。

申請は自治体の窓口で行い、被害認定を受けることが条件です。

 

 

12.失業手当(雇用保険)

失業手当(雇用保険)は、失業した場合に一定期間生活費を補助するためのお金です。

雇用保険に一定期間加入していることが条件で、受給期間は年齢や保険加入期間に応じて異なります。

ハローワークでの求職活動が必要です。

私も昔、失業手当で6ヶ月位お世話になり、大変助かりました。

 

 

13.まとめ

国、都道府県、市町村で申請すれば受け取れる給付金・補助金を紹介しました。

各制度の詳細と申請方法を確認し、適切な支援を受けることで生活を安定させましょう。

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

すーさん
すーさん

50歳を超えてから『なりたい自分になる』ために在宅ワーク副業を始めました。 ★なりたい自分になる★ ◆子供に好きなことをいつでもやらせてあげる自分になる ◆家族が毎日笑顔で過ごせる自分になる ◆老後生活に危機を感じない自分になる ◆いつも人にやさしく出来る自分になる ◆いつも人に頼られる自分になる ◆1人でも多くの人を笑顔させる自分になる ◆生涯で悔いが無い自分になる お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
 プロフィール

すーさん

すーさん

50歳を超えてから『なりたい自分になる』ために在宅ワーク副業を始めました。 ★なりたい自分になる★ ◆子供に好きなことをいつでもやらせてあげる自分になる ◆家族が毎日笑顔で過ごせる自分になる ◆老後生活に危機を感じない自分になる ◆いつも人にやさしく出来る自分になる ◆いつも人に頼られる自分になる ◆1人でも多くの人を笑顔させる自分になる ◆生涯で悔いが無い自分になる お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ