マーケティング

0人のお客でも存続する理由とは?あのお店の成功の秘密に迫る

目安時間 13分
  • コピーしました
なぜお客がいないのに、あのお店は潰れないのか?
店舗の立地条件が良い可能性がある

・駅前や繁華街など、人通りが多い場所にある可能性がある
・周辺に競合店が少ない場合もある

 

1.店舗の立地条件が良い場合の特徴

店舗の立地条件が良い場合、まずは人通りが多い場所にあることが挙げられる。

 

駅前や繁華街、商業施設などは、多くの人が行き交う場所であり、そのために集客力が高いと言える。

 

また、周辺に競合店が少ない場合も、店舗の立地条件が良いと言える。

 

競合店が少ない場合、その地域での需要に対して供給が少なくなるため、需要を取り込むことができる可能性が高くなる。

 

さらに、店舗の立地条件が良い場合には、周辺環境の整備がされていることが多い。

 

例えば、駅前には駅ビルや商業施設が集積しており、多様なニーズに対応できるようになっている。

 

また、繁華街には飲食店や娯楽施設が多く、多くの人々が集まる場所となっている。

 

これらの周辺環境の整備は、店舗の集客力を高めることにつながる。

 

さらに、店舗の立地条件が良い場合には、交通アクセスが良いことも挙げられる。

 

駅前や商業施設などは、公共交通機関が充実しており、車を持っていない人でも容易にアクセスできる。

 

また、駐車場が完備されている場合もあり、車でのアクセスも容易になる。

 

以上のように、店舗の立地条件が良い場合には、人通りが多く、周辺環境の整備がされ、交通アクセスが良いことが挙げられる。

 

これらの要素が揃っている場合、店舗の集客力を高めることができるため、経営にとって有利な状況と言える。

 

オンラインでの集客がある可能性がある

・SNSやホームページ、ブログなどを活用して、オンラインでの集客を行っている可能性がある
・オンラインでの情報発信により、リピーターを増やしている場合もある

 

1.オンライン集客の重要性とその方法

現代において、オンラインでの集客は非常に重要な役割を果たしています。

 

SNSやホームページ、ブログなどを活用することで、多くの人々に自社の情報を発信することができます。

 

特に、若年層を中心にSNSが広く普及しているため、SNSを活用することで若年層の顧客獲得につながることが期待されます。

 

また、オンラインでの情報発信により、リピーターを増やすこともできます。

 

例えば、ホームページやブログで定期的に更新される情報を提供することで、顧客が自社の情報を常にチェックするようになり、リピート率が向上することがあります。

 

オンライン集客を行うためには、まず自社のウェブサイトを作成することが必要です。

 

ウェブサイトは、自社の情報を発信するための基盤となります。

 

また、SNSを活用することで、より多くの人々に自社の情報を発信することができます。

 

SNSを活用する際には、自社のアカウントを作成し、定期的に情報を発信することが重要です。

 

さらに、オンライン広告を活用することもオンライン集客の方法の一つです。

 

Google AdWordsやFacebook広告などを活用することで、より多くの人々に自社の情報を届けることができます。

 

ただし、広告費用がかかるため、予算に応じた広告戦略を立てることが必要です。

 

以上のように、オンライン集客は現代において非常に重要な役割を果たしています。

 

自社のウェブサイトやSNS、オンライン広告を活用することで、より多くの人々に自社の情報を発信し、顧客獲得やリピート率の向上につなげることができます。

 

商品やサービスの特徴がある可能性がある

・他店にはない独自の商品やサービスを提供している場合がある
・また、価格帯が他店よりも安い場合もある

 

1.独自の商品やサービスを提供している場合がある

一部の企業は、他店にはない独自の商品やサービスを提供しています。

 

これは、競合他社との差別化を図るために行われることが多く、顧客にとっては魅力的な選択肢となります。

 

例えば、飲食店であれば、自社開発のオリジナルメニューや、地元の食材を使用した料理を提供することがあります。

 

また、小売店であれば、自社ブランドの商品や、限定商品を販売することがあります。

 

2.価格帯が他店よりも安い場合もある

一方で、他店よりも価格帯が安い場合もあります。

 

これは、大量生産や直接販売などのコスト削減策によって実現されることが多く、顧客にとってはコストパフォーマンスが高いと感じることがあります。

 

例えば、スーパーマーケットであれば、自社ブランドの商品を販売することで、他店よりも安価な価格帯を実現することがあります。

 

また、ECサイトであれば、物流コストを削減することで、他店よりも安い価格帯を実現することがあります。

 

経営者の経営戦略がある可能性がある

・お客がいない時間帯には、コスト削減を行っている場合がある
・また、他店とは異なる経営戦略を取っている場合もある

 

1.経営者の経営戦略について

経営者は、お客がいない時間帯にはコスト削減を行うことがある。

 

これは、無駄な費用を削減することで、利益を最大化するための戦略である。

 

例えば、従業員の人数を減らしたり、電気や水道などの光熱費を節約することが挙げられる。

 

また、経営者は他店とは異なる経営戦略を取ることもある。

 

これは、競合他社との差別化を図るためである。

 

例えば、商品の品質や価格、サービスの質などを他店とは異なるものにすることで、顧客のニーズに合った商品やサービスを提供することができる。

 

さらに、経営者は将来のビジネス展開を見据えた戦略を立てることもある。

 

例えば、新しい商品やサービスの開発、新規市場への進出、M&Aなどが挙げられる。

 

これらの戦略は、将来のビジネスの成長や競争力の強化につながる。

 

経営者は、常に環境の変化に対応し、最適な経営戦略を立てることが求められる。

 

そのためには、市場動向や顧客のニーズを把握し、自社の強みや弱みを正確に把握することが重要である。

 

お客がいないという認識が間違っている可能性がある

・実際にはお客がいるが、ユーザーが気づいていない場合がある
・店舗の外観や看板、入り口の位置などが原因で、お客が入りにくい場合もある

 

店舗の外観や看板、入り口の位置は、お客が入りにくい原因となることがある。

 

例えば、看板が小さくて見えにくかったり、入り口がわかりにくかったりすると、お客が入りにくくなる。

 

また、周囲の環境によっても、お客が入りにくくなることがある。

 

例えば、駐車場がない場所や、周囲に競合店が多い場所では、お客が入りにくくなることがある。

 

しかし、実際にはお客がいるにも関わらず、ユーザーが気づいていない場合もある。

 

これは、店舗の存在を知らせる広告や宣伝が不十分であったり、SNSなどの情報発信が不足している場合が考えられる。

 

また、店舗の特徴や魅力が伝わっていない場合も、お客が入りにくくなる原因となる。

 

このように、お客がいないという認識が間違っている場合があるため、店舗側は、外観や看板、入り口の位置などを見直し、周囲の環境や広告、宣伝、情報発信などを充実させることで、お客が入りやすい環境を整える必要がある。

 

そのお店が潰れない理由を考える上でのポイント

・店舗の立地条件やオンラインでの集客、商品やサービスの特徴、経営者の経営戦略、お客がいないという認識が間違っている可能性など、様々な要因が考えられる
・それぞれの要因を分析し、そのお店が潰れない理由を考えることが重要である

 

1.店舗の立地条件

店舗の立地条件は、そのお店が潰れない理由の一つとして考えられる。

 

例えば、人通りの多い場所にある場合は、集客がしやすくなるため、売上が安定する可能性が高くなる。

 

また、周辺に競合するお店が少ない場合も、そのお店が独自の需要を獲得しやすくなるため、潰れにくいと言える。

 

2.オンラインでの集客

現代では、オンラインでの集客が重要なポイントとなっている。

 

そのお店が持つウェブサイトやSNSの活用状況が良好である場合、オンラインからの集客が増え、売上が伸びる可能性が高くなる。

 

また、オンラインショップを開設している場合、地域に限らず全国からの注文が可能となり、需要を拡大することができる。

 

3.商品やサービスの特徴

そのお店が提供する商品やサービスの特徴も、潰れない理由の一つとして考えられる。

 

例えば、他のお店にはない独自の商品やサービスを提供している場合、そのお店にしかない価値を提供することができるため、需要が高まり、潰れにくくなる。

 

また、品質やサービスの質が高い場合も、リピーターが増え、売上が安定する可能性が高くなる。

 

4.経営者の経営戦略

そのお店の経営者が持つ経営戦略も、潰れない理由の一つとして考えられる。

 

例えば、コスト削減や新規事業の展開など、経営者が的確な判断を下し、適切な経営戦略を実行している場合、そのお店の経営状況が改善し、潰れにくくなる。

 

5.お客がいないという認識が間違っている可能性

最後に、そのお店が潰れない理由として、お客がいないという認識が間違っている可能性がある。

 

例えば、そのお店が提供する商品やサービスが、ターゲット層にとって必要不可欠なものである場合、需要があるにも関わらず、お客が来ないという状況が発生することがある。

 

そのため、お客がいないという認識にとらわれず、需要を引き出すための施策を考えることが重要である。

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

おじさん
おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
 プロフィール

おじさん

おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ