ライティング

口コミで売れる!成功したコピーの作り方と事例を分析 Vol.2

目安時間 13分
  • コピーしました

 

口コミを生むコピーの作り方と成功事例
成功事例

以下は、口コミを生むコピーの成功事例です。

 

1.Appleの「Think Different」キャンペーン
Appleの「Think Different」キャンペーンは、1997年に展開されたものです。このキャンペーンでは、スティーブ・ジョブズが語る「人々は、変えることができると信じる人々が、実際に世界を変えることができる」というメッセージが伝えられました。このキャンペーンは、Appleのブランドイメージを大きく変え、多くの人々に共感を呼びました。

 

2.Coca-Colaの「Share a Coke」キャンペーン
Coca-Colaの「Share a Coke」キャンペーンは、2011年に展開されたものです。このキャンペーンでは、人々の名前が入ったコカ・コーラのボトルが販売されました。このキャンペーンは、消費者とのコミュニケーションを重視したもので、多くの人々に話題を提供しました。

 

3.Doveの「Real Beauty」キャンペーン
Doveの「Real Beauty」キャンペーンは、2004年に展開されたものです。このキャンペーンでは、女性の美しさについてのステレオタイプなイメージを批判し、多様性を受け入れることを訴えました。このキャンペーンは、多くの女性たちに共感を呼び、Doveのブランドイメージを大きく変えました。

 

4.Airbnbの「Belong Anywhere」キャンペーン
Airbnbの「Belong Anywhere」キャンペーンは、2014年に展開されたものです。このキャンペーンでは、旅行者が現地の人々と交流し、その土地に居るような体験をすることを訴えました。このキャンペーンは、Airbnbのブランドイメージを大きく変え、多くの人々に共感を呼びました。

 

5.Nikeの「Just Do It」キャンペーン
Nikeの「Just Do It」キャンペーンは、1988年に展開されたものです。このキャンペーンでは、スポーツをする人々に向けて、「やりたいことをやれ」というメッセージが伝えられました。このキャンペーンは、多くの人々に共感を呼び、Nikeのブランドイメージを大きく変えました。

 

口コミを生むコピーの効果

口コミを生むコピーは、以下のような効果があります。

1.信頼性の向上
信頼性の向上は、企業や商品にとって非常に重要な要素である。信頼性が高いという印象を与えることで、消費者はその企業や商品に対して安心感を持ち、購入意欲が高まる。

 

また、信頼性が高いという評価は、口コミやSNSなどを通じて広がり、企業や商品のブランド価値を高めることにもつながる。

 

信頼性を高めるためには、まずは品質の向上が必要である。品質が高いということは、消費者が商品やサービスに対して期待する機能や性能を満たしているということであり、その結果として消費者は信頼を寄せることになる。品質の向上には、製造プロセスの改善や品質管理の徹底などが必要である。

 

また、信頼性を高めるためには、顧客サポートの充実も重要である。商品やサービスに関する問い合わせやトラブルが発生した場合に、迅速かつ適切な対応を行うことが求められる。顧客サポートが充実しているという印象を与えることで、消費者は安心感を持ち、信頼を寄せることになる。

 

さらに、企業や商品の情報の公開や透明性の確保も信頼性の向上につながる。消費者は、企業や商品について正確かつ適切な情報を得ることができることで、信頼を寄せることになる。逆に、情報が不透明であったり、不正確であったりすると、消費者は企業や商品に対して不信感を持つことになる。

 

以上のように、信頼性の向上は、品質の向上、顧客サポートの充実、情報の公開や透明性の確保など、様々な要素によって実現される。企業や商品が信頼されるという印象を与えることで、消費者の購買意欲を高め、ブランド価値を向上させることができる。

 

2.ブランドイメージの向上
ブランドイメージの向上は、企業にとって非常に重要な課題です。消費者に好印象を与えることで、企業の信頼性や価値を高め、競合他社との差別化を図ることができます。ブランドイメージの向上には、以下のような方法があります。

 

・製品やサービスの品質向上
製品やサービスの品質を向上させることで、消費者に満足感を与えることができます。品質が高いというイメージが定着することで、ブランドイメージが向上します。

 

・広告や宣伝の効果的な展開
広告や宣伝を効果的に展開することで、消費者にブランドの存在を知らせることができます。

また、広告や宣伝の内容が消費者に共感を与えるようなものであれば、ブランドイメージの向上につながります。

 

・社会的責任の履行
企業が社会的責任を果たすことで、消費者からの信頼を得ることができます。例えば、環境保護活動や社会貢献活動などが挙げられます。社会的責任を果たすことで、企業のイメージが向上し、ブランドイメージの向上につながります。

 

・顧客サービスの向上
顧客サービスを向上させることで、消費者に満足感を与えることができます。顧客サービスが良いというイメージが定着することで、ブランドイメージが向上します。

 

以上のように、ブランドイメージの向上には、製品やサービスの品質向上、広告や宣伝の効果的な展開、社会的責任の履行、顧客サービスの向上などが重要な要素となります。企業は、これらの要素をバランスよく取り入れることで、消費者に好印象を与え、ブランドイメージを向上させることができます。

 

購買意欲の増加

商品やサービスを提供する企業にとって、購買意欲の増加は重要な課題です。購買意欲を高めるためには、顧客のニーズや要望に合わせた商品やサービスを提供することが必要です。

 

また、商品やサービスの魅力的な特徴や利点を伝えることも重要です。

 

顧客のニーズや要望に合わせた商品やサービスを提供するためには、市場調査や顧客アンケートなどを活用することが有効です。これにより、顧客が求める商品やサービスの特徴や価値観を把握し、それに合わせた提供が可能となります。

 

また、商品やサービスの魅力的な特徴や利点を伝えるためには、広告や宣伝活動が有効です。広告や宣伝活動には、商品やサービスの特徴や利点をわかりやすく伝えることが求められます。

 

また、顧客の心理に訴えるようなメッセージやストーリーを盛り込むことで、商品やサービスに対する興味や関心を高めることができます。

 

さらに、顧客の購買意欲を増加させるためには、商品やサービスの付加価値を高めることも有効です。例えば、商品に付加価値として保証やアフターサービスを提供することで、顧客の安心感を高めることができます。

 

また、サービスに付加価値として、顧客のニーズに合わせたカスタマイズや特別なサポートを提供することで、顧客の満足度を高めることができます。

 

以上のように、顧客のニーズや要望に合わせた商品やサービスの提供、魅力的な特徴や利点の伝え方、付加価値の提供など、様々なアプローチがあります。これらを組み合わせることで、購買意欲の増加を実現することができます。

 

顧客ロイヤルティの向上

顧客ロイヤルティの向上は、企業にとって非常に重要な課題です。消費者が商品やサービスに満足し、リピート購入する可能性が高くなることで、企業は収益を増やすことができます。また、顧客ロイヤルティが高いと、口コミやSNSなどを通じて、新規顧客を獲得することができるため、企業のブランド価値を高めることができます。

 

顧客ロイヤルティを向上させるためには、まずは顧客のニーズや要望を把握することが重要です。顧客が求めるものを提供することで、顧客満足度を高めることができます。

 

また、顧客とのコミュニケーションを密にし、顧客の声に耳を傾けることも大切です。顧客からのフィードバックをもとに、改善点を見つけ、改善することで、顧客満足度を向上させることができます。

 

さらに、顧客に対して特典やサービスを提供することも、顧客ロイヤルティを向上させるために有効です。例えば、会員制度を導入し、会員限定の特典や割引を提供することで、顧客のリピート率を高めることができます。

 

また、顧客に対して、個別に対応することも大切です。顧客の購入履歴や嗜好を把握し、それに合わせた提案やサービスを提供することで、顧客の満足度を高めることができます。

 

顧客ロイヤルティを向上させるためには、顧客のニーズや要望を把握し、顧客とのコミュニケーションを密にし、特典やサービスを提供することが重要です。企業は、顧客ロイヤルティを向上させることで、収益を増やし、ブランド価値を高めることができます。

 

口コミによる広告効果の獲得

消費者が商品やサービスを口コミで紹介することは、広告効果を獲得するための有効な手段の一つです。口コミは、消費者同士の信頼関係があるため、広告よりも信頼性が高く、購買意欲を高めることができます。

 

また、SNSや口コミサイトなどを通じて、多くの人に情報が拡散されるため、広告費用をかけずに多くの人にアプローチすることができます。

 

しかし、口コミによる広告効果を獲得するためには、消費者が商品やサービスに満足していることが前提となります。不満や不良品に対する口コミは、逆に広告効果を損なうことになります。そのため、企業は商品やサービスの品質向上に努めることが必要です。

 

また、消費者が口コミで商品やサービスを紹介するためには、情報を共有するためのコミュニケーションツールが必要です。SNSや口コミサイトなど、消費者が情報を共有しやすいプラットフォームを提供することが、広告効果を獲得するための重要な要素となります。

 

さらに、企業は消費者の口コミを積極的に収集し、フィードバックを活用することが重要です。消費者の声を聞き、改善点を取り入れることで、商品やサービスの品質向上につながり、口コミによる広告効果をより高めることができます。

 

以上のように、口コミによる広告効果を獲得するためには、消費者の信頼性や情報共有のプラットフォーム、商品やサービスの品質向上、フィードバックの活用など、様々な要素が必要となります。企業はこれらの要素を考慮し、消費者とのコミュニケーションを積極的に行うことで、広告効果を最大限に引き出すことができます。

 

まとめ

口コミを生むコピーを作るためには、ターゲットを明確にし、共感を呼ぶストーリーを作り、特徴やメリットを具体的に伝え、信頼性を高め、コール・トゥ・アクションを設定することが重要です。成功事例として、Apple、Coca-Cola、Dove、Airbnb、Nikeのキャンペーンを挙げました。口コミを生むコピーの効果は、信頼性の向上、ブランドイメージの向上、購買意欲の増加、顧客ロイヤルティの向上、口コミによる広告効果の獲得があります。

 

 

前半のVol1では下記をお伝えしています。
ここをクリックして見てください。
■口コミを生むコピーの作り方と成功事例
・口コミを生むコピーの作り方

 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

おじさん
おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
 プロフィール

おじさん

おじさん

50歳を超えてから副業を始めました。 どのような副業をしようか、悩みに悩んだ結果、『どんなものでも売る力』をつける。 これしかないです。 そのために、マーケティングを学ぶことを決めました。 古来より、価値の交換(ものを売る)は行われてきました。 これからも、価値の交換(ものを売る)は無くなるとは思えません。 今だけ稼ぎたいなら他にも選択はあるが、年と共に覚えも悪くなるので、いつまでも使える知識としてマーケティングを選びました。 マーケティングは学べば学ぶほど面白いものです。 人はどうしてそれを選ぶのだろう、人はどうしてそれを買うのだろう、人はどうしてそれを買わないのだろう。 このようなことがわかれば、後はどのようにすれば、人は選び、買ってくれるのかがわかります。 あなたも少しでも興味がありましたら、私と一緒に学びましょう。 「売れなかったものでも」「どんなものでも」『売る力』を身につけましょう。 お問い合わせ

最近の投稿
アーカイブ