マーケティング

なぜあの商品は高いのか?ものの値段が決まる理由を徹底解説! Vol.1

目安時間 7分
  • コピーしました

あなたが、コンビニ、スーパー、デパートやサービスの値段はどのように決められているか知っていますでしょうか?

 

ものによっては、「高い」とか「安い」と感じるものがありますよね。

 

値段の設定方法がわかれば、安くする方法もわかってくると思います。

 

安くする方法などを企業に提案したり、自分でOEM商品作り安く売ることができますよね。

 

ものの値段はどのようにして決まるのか?
需要と供給による価格決定

需要と供給のバランスが価格を決定する。

需要が高く供給が少ない場合、価格が上がり、需要が低く供給が多い場合、価格が下がる。

 

1.需要と供給のバランスが価格を決定する
需要と供給は、市場経済において最も重要な要素の一つである。

 

需要とは、消費者が商品やサービスを欲しがる量のことであり、供給とは、企業や生産者が市場に提供する量のことである。

 

需要と供給のバランスが取れている場合、市場は均衡状態にあり、価格は安定します。

 

しかし、需要と供給のバランスが崩れると、価格は変動する。

 

2.需要が高く供給が少ない場合、価格が上がる
需要が高く供給が少ない場合、市場には需要を満たす商品やサービスが不足しているため、価格が上昇する。

 

この状況は、需要過剰とも呼ばれ、需要が供給を上回るため、価格が高騰する。

 

需要過剰の例としては、新しいスマートフォンやゲーム機が発売された際に起こる現象が挙げられる。

 

需要が高まり、供給が追いつかないため、価格が高騰する。

 

3.需要が低く供給が多い場合、価格が下がる
需要が低く供給が多い場合、市場には供給過剰の商品やサービスが存在するため、価格が下落する。

 

この状況は、供給過剰とも呼ばれ、供給が需要を上回るため、価格が下落する。

 

供給過剰の例としては、季節商品や流行に敏感な商品が挙げられる。

 

需要が低下し、供給が過剰になるため、価格が下落する。

 

まとめ
需要と供給のバランスが価格を決定することは、市場経済において非常に重要である。

 

需要が高く供給が少ない場合は価格が上昇し、需要が低く供給が多い場合は価格が下落する。

 

市場参加者は、需要と供給のバランスを見極め、適切な価格設定を行うことが求められる。

 

生産コストによる価格決定

生産コストが高い場合、価格が高くなり、生産コストが低い場合、価格が低くなる。

生産コストには、原材料費、人件費、設備費などが含まれる。

 

1.生産コストと価格の関係
製品の価格は、生産コストに大きく影響される。

 

生産コストは、原材料費、人件費、設備費などの費用が含まれる。

 

原材料費は、製品を作るために必要な材料の費用であり、人件費は、製品を作るために必要な人員の給与費用である。

 

設備費は、製品を作るために必要な機械や設備の費用である。

生産コストが高い場合、価格も高くなる。

 

これは、製品を作るために必要な費用が多くかかるためである。

 

一方、生産コストが低い場合、価格も低くなる。

 

これは、製品を作るために必要な費用が少なくかかるためである。

 

2.原材料費の影響
原材料費は、製品の価格に大きく影響する。

 

原材料費が高い場合、製品の価格も高くなる。

 

原材料費が低い場合、製品の価格も低くなる。

 

原材料費は、市場価格の変動によって影響を受けることがある。

 

市場価格が高い場合、原材料費も高くなるため、製品の価格も高くなる。

 

3.人件費の影響
人件費は、製品の価格に大きく影響する。

 

人件費が高い場合、製品の価格も高くなる。

 

人件費が低い場合、製品の価格も低くなる。

 

人件費は、国や地域によって異なるため、製品の価格も異なることがある。

 

4.設備費の影響
設備費は、製品の価格に大きく影響する。

 

設備費が高い場合、製品の価格も高くなる。

 

設備費が低い場合、製品の価格も低くなる。

 

設備費は、製品の種類や生産量によって異なるため、製品の価格も異なることがある。

 

まとめ
生産コストは、製品の価格に大きく影響する。

 

原材料費、人件費、設備費などが含まれる生産コストが高い場合、価格も高くなる。

 

一方、生産コストが低い場合、価格も低くなる。

 

原材料費、人件費、設備費の変動によって、製品の価格も変動することがある。

 

 

後半でお伝えすることは以下となります。

後半はここをクリックしてください。

■ブランド力やイメージによる価格決定
1.ブランド力やイメージ
2.ブランド力やイメージを高める

 

■競合他社の価格による価格決定
1.競合他社の価格は
2.競合他社の価格は
3.地域や時期による価格差
4.地域や時期による価格差の原因
5.地域や時期による価格差の影響

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

おじさん
おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
 プロフィール

おじさん

おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ